カテゴリ:2018 Maldives( 51 )

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -38 お部屋で

おいしい朝ごはんをいただいて、もう日も高く昇りました。
レストランを出てお部屋に戻る途中、ふと思いついて、ここに寄ってみました。

c0147790_14301835.jpg

スパです。
今日の予約は入れていなかったのですが、
ダイビングが14時半からなので、それまでの時間に空いていないかなーって思って。うふ。


ミライドゥのスパはとっても大人気なので、予約が取りづらいのですが、
受付のお姉さんに相談してみたら、
「11時45分からだったらあいてますよ」
とのことだったので、即座に予約を入れてもらいました。ラッキー。


c0147790_14301247.jpg

このミライドゥカラーの海を見ながらジェッティを歩いてお部屋に帰ります。

c0147790_14301343.jpg

お天気もいいし、夢のような海の色です。

c0147790_14301786.jpg

c0147790_14301263.jpg

ミライドゥは小さい島なので、移動は基本、徒歩なのですが、
大きな荷物などはこのかわいいカートで運んでくれます。
これもミライドゥカラーでかわいいでしょ。


部屋の前まで来てみると、お掃除のカートが停まっていました。
ルームボーイがお掃除中のようです。
挨拶してお名前を聞いてみたら、
初日にベッドの上に葉っぱで「おかえりなさい」と書いてくれていたジャビッドさんとは違う人でした。
今日からわたしたちのお部屋を担当してくれるそうです。

c0147790_14301725.jpg
主人がプールで泳いでいます。
プールのサイズ感、わかりますか?
水上の部屋にあるプールとしては、とっても大きいと思います。
ちゃんと泳げる大きさがあります。


わたしも泳ぎたかったけど、
ルームボーイがいるので水着に着替えることができず、
テラスのオンドーリで横になっていたら、寝ちゃいました。
朝シャン飲み過ぎかしら。
グラスが空くとすぐに「おかわりはいかがですか?」と来てくれるもんだから(笑)


のんびりしてたらスパの予約の時間になったので、出かけました。

c0147790_14302164.jpg

この時も受付には、わたしを含めて3組5名のゲストが座っていて、
スパはものすごく人気なんだとわかります。
今日は直前に予約したけれど、昨日と同じMiriniさんが出てきてくれました。
もうすっかり顔なじみです。


今日はバリニーズマッサージです。
Miriniさんはバリ出身だそうです。
「バリには3、4回行ったことがあるわ」
と話したら、
「オゴオゴを知ってる?」
と聞かれました。
初めて聞いたけど、オゴオゴというのはヒンドゥーのお正月(ニュピ)の前日で、つまりは大晦日。
お供え物をたくさん作って、各村で人形を作って町を練り歩くんですって。
そんなことを、テラスで足浴をしながら話してくれました。


ベッドに移動して、60分のマッサージ。
力強く上手なマッサージでした。
今日も髪を編み込みしてくれました。
あっという間に完成するの。すごく上手です。


部屋に帰って、主人とお昼ごはんをどうするか相談です。
午後からダイビングだからアルコールはダメなので、
お部屋にあるフルーツをむいていただくことにしました。

c0147790_14302227.jpg

毎日新しくなるフルーツ。とてもおいしそうです。
今日のはバナナ、キウイ、ランブータン、それに蛇の皮みたいなのはサラックですね。

c0147790_14302207.jpg

洗面所でむきました。
サラックは酸っぱくてちょっとエグみがあって苦手なんだけど、
このときのサラックはよく熟れていたらしく、ねっとりと甘い風味で、初めておいしいと思いました。
ミライドゥのフルーツは、毎日よく熟れた食べ頃のを用意してくれるので、うれしいです。

c0147790_14302522.jpg

こんな景色を見ながらのランチ。


それではダイビングの準備をして出かけましょう。

c0147790_14302613.jpg

ちなみにこちらはデスクの上。
カレンダーがとっても素敵でしょ。
これ、ほしかったなあ。
バッグは私物ですが、ミライドゥカラーのものがそろったので、写真撮ってみました。




by powderblueY | 2018-05-20 14:47 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -37 朝ごはん

1時間以上も朝スノしていたので、お腹ぺこぺこです。
部屋に帰ると、主人が起きたところでした。

「朝スノ行ってきたよ」
「えっ、なんで起こしてくれなかったの」
「起こしたよー。行く?って聞いたら、行かないって言ったじゃん」
「えーそうだっけ?」


シャワーを浴び、着替えて化粧して、朝ごはんに出かけます。

c0147790_13525137.jpg

さっき、ざーっと雨が降ったことなんて嘘のように、
からりと晴れ上がりました。
暑いです。

c0147790_13525276.jpg

水上のお部屋なのに、どの部屋の前にもたくさん植物が植えてあります。

c0147790_13525275.jpg

パブリックプールから水コテ側のビーチは、とても美しいの。
フォトジェニックです。

c0147790_13525620.jpg

朝ごはんをいただくOceanまでやってきました。
いつもここで写真を撮ってもらうのを日課にしていましたが、
すごーくめんどくさそうな主人。

「昨日も撮ったじゃん」
「毎日摂るんだよ」
「変わりばえもしないのに」
とか言います。


今日も外の席に案内してもらいました。

c0147790_13525618.jpg

すぐにジュースボーイがジュースを持ってきてくれます。
パパイヤとスイカとオレンジとミックスだったかな?

c0147790_13525630.jpg

つづいてコーヒーか紅茶か聞かれ、
そして今日はメニューが来ました。

c0147790_13530168.jpg

Buffetでたくさんお料理があるのに加えて、
メニューからも選ぶことができるのですが、
Buffetだけでお腹いっぱいになってしまうので、オーダーしたことはほとんどありません。
でも一応、メニューを載せておきますね。

c0147790_13530119.jpg
c0147790_13525632.jpg

片方のページには、コーヒーや紅茶の豊富なメニュー、スムージーなど。

もう片方のページには、甘いもの(grilled bananaとhoneyだなんて、甘そう!)とか、
卵料理、
Maldivian Breakfast、Arabic Breakfast、エッグベネディクト、ブルスケッタ、ナシゴレン、
それにSteak and Eggsってすごいわー。朝から卵2つとサーロインステーキだよ。
いやいや、そんなのをオーダーできるくらい丈夫な胃袋と代謝のいい体がほしいわ。


じゃあBuffetに行ってみましょう。

c0147790_13530264.jpg

まずは温かいお料理。
バスマティライスとカレーが並んでいます。
カレーはいつも2種類ありました。
この日はフィッシュカレーとダールカレー。
昨日はひよこ豆のカレーとチキンカレーでした。

c0147790_13530114.jpg

チャパティとマスフニも並んでます。

c0147790_13530616.jpg

c0147790_13530613.jpg

こちらはCold Cut。

c0147790_13530635.jpg

冷たく冷えたディスプレイの中には、お刺身やおすしなど。

c0147790_13531158.jpg

すごーくいろんな種類があるパン。

c0147790_13530523.jpg

そしてこういうのも用意されてます♡


c0147790_13531107.jpg

マッシュルーム炒めがお気に入りで、毎日食べました。
カレーも大好き。

c0147790_13531125.jpg

フルーツはお願いすればなんでもカットしてくれます。
マンゴーとぶどうとネクタリン。

c0147790_13531576.jpg

c0147790_13531534.jpg

c0147790_13531112.jpg

あら、ロゼシャンパンが届いてるわ♡

今日はダイビングが午後から1本なので、朝はゆっくりとこれをいただきます!



c0147790_13532873.jpg

この景色の中でいただく朝食が、おいしくないわけがありません。

c0147790_13532960.jpg

c0147790_13531636.jpg

パラソルも全開です。


スタッフがやってきて、
「今、クロワッサンが焼きあがりましたが、おひとついかがですか?」
と置いていってくれました。

c0147790_13531664.jpg

そういうサービス、うれしいわねえ。
本当にあつあつで、おいしいです。

c0147790_13532984.jpg

ちなみに中の席はこんなふう。
日焼けが苦手な方はこちらをどうぞ。



by powderblueY | 2018-05-19 23:48 | 2018 Maldives | Comments(1)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -36 月曜の朝スノ2

c0147790_18455477.jpg
ドロップオフに沿って、ハウスリーフを北上つづけます。

c0147790_18443105.jpg

タテジマキンチャクダイ。きれいですよねー。ほれぼれしちゃう。

c0147790_18445887.jpg

c0147790_18450310.jpg
c0147790_18450374.jpg

いろんな魚が目の前を流れていきます。
このブラックピラミッドは、モルディブらしさを感じるし、
白と黒で一見地味なんだけど、背びれのところがちょっとだけ黄色くて、実はおしゃれなんですよねー。

c0147790_18450857.jpg

それからムレハタタテダイも流れてきました。
ミライドゥのハウスリーフ、本当に楽しいんです。

c0147790_18450832.jpg

c0147790_18451250.jpg

c0147790_18451326.jpg

もう本当にいろんなものがぐちゃーっとなってます。

c0147790_18451360.jpg

c0147790_18451371.jpg

突然、目の前を横切ったのはサメ。
ピント合わす暇もありません。

c0147790_18451729.jpg

それからヒメフエダイの群れ。
これも地味な魚ですが、たくさん群れているところは圧巻です。

c0147790_18451701.jpg

c0147790_18451726.jpg

c0147790_18451819.jpg

今度はコラーレバタフライフィッシュが現れました。
この魚はあまり動かないので、写真撮りやすいです。

c0147790_18452396.jpg

c0147790_18452455.jpg

なんだか絵に描いたみたいに、動きません。

c0147790_18452799.jpg

c0147790_18452792.jpg

c0147790_18453206.jpg

青い海に映えるブラックピラミッド。

c0147790_18453289.jpg

c0147790_18453269.jpg

ムスジコショウダイ。

c0147790_18453674.jpg

c0147790_18453795.jpg

ミライドゥのハウスリーフは、とにかくこの群れがすごいんです。
確かに、カメやイーグルレイに毎日会えるか?と言われると、答えはNoなのですが、
群れ好きな方には最適です。

c0147790_18454182.jpg

c0147790_18454162.jpg
これはマルコバンという魚でしょうか。
アジ科だけど、あまり見たことがありませんでした。

c0147790_18454673.jpg
これはミカヅキツバメウオ?

c0147790_18454596.jpg
c0147790_18454610.jpg

c0147790_18455003.jpg

c0147790_18455076.jpg

やがてオヤビッチャが参戦し、

c0147790_18455190.jpg

ノコギリダイの群れになり、

c0147790_18455441.jpg

ノコギリダイも、1匹1匹は地味な魚なのですが、
群れていると迫力があります。

c0147790_18455575.jpg

c0147790_18455934.jpg

あれ? ムスジくんも群れてるじゃないの。

c0147790_18455980.jpg

最後にまた青い魚の群れ。
先ほどよりは光の加減がいいのか、クリアに撮れるようになりました。

c0147790_18460897.jpg

c0147790_18460757.jpg

c0147790_18460057.jpg

拡大してよく見てみると、これはクマザサハナムロかなあ?

c0147790_18461183.jpg

c0147790_18461166.jpg

c0147790_18461211.jpg
ぬっと現れたカスリハタ。あっという間に見えなくなりました。

c0147790_18461251.jpg

そして最後にまた、パウダーブルーの小玉。


気がついたらもう1時間20分もスノーケリングしていました。
途中、雨がざーーっと降ってきたけど、海の中だからそんなに気にならないし、
泳ぎ続けてたらいつしかやんでいました。
スパの沖合まで到達したので、
リーフの中を泳いでビーチに上陸し、ジェッティを歩いて部屋に帰りました。
ジェッティの途中には何カ所か、水の入った甕が置いてあるので、
足の砂を落とすこともできます。
とっても満足な朝スノでした。




by powderblueY | 2018-05-18 23:59 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -35 月曜の朝スノ1

この日の朝スノは、写真がものすごくいっぱいあります。

c0147790_07210327.jpg

白砂のビーチからエントリーして
(このビーチは、去年アドヴァンスの講習の中で、Navigationの講習で使ったところです)
ほんの数メートルでリーフエッジに出ます。


浅瀬には、

c0147790_07210375.jpg

クマノミや、

c0147790_07210310.jpg

岩の下に隠れている臆病なアカマツカサたち。

c0147790_07210983.jpg

これは口がとがってて、トガリエビスかな。


このコース(島の南端から北上)は、ときにすごく流れていることがあるので、心配していたのですが、
今回は全然流れはなく、おだやかでした。

c0147790_07210909.jpg

と、前方から青い魚の群れがやってきました。

タカサゴかニセタカサゴかなあと思うのですが、
青くてとてもきれいです。
群れている様子は、うっとりするほどきれい。
だけどこの手の魚は、写真に撮ると、バックの青い海とのコントラストがつかなくて、
ピントも合いにくいし、きれいに撮れません。

c0147790_07211758.jpg

なんとか寄ってみましたが、これが精一杯。

c0147790_07210946.jpg

c0147790_07211651.jpg

徘徊するカスミアジ。
小魚をねらっているのでしょうか。

c0147790_07211685.jpg

いつものヨスジの群れが見えてきました。

c0147790_07211676.jpg

おはよう、ヨスジくん。

c0147790_07210989.jpg

パウダーブルーの小さな群れ。



c0147790_07212376.jpg

c0147790_07212348.jpg

青い魚がきれいに撮れないか、ねばってみたけど、やっぱりこれが限界です。

c0147790_07212339.jpg

ブラックピラミッドはそこらじゅうにいて、こちらは写真も撮りやすいです。

c0147790_07212804.jpg
c0147790_07212389.jpg


スポッテッドバタフライフィッシュ。

c0147790_07213425.jpg

こちらはオウギチョウチョウウオ。
南国さんのチョウチョウウオ図鑑にお世話になってます。

c0147790_07212897.jpg

c0147790_07214555.jpg

突然、ぬっと目の前にカスミアジ。
ああ、そんなに寄らないで。

c0147790_07212822.jpg

ムスジくん、おはよう。

c0147790_07213431.jpg

岩の陰にロブスター。

c0147790_07213966.jpg

c0147790_07213999.jpg

c0147790_07213482.jpg

ブラックピラミッドの群れが現れました。
浅瀬の方にも、

c0147790_07214606.jpg

c0147790_07214586.jpg

限りなくたくさんいます。


続きます。




by powderblueY | 2018-05-17 23:59 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -34 月曜の朝

女子会の後、部屋に戻ると、当然主人はもう寝ていて、
「明日、朝スノ行く?」
と聞いたら、いびきの間から
「ん」
と返事をしたような気がしました(笑)


5時くらいから起きて、外のテラスで、空がだんだん明るくなっていくのを見るのがとても楽しみなのですが、
この日は起きたら6時でした。


テラスに出ると曇っていて、空は厚い雲に覆われています。
遠くに、ゴロゴロと、低く雷の音がします。
ざあっと来るのかな。


玄関から出てみると、

c0147790_07004268.jpg

ちょっと朝焼けてるね。
じゃあ朝日が見えるところまで行ってみよう。


ジェッティを歩いて、水コテ群の一番東の端へ。

c0147790_07004297.jpg

雲の向こうが赤くなっていて、朝日は昇っているようですが、
曇ってますね。

c0147790_07004285.jpg

でもこういう色合い、ターナーみたいで素敵。

c0147790_07004200.jpg

植物たちも元気です。


もしかしたら雨が降ってくるかもしれないけど、
そんなことではめげません。朝スノに行こう!


部屋に帰って爆睡中の主人に
「朝スノ行く? 曇ってるけど」
と一応尋ねたら、いびきの間から
「今日はやめとく」
と言うので、一人で出かけることにしました。


いつも言うけど、一人でスノーケリングは、本当はオススメしませんよー。


三点セットとカメラを持って。
部屋の鍵はカードなので、玄関の植え込みのあたりに隠して出かけます。


今日は島の南端のビーチからエントリーして、北上するルートをとることにしました。
島の中のビーチコテージ側の道を歩いて、ダイビングセンターの前を通り、
南の端の広いビーチに出ました。

c0147790_07133477.jpg

振り返ると、昨夜ディナーをいただいたBa'theliや、Arrival Jettyが見えます。
このビーチの一角からエントリーすると、ドロップオフがすごく近くて楽ちんなのです。


c0147790_07174925.jpg

この日は、こんな形で朝スノしました。





by powderblueY | 2018-05-16 23:59 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -33 Compass Pool Barで女子会!

さて、Ba'theliでお腹いっぱいになったあと、
わたしにはお楽しみがあります。


去年、ミライドゥに滞在して、ダイビングインストラクターのミチさんが
わたしと同じで、お酒大好きな人と判明!
今回はぜひ一緒にお酒を飲みたいなと思っていました。
昼間、ダイビングに行った時に、「今晩、カレンさんも誘って女子会いかがですか?」とお誘いしてみたら
「もちろん、よろこんで」というお返事だったので、
とても楽しみにしていました。


Ba'theliでの食事が終わりかけた頃、カレンさんが席にいらっしゃって、
「お食事はいかがですか? なにかご不自由はありませんか?」
と聞いてくださったので、
「お会計が終わったら、Compass Pool Barへ行きます!
 ミチさんにそのようにお伝えいただけますか?
 カレンさんもお仕事終わったら、ぜひいらしてくださいね」


というわけで、21時半ごろBarに行きました。
主人は、女子会だから立ち入り禁止です。
先にお部屋に帰ってもらいました。


Compass Pool Barはパブリックプールのそばにあって、
屋外にも、屋根の下にもたくさん席があり、とっても感じのいいところなの。
ミチさんと一緒に、外の席につきました。
夜、ここに来たのは初めてなんだけど、
なんと、バンドが入って歌を歌っています。素敵な雰囲気。
そして欧米のゲストでいっぱいなの!
びっくり。
日本人はディナーが終わるとすぐに部屋に帰って寝てしまうけど、
欧米人は夜遅くまでこんなに楽しんでいるのね。


お酒を飲みながら、ミチさんといろいろお話を。

「いかがですか? 去年と比べて」
「そうですね。島の中の緑がすごく育って、きれいですね。
 ジェッティに植えてある植物とか、もうこぼれおちそうに育ってますよね。
 お部屋はあいかわらず居心地がいいし、
 レストランのメニューは前より増えて、特にBa'theliのお料理はモルディブ料理が増えて、すごくいいですよね」

そのうちカレンさんもいらっしゃいました。
カレンさんって「聖」と書いて「カレン」って読むんですって。
いわゆるキラキラネーム?
四人姉妹で、みなさんちょっと変わったお名前なんだそうです。
若いけど、すごくしっかりしていて、芯のある人とお見受けしました。
でも、ちょっと天然なの。
以前から海外でお仕事をしたかったんだそうです。


バトラーさん(ミライドゥではアイランドホストといいます)のお仕事って本当に大変そうです。
日本人はそんなに面倒なことを言いつけたりしないけど、
中東のゲストとかは、全く「使用人」みたいに考えてて、
しょっちゅう呼ばれる。夜中でも呼ばれる。ちょっとしたことを、あれやってこれやって、と頼まれる。
(その分、最後にはたっぷりチップをはずんでくれるのかしら??)


ミライドゥのアイランドホストは、ゲスト専属ではないので、
だいたい一度に4組から5組くらいのゲストを受け持っているそうです。
前にもお話しましたが、部屋の電話には「In Villa Dining」とか「Guest Service」とか「Spa」とかのボタンはなくて、
予約したいこと、注文したいこと、お願いしたいことは全部アイランドホストに頼むのです。
それじゃあアイランドホストが忙しくってしかたがないじゃないか、とわたしは思うので、
ちょっとしたことは直接スパやレストランに頼めるよう、そういうボタンが電話にあるといいなと思うのですが、
それはアイランドホストが全てお世話いたします、というのがミライドゥの方針なんだそうです。


「去年、わたしたちを受け持ってくださったアイランドホストのイフーさん、
 かっこいいですよねー」
と言ったら、お二人とも
「えええええっ!? どこが!?」
と非難ごうごう(笑)
「だって彫りが深くてかっこいいじゃないですかー」
「モルディブ人はみんなああいう顔なんですよ。イフーは若いのにお腹がぶよぶよで全然かっこよくないですよ」
「ええっ、そうですかあ?」

なんて女子会は盛り上がりました。


ミチさんとカレンさん、日本人スタッフが島に2人になったので、
お互い励ましあったり、日本語でしゃべれる相手がいるっていうのは、精神衛生上とってもいいんじゃないかなー。




by powderblueY | 2018-05-15 23:59 | 2018 Maldives | Comments(1)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -32 Ba'theliでディナー

19時半にモルディブ料理のレストランBa'theliを予約してあったので、
少し前に出かけました。

c0147790_23302554.jpg

暗いので写真が荒くなってますが、
ジェッティから、並ぶ水コテそ振り返ったところです。


まずはReservation担当のNisha(ニーシャさん)に用があったので、
Receptionに寄りました。

c0147790_23303047.jpg
c0147790_23302618.jpg

Nishaさんを待ってる間に撮ったreceptionの写真。
Nishaさんはモルディビアンですが、小柄で顔がキュッと小さくて、きれいな英語を話し、とても有能な人。
用をすませた後、
「これからディナー? 今日はどこのレストランですか?」
「今日はBa'theliを予約してあるの。わたしはあそこが一番好きよ」
「そう! メニューは去年とはだいぶ違ったところがあるから、ぜひ去年はなかったものを食べてみてくださいね」
と話して別れました。

c0147790_23303097.jpg

Ba'theliは3艘のドーニがつながった形をしています。
1つは厨房、1つはバー、そしてもう1つはレストランです。
このゆるやかにカーブしたジェッティを歩いて行きます。


Ba'theliというのは、モルディブ独特のマストが複数ある船のことだと今回わかりました。


さて、レストランには、船べりにテーブルを並べた屋外の席と、
エアコンのきいた屋内の席があります。

c0147790_23303057.jpg

中の席もとっても趣があってよさそうですが、
今日は外の席にしてもらいました。

c0147790_23303078.jpg

空にはオリオン座が輝いています。
半月です。
c0147790_23303494.jpg
立派なメニュー。
去年来た時は、モルディブ料理のレストランとはいっても、
モルディブ以外に、インドネシアとかインドとかのお料理もけっこう入っていました。
共通のスパイスを使っているお料理として紹介されていました。


でも今年のメニューをよく見ると、
そのほとんどがモルディブ料理になり、
ガルディアなどのメジャーなものに加えて、名前を聞いたことのないようなお料理も載っています。
わたしたちが不思議そうにメニューを見ていると、
ウェイターさんがやってきて、説明をしてくれました。

「これはモルディブの家庭でよく食べる料理で、きざんだ◯◯の上に◯◯のソースがのってます」
というふうに。


メニューを選んでいると、突然スタッフが
「あそこを見て!」
と指をさす方を見てみると、
海の中を1m以上ある大きなスティングレイがペアで泳ぎ去っていくところでした。
すごーい! 写真撮れなかったけど。

c0147790_23303424.jpg

このワインをいただきます。

c0147790_23303598.jpg

c0147790_23303849.jpg

このパンとロシもとてもおいしいのです。

c0147790_23303809.jpg

お料理、まずこちらはMaldivian Cold Mezze。
冷たい前菜の盛り合わせみたいなの。
ココナッツの身を削ったのをなんちゃらと混ぜ合わせたものと、
パンプキンとなんちゃらを混ぜ合わせたものと、
ツナとなんちゃらを混ぜ合わせたもの、という説明でした。
それをチャパティ、ロティにつけていただくのです。
ちょっとぴりっとするものもあります。パンプキンは辛くなかったかな。
珍しくて、おいしいです。


そして次はガルディアをいただいたんだけど、写真がないわ。
わたしたち、ガルディア大好きなので、来たらすぐに食べ始めちゃったのね。
ここのガルディアはとってもお上品で、出汁がよく出ていておいしいです。
ガルディアはフィッシュスープですが、日本のお味噌汁と同じように、
その家庭の味、っていうのがあるらしい。


c0147790_23303934.jpg

途中でお口直しのソルベが出て、

c0147790_23304271.jpg

こちらはReef Fish Grill。
上にロブスターものってました。
ぷりっぷりでおいしい!
でもモルディブでは元来、ロブスターを食べる習慣というのは、ないんですってね。
あんなに海にいっぱいいるのに。

c0147790_23303859.jpg

そしてこちらはラム肉のグリル。
おいしくて、いい感じにお腹いっぱいになりました。


Ba'theliのお料理、去年よりもモルディブ料理が増えていて、とてもいい感じです。


デザートはやめて、甘いポートワインをいただきました。

c0147790_23304330.jpg

夜はまだ続きます。



by powderblueY | 2018-05-14 23:29 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -31 夕日

c0147790_14194713.jpg

さて、わたしたちの部屋のテラスからはランダーギラーヴァルが正面に見えるのですが、
その沖合にこんな大きな船が停まっています。


今日、ダイビングのときにミチさんに聞いたら、
あれは多分、プライベートの船ですよ、とのことでした。
フォーシーズンズ・エクスプローラーとかではなく、プ、プライベートですかい。
すごいわねえ。

c0147790_14424544.jpg

さて、6時をすぎると、だんだん夕日色になってきました。


少し、雲が多めで、夕日は雲の中に入っては、また雲の下から出てきて・・・を繰り返していましたが、
やがて雲の中に沈んでいきました。


c0147790_14424649.jpg

c0147790_14424682.jpg

このプールサイドに置いてある、魚を入れる魚籠(びく)みたいなものですが、
テラスの隅っこに置いてあったので、プールサイドまで持ってきました。
これがあった方が断然、景色として感じがいいです。


西の空は赤く染まったので、
東はどうなっているだろうと思い、玄関から出てみました。

c0147790_14425041.jpg

うーん、こちらもきれいね。

c0147790_14425009.jpg

わたしたちの部屋の玄関。
左手に少し見えているベンチは、去年はなかったと思います。

c0147790_14425068.jpg

再びテラス側に戻って。
おや、海の上、SUPをやっている人がいますね。
素敵だわ、こんな夕焼けで真っ赤な中を、あんなに上手にSUPでするすると移動できるなんて。
(みなさんご存知だと思いますが、SUPとはStand Up Paddleのことで、
 サーフボードの上に立って、パドルで漕ぐスポーツです。
 沖縄とかでも結構はやってます)


と思ったら、次の日聞いたら、あれはミチさんだったそうです。
夕方、SUPで島一周しようと思って出かけたんだけど、
水コテ側はみんなテラスに出て夕日を見ているので、恥ずかしくて、水コテの方を見ないようにしてました、って。
ミチさんだとは気づかなかったわ。
知ってたら手を振ったのに。

c0147790_14425377.jpg

c0147790_14425357.jpg

今日も素敵なモルディブの夕焼けでした。




by powderblueY | 2018-05-13 14:42 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 - 30 主人もスノーケリングしていた

スパを終えて、部屋に帰ってみると、テラスで主人がくつろいでいました。
スノーケリングではぐれてしまったので、どうしてたのか聞いたら、
「おまえが一人で先にどんどん行っちゃって、見失って、
 なんとかドロップオフまで出れたから、どっちに行ったかなーと考えて、
 多分、水コテの方かなと思って(反対です)泳いでたら、
 ムレハタタテダイの群れがいて、おもしろかった」
だそうです。


写真を見せてもらいました。

c0147790_14192272.jpg

浅瀬にいたパウダーブルーサージョンフィッシュ。

c0147790_14192655.jpg

でっかいシャコガイ。手を入れたらはさまれるかしら。

c0147790_14192657.jpg

ドロップオフにムレハタタテダイの群れ。

c0147790_14192760.jpg
c0147790_14193292.jpg

c0147790_14193324.jpg

c0147790_14193350.jpg

c0147790_14193366.jpg

いやー、ほんとぐっちゃりいるわ。
見飽きません。

c0147790_14193843.jpg

c0147790_14193989.jpg

おお、ブラックピラミッドとの競演も。

c0147790_14193976.jpg

c0147790_14193974.jpg

c0147790_14194370.jpg

c0147790_14194324.jpg

遠くにツバメウオがいた、と思ったら、

c0147790_14194385.jpg

なれなれしく寄ってきて、

c0147790_14194335.jpg

ずっとそばにつきまとわれたんだとか。

c0147790_14192658.jpg

外海を流れていくロウニンアジ。


という感じで、大変おもしろいスノーケリングだったそうです。
スパ沖から水コテ側は、あまりおもしろい目にあったことがないんだけど、
よかったわね。


そうこうしているうちに、子供たちとLINE電話をする時間になったので、
テラスで電話します。
はな子は今日髪を切りに行ったらしく、自撮りして見せてくれました。
今回も留守宅には家事代行の人に来てもらうようお願いしたのですが、
この日だけは子供たちが、自分たちで夕食を作りたいと言って、
麻婆豆腐を二人で作ったそうです。
「おいしかった?」と聞いたら、
「肉が少なかった」って。
丸美屋の麻婆豆腐の素で作ったらしいのですが、
あのレトルトの中に入ってるミンチ肉だけだと少ないのよね。
わたしはいつも、別にミンチ肉を買って「肉増量」にしているので、
それに比べると「肉すくなっ!!」と思ったらしい。
母親の苦労を思い知ったことでしょう笑。



by powderblueY | 2018-05-12 14:08 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -29 スパ

スノーケリングから上がって、部屋でさっとシャワーを浴び、
スパへ走って行きました。
とはいえ、そういう行動は本当はあまりおすすめできません。
スパへは時間に余裕をもって、特に初回は20分くらい前には着いていた方がよいようです。

c0147790_23160641.jpg

スパの入り口にはこのさわやかな水色の門があり、
これをくぐって中に入ると、受付の建物があります。


ミライドゥのスパはとても人気なのですが、
この日もとても混んでいて、
受付にはわたしを含めて3組5人のゲストがいました。
わたし以外はヨーロピアンのカップルでした。


c0147790_23160633.jpg

受付に座るとすぐに、冷たいおしぼりとジュースが出てきました。
このジュースはマンゴーとパパイヤ、ジンジャーのミックスでした。

c0147790_23160612.jpg
光が差し込む待合室。
ここにいるだけで癒やされるわ。
初回なので質問票を渡され、アレルギーがないかとか、触ってほしくないところはないかとか、
そういうのを書き込みます。
そしてMiriniさんというセラピストさんに案内されて、水上のトリートメントルームへ行きました。
この人がシャルマさんの後任の新しいセラピストさんのようです。


お部屋に入ってすぐに着替えの部屋があり、バスローブに着替えます。
ここで再度、あれが出てきました。

c0147790_23313602.jpg
去年も衝撃を受けたんだけど、今年も十分に衝撃的でした!
だってねえ、これ、後ろ姿は、
c0147790_23330426.jpg

こんなふうですよ。(写真は楽天市場からいただきました。楽天で売られてるってのも衝撃だわ)


だけど、このあとも数回スパに行ったのですが、
2回目以降は着替えの部屋に、このふんどしタイプと、普通のパンティタイプと、両方が用意されていて、
好きな方を使えばいいようになってました。
だから安心してくださいね。
わたしは2回目以降も、もちろんふんどしタイプを使いましたよ。
(って嘘だよ!)


さて、トリートメントですが、
バスローブを羽織って、着替えの部屋から出ると、テラスに案内されて、そこで足を洗ってもらいます。
目の前には青い海。
とても気持ちのよい瞬間です。


それが終わると室内に案内されて、ベッドにうつ伏せになり、マッサージが始まります。
この日はJet lag massageをお願いしてありました。


Miriniさんのマッサージは力強く、シャルマさんに似たタイプでとても上手でした。
後半、あおむけになってうとうとして、頭のマッサージもしてくれてるなーと感じていたのですが、
60分終了し、着替えの部屋に戻って鏡を見たらびっくり!
髪を編み込みにしてくれて、白いジャスミンの花を飾ってくれていたのです。
Miriniさんはとっても器用な方のようで、ほんの1分ほどで素敵な編み込みにしてくれていました。
ありがとう!


受付で、次の予約を入れて帰りました。





by powderblueY | 2018-05-11 23:59 | 2018 Maldives | Comments(0)