<   2012年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「苗場」について

c0147790_053887.jpg


             (写真はわたしとは全然関係ありません。って当たり前か)


ゆく夏を惜しみ、わたし自身はいつまでも夏を感じていたくて、
いまだにサンダルを履いていますが、
頭の中ではスキーの計画を立てています。


スキー場の宿というのは、だいたいどこも、9月1日から予約開始になるんですよ。


今度の冬は、ラッキーなことに、年末年始を除いても三連休が2回あるので、
とってもスキーに行きやすいの。


スキー旅行を4回計画し、志賀×2、八方、赤倉の予定だったのですが、
それじゃあ昨シーズンと何も変わらないし、
ちょっと目先の変わったところに行ってみたいな、と思い始めました。


3日も連続して滑るので、ある程度大きなスキー場の方が飽きないです。


バブル期にスキーをしていたわたしとしては、
ふと、
「苗場ってどうよ?」
って思いました。


名古屋から苗場に行くのはとっても遠くて、
今まで1度も行ったことがありません。
学生時代を7年間、東京で過ごした主人も、行ったことがないそうです。


調べてみたら、名古屋から車で苗場に行こうとすると、
中央道で岡谷JCTまで、
長野自動車道で更埴JCTまで、
上信越自動車道で藤岡JCTまで、
関越自動車道で月夜野ICまで、
そこからさらに国道を50分。
全部で約500km、順調に走っても6時間はかかりそうです。


うわあ、いくらわたしが運転が好きだと言っても、
それはちょっときついわ・・・。


で、新幹線はどうなんだろう?と思いました。


すると、東京のみなさん、苗場ってとっても行きやすいところにあるんですね。


東京からだと上越新幹線で1時間半、越後湯沢で降りて、タクシーで20分ですって。
ってことは、名古屋から、仕事が終わって19時くらいの新幹線に乗っても、
十分その日のうちに到着するってことなんです。


荷物は全部、事前に宅配便で送って、
身軽にスキーに行くっていうのも新鮮だしね。


苗場で滑るなら、なにはともあれ、プリンスがとれなくては仕方がないので、
とりあえず、さくさくと予約しておきました。


で、苗場に行ったことのあるみなさんにお尋ねします。
名古屋からでもはるばる出かけてみてよ、すっごくいいスキー場だから!と思われますか?
それとも、名古屋からなら八方や志賀高原で十分じゃない? わざわざ来るほどのことはないわよ、と思われますか?
ご意見をお聞かせください。
by powderblueY | 2012-09-30 23:59 | 日常 | Comments(16)

身体能力の衰え

夕べは仕事だったんだけど、
久しぶりに大当たりして、2時間くらいしか寝れなかった。


何もない日は、本当に何もなくて、
これでお給料もらっていいのか、って思うくらいなんだけどね。


夕べは、1つ終わったと思ったらまたすぐにやってくる仕事の山を前にして、
スタッフたちと「ああ・・・追加料金がほしいよね・・・」とつぶやきました。


今日は土曜で仕事は休みなので、
そのまま帰ってきましたが、
おかげで1日中、寝たり起きたりの生活。
なにもしないうちに1日が終わってしまいました。


若い頃は、仕事で夜中じゅう全然寝れなかったとしても、次の日は元気だったのに、
もうさすがにそんなわけにはまいりません。


そういえば、先日、ジロが
「ボク、マット運動が苦手なんだよねー。
 まっすぐ前転してるつもりなのに、なぜだか斜めに転がっちゃって、
 マットからはみ出しちゃうんだよ。
 どうしてかな?」
と言うので、
「どれどれ、やって見せてよ」
とやらせたら、
どこが悪いのか指摘はできないんだけど、
確かに、斜めに転がっていきます。
どうしてだろう??


それで
「じゃ、お母さんが正しいお手本を見せてあげるから、よく見てなさいよ」
と、じゅうたんの上で前転をしたら、
な、なんと、
背骨がボキッっていって、動けなくなっちゃった。


スギちゃんみたいに、胸椎が折れたかと思ったよ。


若い頃のような俊敏さも、体の柔軟性も、バランスをとる力も、
全てが失われていくのね。


例えば、子供が自転車の乗り方を覚えるとき、
昨日は自転車にまたがったまま転んでたのに、
今日は2mほど進めるようになった。
明日は10m進めるようになって、
1週間もすれば、すいすいこいで、隣町まで行っちゃう。


昨日できなかったことが、今日はできるようになっている。
っていう喜びを、日々感じながら大人になっていくと思うんだけど
それからウン十年たつと、
この間までできたことが、できなくなっている・・・ってことに
驚きながら日々を過ごすのね。


目は老眼が入ってきて、近くのものが見えないし、
自分では走っているつもりなのに、歩いてるくらいのスピードしか出てない。
逆立ちだってなんだってできるつもりでいたのに、前転もできないなんて。


ああいやだいやだ。
そのうち
「もう体がしんどいから、旅行には行きたくない」
って言いそうな自分がこわいわ。
そんなの、もうわたしじゃないから!!
by powderblueY | 2012-09-29 22:01 | 日常 | Comments(4)

鈴虫 その後

数日前に、飼っていた鈴虫が減ってきちゃって、
メスと、鳴き方の下手なオスだけが残ってる、というお話をしましたが。


その後、耳を澄ませていると、
下手だったオスも、だんだんと鳴き方が上手になってきました。
練習のたまものですね。


ちゃんと「リーン リーン リーン」と
いい声を響かせるようになって、ほんの2〜3日後。


ぱたっと鳴かなくなりました。


嫌な予感にどきどきしながら、
容器の中を数えてみると・・・


そうです、予想通り、オスは1匹もいなくなり、
残ったのは4匹のメスだけでした。


ああ、鳴き方が上手になるとメスとつがいになることができ、
その結果、メスに食われちゃうっていう仮説、
正しかったようです。


それにしても、本当に、ヒゲ1本、羽1枚、足1本残さず、
きれいさっぱり食べちゃうのねー。
すごすぎです。


残った4匹のメスは、
エサのナスの表面にとりついて、ナスをがりがりかじってます。
そのたくましさ。


どこの世界でも、最後に生き残るのはメスだねえ。


今後は、もうオスもいなくなったので、相手を取り合うこともなく、
4匹で静かに暮らすのでしょうか。
なんだか、最近はやりの某 四姉妹を連想しちゃったわ。


意外と
「手のかかる男どももいなくなったし、
 4人で旅行でも行きましょうか」
「そうそう、ダンナと一緒の旅行じゃ、好きなところにも行けないし、
 言葉もできないくせにああだこうだ文句が多いし、
 旅行は女友達と行くに限るわ」
「ね、ね、どこ行く?」
「わたし買い物ー!」
「おいしいもの食べたーい!」
「おかまバーとか行ってみたくない?」
とか言ってたりしてね。
by powderblueY | 2012-09-27 22:38 | 日常 | Comments(0)

本当に頼りになる人

ここのところ、仕事以外のことが忙しくて、
毎日「報告・連絡・相談」に追われています。


というのは、いろんな役が一度に回って来ちゃったからなんです。

1、子ども会の綱引き係。
2、町内会の副会長として、10月の秋祭りの準備。
3、PTAの某委員。
4、10月に親戚一同で義父母の金婚式のお祝い旅行に行くのですが、その手配。


毎日、いろんな人からメールが入り、電話が鳴り、FAXが届き、
てんやわんや(って死語ですかね)。


もともと、なにかの役を引き受けるのは気が進まない方で、
参観日でPTAの役員を決めるようなときも、隅の方で小さくなって目立たないようにしていたのですが、
子供たちの学年が進むと、そういうわけにもいかなくなってきました。


子ども会の綱引きは、毎年、係として参加していたので、
今年は目をつけられて、まとめ役になってしまい、
大会に引き続いて行われる打ち上げの担当になりました。


親たちで豚汁を作って、親子みんなで食べよう、という企画です。


打ち上げ担当は、たったの2人。
2人で材料を買い出しし、コップやお椀を用意し、材料を下ごしらえし、
朝から煮込んで、ご飯を炊いて・・・
約100人分の用意をします。


考えただけで、気が遠くなりそう・・・と思っていたら、
突然、夏祭りの担当だったSさんから連絡があり、

「わたし、綱引きとはなんの関係もないんだけど、
 そういうの大好きだから、よかったらお手伝いさせてね。
 今までも、保育園のお祭りに、豚汁を大鍋に何杯も作って持って行ったり、
 そういうことするの大好きなのよー。
 出しゃばって悪いんだけど、もしよかったらうちの大鍋も使ってー」

と、涙が出るようなありがたい申し出!!


いろいろ相談していると、

「食品は、業務用スーパーの○○○が安いから、
 今度値段を見てくるわ。
 使い捨て食器は、断然安いところ知ってる。
 ご飯は、おにぎりを100人分握るんだったら、お弁当屋さんの方がかえって安くつくかもしれないから
 今度、調べとくわ」

などなど、もう、本当に頼りになる人っていうのは、こういう人のことを言うんですねー!!


子ども会なんていう組織の中で、なにか仕事をしようとすると、
協力してくれる人と、
自分では何もせず、あとで批判ばかりする人とに、
おもしろいように分かれます。
みんなの言動を見ていると、反面教師も含めて、勉強になるわあと思うことばかり。


とにかく、強力な助っ人を得たので、
綱引きの打ち上げ、子供たちのために楽しくやれたらいいなあと思っています。
by powderblueY | 2012-09-26 14:33 | 日常 | Comments(2)

天高く・・・

気がついたら、空がすっかり高くなって、秋の空になっていました。


もう秋分の日も過ぎたんだから、当たり前ですが。


この間までの、入道雲がもくもくとわき上がる夏の空は
どこ行ったのよ〜。


わたしは夏が大好きなので、7月後半のどんどん暑くなっていく日々、
今年の夏がやってくるーー!って時期が大好きです。


服装も、今でも未練たらしく、ノースリーブにナマ足、サンダルでいるのですが、
さすがに季節はずれになってきました。


もうブーツはいてる人、いっぱいいるもんね。


ブーツの人や、襟元にファーのついた服着てる人と目が合うと、
「はあああ!? いつまでそんなかっこうしてるのよ」
って思われてるような気がして、思わず道の端っこの方をこそこそと歩きたくなります。


季節は先取りがかっこいいので、
初雪の降る12月くらいになったら、
またノースリーブを着るとかっこいいかな?


ところで「天高く」の次は「馬肥ゆる」がお決まりですが、
おいしいものがいっぱい出回る秋、
肥えないように気をつけよう!!
by powderblueY | 2012-09-25 23:39 | 日常 | Comments(0)

進化する小学校教育

子供たちは、進研ゼミの小学講座「チャレンジ」というのをやっています。
毎月やる問題集みたいのが送られてくるわけなんですが。


今日、はな子が勉強したのを丸つけをしていたら、
ほほーーーっと思うことがありました。


それは社会科。
そうそう、小学3年生からは「社会」という教科があるのですが、
1、2年生のうちは「生活科」という名前で、
理科と社会が合体した教科でした。
そのへんからして、もうわたしたちの時代とは全然違うのですが。


で、なにに感心したかというと、
おうちの人が普段どういうところで買い物をしているか、
そしてそれぞれのお店にはどんな特徴があるか、
っていう例として、
「スーパーマーケット」
「商店街」
「コンビニエンスストア」
「インターネットのお店」
が挙げられているんですよ!


最近の小学校では、そんなことを教えるんだーってびっくりしました。
そりゃもちろんわたしたちの時代には、コンビニなんてなかったし、
ネットショップなんて、つい最近ですよねー。


それまでただ箱の中で、自分の論文書いたり、表計算したりする道具だったパソコンが、
ネットで外とつながるようになった!!っていう驚きを、
今でも新鮮に覚えている人は多いでしょ!?


でもジロの時代だと、産まれたときからネットはあったし、
3歳で「KidPics」っていうお絵かきソフトで絵描いてたし、
はな子に至っては、1年生のころからネットでゲームやってます。
ネットができないなら、パソコンなんて何のためにあるの??って思ってるよ、きっと。


そうそう、3年生でローマ字も習うんですが、
昔は例えば「変態」なら「HENTAI」って書くって習って、それだけだったでしょ。
(変なたとえだね)


それが今では、加えて、
「パソコンの入力の場合は「HENNTAI」と入力します」
と習うのよね。


いやあ、時代は変わったなあ、っていうか
変わったのは当たり前なんですが、
小学校教育がちゃんとそれに追いついてきてるっていうところに感動しました。


話は戻って、買い物をするお店の話ですが、
それぞれのお店の特徴として、

「スーパーマーケット・・・たくさんの商品が広い店内に並べられている。
             通路も広くて、買い物しやすい。
             駐車場も広くて便利」

「商店街・・・この魚はどうやって調理したらいいの?など、お店の人と相談しながら買い物ができる」

「コンビニエンスストア・・・24時間あいていて、生活に必要な商品はひととおりそろっている。
              宅配便を送ったり、税金を納めたりする機能もある」

「インターネットのお店・・・夜中でもじっくり選んで買い物ができる。
              子供が熱を出して外出できないわ、というようなとき便利」

というようなことが解説してあります。


わたしとしては、ネットショップのところには、

「夜中にじっくり買い物をしていると、ついついカニとかお取り寄せクリームコロッケとか派手な柄のワンピースとか、
 昼間なら絶対買わないようなものを、勢いで買っちゃうことがしばしばある」

と付け加えてほしいですけどね。
by powderblueY | 2012-09-24 23:00 | 日常 | Comments(0)

「ロック・オブ・エイジズ」

c0147790_22423557.jpg


予告編をみて、トム・クルーズが出てるってのは知っていたけど、
ロックスターの役だし、
上半身裸にタトゥーだらけの体で、キャラが濃そうなので、ちょっとどうよ??って思っていましたが。

c0147790_22513733.jpg


ミュージカル映画だとは知らなかった!
始まって少しして、バスの中でみんなが歌い出したシーンをみて
「ああ・・・ミュージカル映画だったのか・・・」
と、ちょっと引きました。


日本人って、こういうの苦手な人が多いじゃないですかあ。
わたしも、あのちょっと大げさだったり、わざとらしかったりするのが苦手でね。


主役の女の子はかわいいし(田舎っぽいけど)、歌も踊りも上手だし、
ストーリーがありきたりなのも、ミュージカル映画だから仕方ないか、と思いつつ、
ちょっと醒めて見ていましたが、
流れる曲がどれもこれもなつかしくて、
1980年代から90年代初めくらいかな、
洋楽には疎いわたしでも知っている曲がたくさんで、
だんだんうれしくなってきて。


そしてとうとう「Don't stop believin」が流れたときには
もう感動!の域でした。


わたし、この曲、大好きなんです。


もとはJourneyの曲(1981)ですが、
いわずとしれた「Glee」のカバーで、近年また大ヒットしましたよね。


東海地方のみなさんは、これを聴いて「ああZipの大人の部活ね」と思われる方も多いと思うのですが。


ちょっと説明しますと、
東海地方にはZip FMというラジオ局がありまして、
若い人たちに人気なんですが、
「大人になっても青春しようぜっ」と、今年の4月に「大人の部活プロジェクト」っていうのが
朝の番組内で立ち上がったんですね。
ちょうど通勤の時間帯なので、毎日聴いているわけです。


で、大人の部活として、最初に公募があったのが「グリー部」。
一般人からの応募が多数あり、メンバーが選ばれて、毎週1回名古屋で練習をしています。
(わたしは全然関係なくて、ただラジオで聴いているだけよ)
一般人といっても、バンドやってる人とか、セミプロみたいな人も多いみたいで、
みんなすごく歌が上手なの。


で、6月末に栄のテレビ塔下でいきなりライブをしたわけなんですが、
グリー部として一番最初に練習したのが「Don't stop believin」だったのね。
朝Zipを聴いていると、毎週の練習の様子が流れるわけなんですが、
週を追うごとにすごーく上手になっていくし、
大人の部活、いいなあ、わたしもやりたいなあ(やれないけど)って思いつつ、
ノリノリで聴いていました。


そんなこともあって、今日の映画の中、最後のステージでこの曲を
トム・クルーズ初め、みんなで歌うシーンは感動もの!
トム・クルーズって意外と歌うまいのね。
彼のことだから、きっとめちゃめちゃトレーニングしたんでしょうね。
カリスマ性もよく表現されていました。


と盛り上がるわたしをよそに、
隣に坐っていた女性は、しら〜〜〜っとしていたので、
万人向けではないかもしれません。
あの年代の洋楽が好きな人には、ぜひ。
by powderblueY | 2012-09-22 23:07 | 映画 | Comments(0)

「白雪姫と鏡の女王」

c0147790_23312096.jpg



去年の秋くらいから、「白雪姫」を題材にした映画が公開されるのは、
これで多分3つめ。


なんで今さらそんな白雪姫ブームなんだ??って思っていましたが、
この作品は評判がいいので、見に行ってみました。


そしたらね、コメディ仕立てで、うん、おもしろい!
意地悪な継母役のジュリア・ロバーツが、生き生きしてて、おもしろいです。


いじめられる白雪姫役のリリー・コリンズは、最初の登場時、
「なんでこんなに眉毛太いの? イモトか!?」
って思うのですが、
従来の姫のイメージと違って、
自分のほしいものは自分で努力してとりにいく、
自分の進む道は自分で切り開いていく、
って感じが現代風で、
しかも太い眉毛もずっと見ているうちにかわいく見えてきて、
なかなかよかったです。


最後の、まるでインド映画のような群舞も、とっても楽しくてよかった。
衣装もとっても素敵。


見て損はない映画だと思います。
by powderblueY | 2012-09-21 23:31 | 映画 | Comments(0)

わたしの楽しみ

今日の名古屋は、久しぶりにいい天気。
ここのところずっと、大雨が降ったり、雷がんがんだったり、
不安定な天気が続いていました。


久しぶりの青空を眺めながら運転していたら、
頭の中に浮かぶのは、旅行のことばかりですよ。


来年のモルディブは、バアの某リゾートと決めてありますが、
再来年はどこにしようかなあ。
(って、どこまで気が早いの)


でも、去年から候補に挙がってる「バロス」にとっても行ってみたくて、
でも去年の段階では、みんなで泳げる大きなプールがないから、ってことで却下になって、
それに大人のリゾートらしいから、いくら8歳から子供はOKとはいっても
お子さまウェルカムではない姿勢が見えると、居心地悪いかも、と思ってやめたんだった。


でもさすがに再来年ともなれば、はな子も10歳だし、
もうキッズクラブも必要ないだろうし、
バロス、行ってみたいなあ、と思ったり。


そんな遠い先の話よりも、
冬にはまたスキーに行かなくっちゃ。


今シーズンも、年末年始含めて4回、スキー旅行を計画していますが、
八方、赤倉、志賀、志賀の予定なの。


志賀のうち、1回は奥志賀なので、
もう1回の志賀は、もう少し手前の方、
西館山・東舘山やブナ平、丸蓮サンバレーあたりにも滑っていけるところの宿がいいなあと思うのですが、
そうするといつものチャンピオンふもとのあたりになっちゃうのよね。


いつものホテル・アルペンブルグは、立地的にもすごくいいし、
おそろしい凍った道を運転する距離も少なくてすむし、
部屋も食事もまあまあだし、気に入っているんですが、
ちょっと違うところに泊まってみたい気も。


志賀高原でどこかいい宿をご存じの方、いらっしゃったら、ぜひ教えてください。


ああそれと、今年はぜひ、ショートスキーで普通のビンディングのついたタイプのものを買いたいわ。


わたしや主人のはいてるショートスキー(長さ80cmくらい)は、
ターンしやすいし、車のトランクにも入りやすいし、ストックがいらないので両手が空くし、
とっても便利な優れものなのですが、
ただ、ビンディングが昔風(?)で、すごくはきにくいの。
いったんはいたら、もう絶対脱ぎたくないし、
いったん脱いだら、もう二度とはきたくなくなっちゃいます。
ゴンドラなんかには、乗りたくないのよねー。


それが去年、赤倉のレンタルで、普通のビンディングのついたショートスキーを見かけたので、
今年はあれを探してみようっと。


ところで、これから紅葉シーズンに入っていきますが、
今年の紅葉はどこで見ようかな。


去年の上高地も、すごくよかったなあ。
また来年あたり行くことにして、
今年もどこか山に行きたいなあ。


ところで、昨今の情勢、11月の台湾っていうのは、大丈夫なのかしら??


などと、思いは尽きることなく、
飽きもせず、ネットの世界を徘徊しております。
旅行のことを考えるのって、ほんと、楽しいわ!
by powderblueY | 2012-09-20 14:19 | 日常 | Comments(6)

名古屋高速 大渋滞

いつも通勤するのに、
まずは家のすぐ近くから名古屋高速に乗ります。


今朝、出勤しようとすると、入り口の料金所の電光掲示板に
「東別院〜明道町JC 事故4km渋滞」
と出ていたんだけど、
そこを通らないと行けないので、混んでることを覚悟して料金所を入りました。


名古屋高速は一番都心に近いコアな部分がぐるっと環状線になっていて、
そこから周りに何本もの路線がのびる、という形になっているため、
きついカーブが多いんです。


今日も、混んでると予告された東別院にいたるまでに、
すでに別のカーブで事故。
幸いこれは処理が終わったところだったので、やりすごしましたが、
予告通り東別院から激しい渋滞。


あ〜、これは今日は遅刻だね。


高速道路に乗ってしまった以上、いらいらしてもしょうがないので、
のろのろと進んでいくと、
斜め前にミナオちゃんの車を発見。


彼女も一部同じ路線を使って通勤です。


ミナオちゃんの車の後ろにつこうと思ったけど、
なにしろぎっしりつまっているので、車線変更できず。


結局30分くらいロスして、やっとこさ職場に着きました。


毎日、同じ高速道路をほぼ同じ時間に使っていると、
事故が多発する日というのは決まってます。

1,お休み明け。特に三連休明け。
2,雨の日。

お休み明けは、あ〜あ、今日からまた仕事かよ、っていう憂鬱な気分、
体も今ひとつだるいし、頭もぼーっとしてるし、って状態で運転してるからね。
雨の日も憂鬱だし、視界も悪いし、スリップしやすい。


だからこういう日には、特に気を引き締めて運転することにしています。
誰も、事故を起こそうと思って起こすわけじゃないけれど、
通勤時間帯の事故っていうのは、周りに与える影響が多大だからね。


ところで、以前から疑問に思っていたのですが、
運転中の携帯電話での通話は、もちろん禁止です。


じゃあ、大渋滞で車が1mmも動かないときに電話かけるのは、かまわないの?
「運転中」っていうのは、運転席に坐ってハンドルを握ってる時、という意味なのか、
車が走ってる・動いてる時、という意味なのか、どうなんでしょうね?


ま、あんな大渋滞の中で、検挙しに来るパトカーもいないんだけどね。
by powderblueY | 2012-09-19 14:47 | 日常 | Comments(0)