カテゴリ:2016 Maldives( 90 )

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その58 Lonuboにて

c0147790_13134493.jpg


Lonuboに上陸しました。
この小さな島は、本当に美しいです。

c0147790_13144443.jpg


マーフシヴァルとは、泳いで行けそうな距離。
(でも泳いでいっちゃだめです)

c0147790_13154321.jpg


透明な波が白いビーチを洗います。

c0147790_1316730.jpg


島の裏側には、

c0147790_13163948.jpg

c0147790_13171112.jpg


こんな設備が並び、

c0147790_1317415.jpg


ビーチには鳥が遊び、

c0147790_1318512.jpg


c0147790_1319258.jpg


突堤の先にも鳥がとまっているよ。

c0147790_13193669.jpg


まずはスノーケルセットを持って、海に入ってみよう。


ドーニの到着したジェッティには、はしごがついているので、
そこから入りました。

c0147790_13212331.jpg


海の中でフィンをはくジロ。

c0147790_13215793.jpg


マーフシヴァルもサンゴがきれいなんだけど、
ここも人があまり入らないせいか、サンゴがとてもきれいです。

c0147790_1323711.jpg


しばらく泳ぐと、ジロが指さすので、そちらを見ると、

c0147790_1323429.jpg


うわっ! ギンガメアジの群れ!!

c0147790_1324276.jpg


向こうが見えなくなるほどの群れです。
いやあ、すごい!

c0147790_13242968.jpg

c0147790_13243847.jpg


マーフシヴァルはハウスリーフがよくて、いろんな魚がいるのに、
ギンガメアジの群れはいないねえ、と思っていたんだけど、
Lonuboにいたんだね。

c0147790_13251472.jpg

c0147790_13253038.jpg


もううれしくって、写真や動画を撮りまくりました。


さらに泳ぎます。
by powderblueY | 2016-06-09 13:26 | 2016 Maldives | Comments(0)

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その57 午後は再度Lonuboへ

ドーニの2階でバスタオルにくるまり、あたたまっているうちに、
まもなくマーフシヴァルに帰ってきました。


ガイドさんに
「明日も潜る?」
と聞かれたので、
「あさって帰るんだけど、潜れる?
 たぶん水上飛行機が10時半ごろ出発なんだけど」
と言ったら、
「OK。24時間以内なら大丈夫だよ」
と言うので、家族4人で潜る予定にしました。


もう12時半になっていたので、そのままレストランへ。


ビールとコーラで乾杯して、
「午後なにする?」
と話す幸せな時間。

「スノーケリングに行く?」
「お母さんはスパに行こうかな」
「あ、ねえねえ、Lonuboにもう一回行ってみない?」

そうだ! Lonuboに行こう!

と決定し、15時のドーニで出かけることにしました。


それまでの間、パブリックプールで泳ぎます。
ここのプールはいつ来ても空いていて、ほとんど人がいません。


ばしゃばしゃと泳いでいると、
そばにあるバーに、水上飛行機のパイロットさんがいることに気づきました。
パイロットのユニフォームを着て、3人でテーブルを囲んでいます。

「こんな暑い午後、もしかして、ビール飲んでんじゃないの?」
「えー、これから仕事でしょ?」
「ジロ、見てきてごらんよ」


プールから上がり、何気ないふりをして見てきたジロが
「水とコーヒーだった」
「そりゃそうだよねー」
「こんな人の目のあるところでは飲まないわよ」


さて、15時近くになったので、スノーケルセットを持ってReceptionに行きました。
ドーニはArrival Jettyから15時に出ます。

c0147790_14395439.jpg


わたしたち4人と、ヨーロピアンの母娘と、

c0147790_1441415.jpg


この人たちはCさんだと思われますが、
たくさんの荷物の中に凧が入っていて、
あとでLonuboで凧揚げしてました。


ほんの5分でLonubo到着です。

c0147790_14421536.jpg


美しいわ。
by powderblueY | 2016-06-08 14:42 | 2016 Maldives | Comments(0)

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その56 ダイビング4本目

今日の10時半のダイビングは、ゲストが8名です。
ドーニで15分のDhigurah Archesというところに潜ります。

c0147790_20513513.jpg


ドーニ出発。

c0147790_20515577.jpg


マーフシヴァル全景。

c0147790_20521298.jpg


ドーニの向こうに見えるのはLonubo。


ガイドさんから説明を聞きます。
「5mに潜行して、15-20mのWall沿いに泳ぐよ。
 ここは雨季にはマンタポイントなんだけどね、
 今は乾季だからいないよ。
 でももしLuckyなら、いるかもね」

そんなのいるわけないわ。


すぐに到着し、もうみんな手馴れたものでさっさと準備します。
フィンをはき、Maldivianの少年がタンクを持ってきてくれて、しょわせてくれます。
あちこちチェックしてくれて、レギュをくわえて呼吸してみて、ゲージを確認して、と
身ぶりで教えてくれます。


そしてドボンと海へ。

c0147790_205628100.jpg


すぐ潜行します。


今日はわたしの耳もよく抜けて、問題なし。
すとんと落ちるドロップオフの壁沿いに潜るのですが、
そこらじゅうに穴があいています。
小さな窪みから、洞窟といった規模のものまで。

c0147790_20585197.jpg


こんな窓みたいになっているところもあり、

c0147790_2059191.jpg


ひとりひとり写真を撮ってあげました。
こらこら、レギュをはずすんじゃない。100年早い。

c0147790_2104246.jpg


えっ? このフグ、なに!?  はさまってるの??

c0147790_211135.jpg


近くでよく見ると、別にはさまって動けなくなってるわけではなさそうでしたが、
なんでこんなところでじっとしてるのよ?


はな子は、昨日までおとなしくガイドさんのあとをついていくだけだったのに、
ジロに「あれやこれや見たいと思わないの?」と挑発されたせいか、
今日はめちゃくちゃ積極的に動き回っています。

あちらの穴、こちらの窪み、全部見て回り、
浅いところの棚を見に行ったかと思うと、
深く沈んで岩の裏をのぞいたり、
めまぐるしく動き廻っています。
穴の奥を見に行って、さらに奥にいるウツボを見つけて、
わたしに、指をパクパクする仕草(ウツボのサイン)をして、教えてくれます。
ガイドさんが何かを指さすと、びゅーっと泳いで行って、
真っ先に見ています。
そんなに動き回ったら、すぐにエアがなくなるよ。

c0147790_2133355.jpg


c0147790_21341315.jpg


タテジマキンチャクダイ。とてもきれいな魚です。

c0147790_2134434.jpg


棚の下に、アカマツカサの群れ。

c0147790_21351491.jpg

c0147790_21352469.jpg


アカマツカサっていつも物陰にいるので、暗くてブレちゃって、写真はうまく撮れないことが多いけど、
このときはたまたま撮れました。

c0147790_2136251.jpg

c0147790_2136354.jpg

c0147790_21364948.jpg


これはウミウシ。ポップな模様と、ツノをふりふり歩く様子がとってもかわいい。

c0147790_21375399.jpg


ふと足元を見ると、ガーデンイールがいたり。


最後、浮上する前に、浅瀬に子供たち2人を集めて、写真を撮るよ、と合図して、
はな子がレギュレーターはずして
3、2、1でシャッター押したつもりが、
動画ボタンを押しちゃって、
自分でもおかしくて大笑いしたら、マスクから水がざばっと入ってきて、
あわててマスククリアしたり、じたばたしてたら、
はな子が「お母さんのせいで、いつまでもレギュレーターはずしてるから、死にそうになったよ」
ってあとで言ってました。

c0147790_21411422.jpg


これはちゃんとシャッター押したとき。

c0147790_2142391.jpg


一人前の顔しちゃって。
結局、動き回ったはな子は、残圧40で上がりました。
50を切るようなダイビングをしてはいけません。


c0147790_21434469.jpg

by powderblueY | 2016-06-07 21:43 | 2016 Maldives | Comments(0)

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その55 フォトジェニック

朝食を終えて、部屋で着替えて、プールにやってきました。
暑いです。
朝の散歩の時には、けっこう風があったのに、
いつの間にか、無風になってました。

c0147790_13553043.jpg


ビーチに並ぶチェアに荷物を置いて、
ここからの景色は本当に美しいです。

c0147790_1356118.jpg


ビーチににょきにょきと生えているヤシの木。
うすい水色のラグーン。

c0147790_1357417.jpg


防波堤の向こうは濃い青色になり、ドロップオフ。

c0147790_13573663.jpg


左手には、水コテが連なり、

c0147790_13584627.jpg


はるか遠くには、リゾートアイランドがひとつ。
(見えますか?)

c0147790_1359129.jpg


空は青く、
今日は白い雲がいくつか浮かんでいます。

c0147790_13595978.jpg


天国、だね。

c0147790_1403495.jpg


思わず
「お母さん、死んだらこういうところに来たいわ」
と言ったら、はな子が
「ふーん」
と、全く興味なさそうに言います。

こらこら、そこは
「お母さん、死なないで」
っていうところでしょ。

c0147790_1431413.jpg

c0147790_1433373.jpg


まあとにかく、美しいところだわ。


わたしたちはプールでばしゃばしゃ泳いだり、潜ったり、
チェアでくつろいだりして、
10時20分になったので、ダイビングに行きました。
by powderblueY | 2016-06-06 23:59 | 2016 Maldives | Comments(0)

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その54 今日は朝スノは・・・

朝の散歩を終えて、部屋に戻り、
いつもだったらさっさと朝スノに出かけるのですが、
今日は波が高いので、どうしようかと迷いました。
白波がちゃぷんちゃぷんしてたし、
一人だから、何かあっても誰にも助けも呼べないし。


結局、今日は朝スノはお休み!と決めて、
部屋でのんびり。
コーヒーを淹れて飲みました。


しばらくすると、主人が目を覚まして
「あれ? 今日は行かないの?」
「うん。波があるから」
と言ったら、また寝てしまいました。


のんびりしたあと、みんなを起こして、8時半に朝食に出かけます。
でも今日は朝食の前に、ちょっとすることがあります。


モルディブに来た家族写真を、毎年、年賀状にするのですが、
何パターンか撮っておかないと、気に入るのがないかもしれないからね。


ちょっとした光の加減で、わたしがすごーく太って見えたり、
(いや、実際太ってるんだって)
ものすごくブスに見えたり、
(いや、本当にブスなんだって)
すごーく老けて見えたり、
(だから、老けてるんだってば)
と、ジロに痛いところをつかれつつ、
気に入った写真が撮れるまで、今日も明日も明後日も撮らなくては。

c0147790_13405363.jpg


周りにスタッフがいなかったので、
これはプールサイドにカメラを置いて撮ったのですが、
「三脚がいるよ。来年から三脚持ってきてよ」
と盛んにジロが言い、メモメモ。
4人もいると、誰かが目をつぶってたり、いい写真はなかなか撮れません。


さあ、今日はこのくらいにして、朝食へ。

c0147790_1344031.jpg

c0147790_13441252.jpg

c0147790_13443251.jpg


いつもと同じような朝食ですが、
今日はスリランカ人のシェフSanthaさんにスクランブルエッグを焼いてもらいました。

c0147790_13455360.jpg

c0147790_1346767.jpg

c0147790_13461861.jpg


アジアンヌードルスープ、おいしい。
コリアンダーを多めに入れるのがポイントよね。

c0147790_13474657.jpg


ジロも気に入ったらしく、毎日食べています。

c0147790_13481824.jpg

c0147790_13484079.jpg

c0147790_13485212.jpg


カレーはマストよね。

c0147790_13492277.jpg


すでに陽は高く昇り、ゲストをたくさん乗せたドーニが出発していきます。
今日は木曜日だから、ジンベイツアーの日だね。
ジンベイツアーも、マンタツアーもとっても人気があって、
いつも20人以上の人が参加しています。


さて、今日もダイビングなので、それまでパブリックプールでのんびりします。
by powderblueY | 2016-06-05 23:59 | 2016 Maldives | Comments(9)

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その53 朝の散歩

木曜日の朝となりました。
1日遊べるのは、今日と明日の2日間だけです。
今日も6時から朝の散歩に出かけるのだ。

c0147790_1517124.jpg


さて、今日もお天気はどんなかな。

c0147790_15173785.jpg


おお、今日もいいお天気ではないの。
朝日が昇る前の、淡い色合いの空と海、大好きです。

c0147790_15181748.jpg


Lonuboを望むこのジェッティは、いつもスノーケリングに行くのに利用している
ウォータースポーツセンター前のジェッティです。
先に梯子が付いていたり、プラットフォームがあったりして、
スノーケリング用のジェッティになっています。

c0147790_15202842.jpg


そして角を曲がると、
ローカルの島の向こうに、今にも朝日が昇ってきそうね。

c0147790_15212085.jpg


おや、Arrival Jettyからドーニが出発していきました。
水上飛行機のパイロットさんが乗ってます。
昨日の最終便でマーフシヴァルに到着して、夜はどこかのお部屋で休み、
朝6時に出発していくのね。
あのドーニで水上飛行機のいかだまで送ってもらうんです。

c0147790_15231167.jpg


今日も潮が引いていて、防波堤が顔を出してます。

c0147790_15235389.jpg


c0147790_15241451.jpg


昇ってきたよ。

c0147790_15245462.jpg


今日もまぶしいねー。

c0147790_15253295.jpg


あっという間にあたりは明るくなります。

ふと、先ほどのドーニの姿を追ってみると、

c0147790_15262046.jpg


パイロットさんたちを水上飛行機のいかだまで送り届けて、
すたこらと戻ってくるところです。
そのへんをうろうろしてると、水上飛行機の出発に邪魔になるからね。


やがて、爆音とともにエンジンがかかり、
水上飛行機は水面を滑り、轟音とともに出発していきました。
この音を聞くと、モルディブにいるんだなあって実感するわ。
朝日に向かって飛ぶ水上飛行機。すてき。
生まれ変わったら、水上飛行機のパイロットになりたいわ〜。

c0147790_15294534.jpg


さて、Arrival Jettyに行ってみましょう。

c0147790_15304641.jpg


屋根の上に昇る朝日に目を奪われますが、
実は海をよく見てみると、今日はけっこう波高く、
ザバンザバンと打ち寄せています。

c0147790_20551485.jpg


う〜ん、朝スノに行くかどうか、迷っちゃうわ。
なにしろ、朝スノはいつも一人で出かけるので、
あまり無理はしたくないのよね。

c0147790_20561585.jpg


スタッフがお掃除をしています。

レストランの方へ戻って。

c0147790_2057947.jpg

c0147790_20572745.jpg

c0147790_20573948.jpg


毎日この時間に、このあたりをカメラを持ってうろうろしているので、
スタッフもきっと、またあの日本人が来た、って思っていることでしょう。

c0147790_2135199.jpg


これはプールサイドにあるタオル入れと、使用済みタオルを入れるところ。
でも、新しいタオル、からになってることが多いんだよね。
ビーチにあるチェアに敷いてあるタオルも、交換されずにそのままのことが多いです。
そういうのが、このリゾートのちょっと残念なところ。

c0147790_2163884.jpg

c0147790_217273.jpg


でも天気もよく、景色はきれいです。

c0147790_2174189.jpg

c0147790_218821.jpg

c0147790_2182169.jpg


ヤシの木の向こうに太陽が昇ってきたわ。

c0147790_2185121.jpg


このパブリックエリアの景色には、いつも心癒やされました。


さて、さらに歩いてダイビングセンターに行ってみました。

c0147790_219361.jpg


今日は10時半のダイビングだけだね。

c0147790_2110478.jpg


c0147790_21111123.jpg


こちら側の海は、穏やかで波もないけど、
ハウスリーフがきれいな側は波が高いのよね、今日は。

c0147790_2112563.jpg


ただいま。
by powderblueY | 2016-06-04 23:59 | 2016 Maldives | Comments(4)

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その52 夕日を見て

18時になったので、夕日を見に行きます。

c0147790_14174197.jpg


今日は、西の空に雲が多くて、
こりゃ夕日は見られないわ、と思ったら、

c0147790_14182171.jpg


すごーい雲の下に、ちらっと見えてきましたよ。


そして

c0147790_14185940.jpg


一応、水平線に沈んでいきました。
一応ね。

c0147790_14192537.jpg


ビーチで手をとりあって夕日を見るLOVE LOVEなカップルもいれば、
海につかってる家族もあり、
それぞれに夕暮れていきます。


シャワーを浴びて、19時半からディナーへ。
今日のテーマは「Maldivian」です。

c0147790_14243043.jpg


三角形のはサモサ。ちょっと辛いです。
うすいクレープみたいなのはチャパティ。
玉ねぎと挽肉をいためたのを乗せていただきました。
サンバルで味付けしたお肉もあったかなあ。

c0147790_1427557.jpg


これはインドのパパダム。
ビールによく合います。

c0147790_1428309.jpg


こういう普通のお料理もありました。


子供たちは食べ終わるとすぐに部屋に帰っていき、スマホで遊んでいたみたい。
もう親と一緒にいるよりも、スマホの方が楽しいのね。
大人になったら、毎年家族でモルディブに来てたことを、なつかしく思ってくれるかな。
食事のあとすぐに部屋に引っ込んだりしないで、親父やお袋ともう少し喋っておけばよかったな、って
思ってくれるかな。
(もうすっかりじじばばモード)
子供たちの去ったテーブルで、主人と二人でビールを追加注文してしゃべっていたら、
そんなことを思いました。
まあこれからは、主人と二人で仲良く、いつまでも海外旅行に行けるようにしないとね。


わたしたちが部屋に戻ったあと、太鼓の音が聞こえてきました。
この夜はMaldivian Nightで、ボドゥベルをやっていたみたい。
見に行きたい気もしたけど、もう眠くて眠くて、無理でした。
by powderblueY | 2016-06-03 14:36 | 2016 Maldives | Comments(0)

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その51 スパ 

スノーケリングを終えて、部屋に戻り、
時間が来たのでスパに行きました。
16時半からDeep Tissue Massage 60分です。


前回と同じように更衣室で着替えて、バスローブを着て、トリートメントルームへ案内されます。
気持ちよく、あっという間に60分が過ぎました。

c0147790_14375618.jpg


更衣室の前の廊下から外を見ると、
海に面したテラスにジャグジーがあり、周りに椅子が並んでいます。

c0147790_14391451.jpg


あそこで休むこともできるのかな?
と思いつつ、時間もないので、そのままスパをあとにしました。
滞在中に、もう1回くらい来よう。

c0147790_14394487.jpg


わたしがスパに行っている間に、
主人はひとりでスノーケリングに行ったらしく、
(暇さえあればあれやこれやと遊んでしまうわたしたち。
 本当に貧乏性なのねー)
写真が残されてました。

c0147790_144132.jpg

c0147790_14411225.jpg


サギを見て、このビーチからエントリーしたんだね。

c0147790_14413771.jpg

c0147790_1442046.jpg


いいお天気。

c0147790_1443174.jpg


サンゴがとてもきれい。

c0147790_14432677.jpg

c0147790_14433657.jpg


やっぱり魚が湧いてくるようにたくさんいますね。

c0147790_1444222.jpg

c0147790_144410100.jpg


いつもより多めのツバメウオも、わたしが見たのと同じ。
この魚たち、夜はどうしてるんだろう?
夜もここでじーっとしてるのかな?

c0147790_1445280.jpg


「やっぱりカメはいなかった」って言ってました。
たまにはお休みの日もあるんだね。


さて、のんびりと夕日を待ちますか。
by powderblueY | 2016-06-02 14:47 | 2016 Maldives | Comments(2)

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その50 ベッドデコレーション 

ダイビングドーニに戻ってから、2階のデッキでバスタオルをかぶって昼寝。
暖かくて、心地よい疲労感。サイコー。


マーフシヴァルに戻ってきたら12時でした。
そのままパブリックプールで塩抜きをします。
そしてランチへ。

c0147790_13575538.jpg


ビールを飲みながら、今日のダイビングの話を、ああでもないこうでもないと、
盛り上がります。

c0147790_13584525.jpg


外は暑いです。

c0147790_13591095.jpg


いいお天気。

c0147790_13595281.jpg


屋根の下の涼しい陰から、この景色を見るのは極楽です。


部屋に戻ってみたら、

c0147790_1403553.jpg


うわっ、ベッドがなんかすごいことになってます。

c0147790_141042.jpg


お部屋係の人がデコレーションしてくれたのね
白鳥とゾウとウサギと。
見てる方が恥ずかしくなっちゃうわ。

c0147790_1421121.jpg


ジロたちの部屋も、同じようにデコレーションしてありました。
子供たちは「も〜〜、昼寝するのに、邪魔!」って言って、すぐくしゃくしゃにしちゃったんだけどね
「すてきなベッドデコレーションありがとう!」ってメッセージ書いて、チップ多めに置いときました。


c0147790_1451570.jpg


わたしと主人は、外のプールのそばで本を読みます。

c0147790_1461673.jpg


ビーチの向こうには、小さく海が見えます。

c0147790_1463437.jpg


暑い日差し。

プールから部屋の門を振り返ると、こんな感じ。

c0147790_1473750.jpg


のんびりしたあと、わたしは3日ぶりにスパに行ってみようと思い、
16時半からの予約を入れ、
それまでにスノーケリングに行くことにします。


いつもスノーケリングに行くには、パブリックプール前のビーチから入って、
浅瀬を長いこと泳いで行くのですが、
もっといい方法はないのかしら?
水コテが並んでいる一番先に、もしも海に降りる階段がついていたら、
そのすぐ先にチャネルがあるので、ドロップオフに出やすいんだけどな。
と思ったので、水コテの先まで歩いて行ってみました。

c0147790_20195357.jpg


一番先まで歩いて行ったけど、普通にコテージが並んでいるだけで、
海に降りる階段はなし。
戻って、結局いつもの通り、プール前からエントリーしました。

c0147790_20204562.jpg

c0147790_20205517.jpg


今日も群れてますよー。

c0147790_20211535.jpg


ブラックピラミッドって、色合いは地味だけど、たくさんいるとすごくきれいだわ。

c0147790_20214287.jpg

c0147790_20215123.jpg


湧いて出てくるように魚がいます。
夜空に光る星みたいね。

c0147790_20223085.jpg

c0147790_20224266.jpg

c0147790_2023582.jpg

c0147790_20231425.jpg

c0147790_2023438.jpg

c0147790_20235369.jpg


浅いところから深いところまで、いろんな魚が。

c0147790_20241299.jpg


今日はツバメウオが一段とたくさんいます。

c0147790_20243093.jpg

c0147790_20244030.jpg


急に向きを変えたりする。

c0147790_2025578.jpg

c0147790_20251537.jpg


そういえば今日はカメに会えなかったなあ。


Arrival Jettyを過ぎると、急に水温が上昇し、濁ってきました。
あまりに温かくて水面がもやもやと白く濁っています。
いつものウォータースポーツセンターの前あたりに来て、ようやく水温が下がってきました。


ビーチに上がると、いつもの老夫婦がチェアにすわってにこにこしているので、
挨拶をしました。
すると、海の中を指さしています。
なんだろう?と思って近づいてみると、
なんとオニヒトデ!!
浅瀬の白砂の上をうごめいています。
なんでこんなところに!?
超キケン!!
老夫婦には「あれはキケンだから触っちゃダメ」と一応言ってみましたが、
英語、通じないみたいでした。
by powderblueY | 2016-06-01 21:04 | 2016 Maldives | Comments(0)

Maldives 2016 Maafushivaru マーフシヴァル その49 ダイビング3本目

c0147790_14571929.jpg


プールを引き上げて、ダイビングセンターへ行きました。

c0147790_14574273.jpg


それにしてもいいお天気。


今日の10時半に潜るのは全部で7人のゲストですが、
講習の人が2人いて、ファンダイビングは5名。
うちの一家4名と、外人のおじさんです。
ドイツ人ガイドさんと一緒に潜りました。

c0147790_14592028.jpg


今日はKuda Clementhilaというところで潜ります。
マーフシヴァルからボートで15分。

c0147790_1501697.jpg


このドイツ人ガイドさんと一緒に潜るのは初めてだから、と思い、
はな子を指差して、
「この子は潜行に時間がかかるから」
と言ったら、
「ここはカレントがあるから、ゆっくりせず、すぐに潜行して。
 水面でみんながそろうのを待たなくていいから」
と言われ、あらあら。

まあ、日本のショップみたいに至れり尽くせりにめんどう見てくれるわけじゃないのは知ってるけどね。
それではな子に
「みんなよりも早くドボンと入って、すぐにBCのエア抜いて、潜行だよ」
と伝えました。

c0147790_1948411.jpg


はな子、行きまーす!


はな子、ジロ、わたし、主人、外人のおじさんの順で入って、
すぐエア抜いて潜行しますが、
はな子は? と見ると、もうかなり深くまで行ってます。
耳抜けてるんだろうか。
急いで潜行してって言われたから、耳が痛いのを我慢して無理に沈んでいってるんじゃないだろうか。
と心配になり、わたしも早く潜行してって、
はな子に「あわてなくていいよ、ゆっくりでいいよ」って伝えたいんだけど、
自分の耳が抜けなくて、痛くて、潜っていけません。
いつも耳抜きが苦手なの。
で、鼻つまんで100回くらい ふん!ってやって、ツバを100回くらい飲んで、喉がからからになり、
いっそのこと海水を飲んでやろうかしら、と思ったくらい。

まあとにかく、はな子は平気ですばやく潜っていき、
わたしが一番ぶざまだった、というオチでした。


あとでボートに上がってから、「はな子ちゃん、耳大丈夫だった?」と聞いたら
「うん。すぐ抜けたよ」
とのこと。
主人も
「はな子は、耳が痛いのに、人に合わせて我慢して潜ったりするタイプじゃないから、
 そんなこと心配しなくていいんだよ」
と言い、確かにそうなんだけど。
そういえばジロが初めて潜ったころも、見ていて心配でたまらなかったなあ。


さて、気を取り直して、周りを見ると、

c0147790_1958461.jpg

c0147790_20234597.jpg


いっぱい魚がいます。

c0147790_19593810.jpg


きれいだね。

c0147790_20096.jpg


これはサザナミヤッコ。ふちどりが青く光ってとってもきれい。

c0147790_2011225.jpg

c0147790_2012968.jpg

c0147790_2015337.jpg

c0147790_202224.jpg


クマノミもたくさんいます。
ガイドさんが、イソギンチャクのすき間にいる、2mmくらいのクマノミの赤ちゃんを見せてくれたんだけど、
あまりに小さくて、写真には撮れず。

c0147790_2035212.jpg

c0147790_2054349.jpg


また別のサザナミヤッコがいました。きれい。

c0147790_2043216.jpg


複雑な模様のフグ。

c0147790_2045858.jpg


影に隠れて、警戒してこちらを見ています。

c0147790_2052148.jpg

c0147790_2063170.jpg

c0147790_2064640.jpg

c0147790_207267.jpg

c0147790_2071175.jpg


c0147790_20122848.jpg


この黄色い体に、唇だけ青い魚、シテンヤッコというのね。
目の上にも黒い点があるし、ちょっと「麻呂」系の魚。

c0147790_20172879.jpg


これはイエローヘッドバタフライフィッシュ?


ジロは好奇心旺盛に、あっちの穴を覗いたり、こっちの穴を覗いたり、
わたしのカメラを取ってなにか撮りにいったり、

c0147790_20191156.jpg


穴の中で体操座りしてたりします。落ち着きのないやつ。

はな子は、

c0147790_2019401.jpg


レギュレーターをはずして、写真を撮れ、と催促。
100年早いわっっ。

c0147790_20202499.jpg


わたしは

c0147790_2021454.jpg


サザナミヤッコを何度も見られて満足。

しかし、こんなやつも目に入っちゃった。

c0147790_20213243.jpg


オニヒトデ。大嫌い。見るだけで気分が悪くなる。
モルディブの海にも増えてきてるのかな?
子供たちには「絶対触っちゃダメ。触ると死ぬよ」と言ってあります。


50分で浮上。

c0147790_20231192.jpg


楽しいダイビングでした。
by powderblueY | 2016-05-31 20:23 | 2016 Maldives | Comments(0)