<   2014年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

渡嘉敷2014-10

阿波連港に戻り、トイレ休憩をすませると、またすぐに出航。
天気はいよいよ悪くなってきていて、雨がたたきつけ、
船はかなり揺れています。
2本目は、比較的静かなとかしく湾内で潜ることになりました。

c0147790_22463353.jpg


こんな天気の中でのエントリーは、はな子もこわかっただろうと思うけど、

c0147790_22462742.jpg


今度はさっさと潜行してきました。

c0147790_22465561.jpg


タコがいるよー。

写真左に見切れていますが、30cmくらいの魚が2匹、タコの周りをぐるぐると泳いでいるの。
何しているんだろう?と思ったら、
タコの足を食べようとねらっている魚なんですって!
タコって、人間が食べてもおいしいけれど、魚にとってもごちそうらしく、
すきをみて、あわよくば足に食らいつこうとねらっているんですってよ。
びっくり〜。

c0147790_22492633.jpg


あ、色が変わった!

c0147790_22501447.jpg

c0147790_2250195.jpg


沖縄らしい風景です。

c0147790_22505973.jpg

c0147790_2251816.jpg

c0147790_22511656.jpg

c0147790_22513272.jpg


なにかの幼魚だと思いますが、5cmくらいの透明な魚が無数に泳いでいました。

c0147790_22543014.jpg


これってフグですか? ハリセンボンに形は似ているけど、針がない気がするんだけど。

c0147790_2254591.jpg


ウミウシって、貝の仲間なんですってね。
知らんかった。

c0147790_22553984.jpg


ああ、このキモいやつにまた出会ってしまった・・・。
模様も気持ち悪いし、腸を出してるなんて、もう言語道断です。


お口直しに、

c0147790_2256508.jpg

c0147790_22561798.jpg

c0147790_22565711.jpg

c0147790_22575075.jpg


最後に3人で記念撮影を。

c0147790_22582023.jpg


今回のボートには、地元の高校生の男の子4人も一緒に乗って、
わたしたちが潜っている間、スノーケリングをして楽しんでいました。
中の一人はイントラの佐藤さんの息子さんなんだって。
今年から那覇の高校に通っていて、今は夏休みで渡嘉敷に帰って来ているんだって。
モルディブと同じで、どの島にも小学校、中学校はあるけれど、
高校以上はマーレ(那覇)に行くのね。


ボートで阿波連港に戻って、車でSeaComeまで送ってもらいました。
さーやさんはすぐに次のお客さんを乗せて、港に出かけて行きました。
お昼ご飯食べる暇もないじゃん。がんばってね。
佐藤さん、さーやさん、今年もありがとうございました。


わたしたちはお昼食べに出かけます。

c0147790_2341555.jpg


今日は、オクトパスガーデンの向かいにある「海の家」に入ってみよう。

1階で注文して、2階に上がります。

c0147790_2334589.jpg

c0147790_235757.jpg

c0147790_2344349.jpg


2階は広々といていて、カウンターもあったり、ハンモックがつるしてあったりします。

c0147790_235581.jpg


海がちょっとだけ見えます。

c0147790_2353312.jpg


なにはなくともオリオンビール。

タコライスやガパオライスを食べました。


食べ終わって、ビーチに行ってみたけれど、

c0147790_2374036.jpg


雨は降るし、風も強いです。

c0147790_2383840.jpg


昨日のような茶色い海ではないけれど。

c0147790_2381624.jpg


今日は、離れ島に渡っている人もほとんどいないみたい。

c0147790_2395164.jpg


わたしたちはダイビングで疲れたのもあって、あまり海に入る気分になれず、

c0147790_2312947.jpg


いつものブルーシールアイス屋さんに寄って、部屋に帰ることにしました。

c0147790_2312473.jpg


部屋でシャワー浴びて、ビール飲んで、お昼寝して、
珍しくのんびりしました。
by powderblueY | 2014-08-31 23:14 | 2014 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷2014-9

翌日はダイビングです。
朝起きると青空だったので、よかった〜と思いつつ、

c0147790_21195556.jpg


早めに用意していただいた朝食をとって、
8時45分にSeaComeへ。

c0147790_21211967.jpg


そしたらこのころから、にわかに雲が厚くなって、雨が降り出しました。

c0147790_21223056.jpg


でもめげません。

c0147790_21214683.jpg


トラックの荷台に乗り、5分で阿波連港に到着です。

c0147790_2123131.jpg


だんだん風も強くなってきて、天気わる〜い。

c0147790_21321399.jpg

c0147790_21233023.jpg


到着した日に泊まったとかしくマリンビレッジだね。

c0147790_2125593.jpg


あ、野生のヤギがいる!
わかりますか?  岩の下の方です。
1匹ではなく、何匹もいました。

c0147790_21245839.jpg


リルカウというポイントに着きました。
準備をしますが、はな子は緊張しているのか、反応が鈍いです。
今思えば、雨も風も強く、船も揺れてたし、
こんな悪天候の中で海に入るなんて・・・と思っていたのでしょう。
わたしもダイビング始めたばっかりのころは、そうだったよ。
なんでこんな雨の降ってる中、真っ黒な海の中に入らなきゃいけないの、って思ったわ。
でも水に顔をつけて海の中をのぞいた瞬間、そんな思いは吹っ飛んだけどね。

c0147790_21302652.jpg


器材をつけてもらって、

c0147790_2131068.jpg


入りました。

c0147790_21323139.jpg


ロープをつたって、潜行。
耳が抜けにくいらしく、さーやさんに付き添ってもらって、
ゆっくりゆっくり潜行してきます。

c0147790_22211365.jpg


なんと15分もかけて、やっと6mほどの海底まで来ました。
あまりに耳が抜けにくそうなので、途中であきらめるかと思ったけど、
意外と根性あるのね。
鼻が低いので、マスクの上から片手で鼻をつまんでも、ちゃんとつまめないらしい。
さーやさんの指導で、両手で左右から鼻を押さえています。

c0147790_2224781.jpg


さてこのあたりは、サンゴが美しいです。

c0147790_22245513.jpg

c0147790_22253643.jpg

c0147790_22255716.jpg

c0147790_22264377.jpg


魚もいろいろいます。

c0147790_22263822.jpg


主人の好きなニシキヤッコ。

c0147790_22264590.jpg


アケボノハゼ。

c0147790_22265426.jpg


モンガラカワハギ。かわいいよね。

c0147790_22304772.jpg

c0147790_22305553.jpg


と、遠くにカメが。

c0147790_22304431.jpg


一目散に逃げて行きました。

c0147790_22334993.jpg


余裕のはな子。

c0147790_22324527.jpg


こうやってボードに魚の名前を書いて、教えてくれます。
日本のダイビングショップならではの細やかなサービス。

c0147790_22335330.jpg


胸びれをまるで手のように使って、サンゴにつかまってるカンモンハタ。

c0147790_22382466.jpg


よくペアでいるムレハタタテダイ。


初めて見たのが、

c0147790_22401581.jpg


イシガキダイの若魚だそうです。
大人になると、地味〜な黒色になるんだって。

c0147790_22404379.jpg


c0147790_22413841.jpg

c0147790_2241180.jpg


浮上してみると、大雨です。
風もあって、船が揺れます。
いったん港まで戻って、トイレ休憩することになりました。
by powderblueY | 2014-08-30 22:42 | 2014 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷2014-8

c0147790_01657.jpg


お迎えの船の時間が近づいたので、
なっちゃんのご家族と記念写真。
空はどんよりだけど、海の色はきれいです。

c0147790_02561.jpg


おじいちゃんの船が迎えに来ました。

c0147790_025697.jpg


滞在中にもう一度、離れ島に来られるといいなあ。


ちなみに、阿波連ビーチに戻って、もう一度潜ってみましたが、

c0147790_034637.jpg


こんなんでした〜。


ところで、今日の夜は阿波連地区で「くば山祭り」というお祭りがあるのです。
阿波連地区にある青少年旅行村キャンプ場(通称くば山)で行われるので、くば山祭りというらしい。
今年で3回目なんですって。
お盆の時期の土曜日に行われているようなので、
じゃあ第1回の一昨年も、第2回の昨年も、ここにいたはずなんだけど、
そんな話は聞かなかったなあ。
今年は朝から放送が流れ、盛んに宣伝してました。
19時からなので、じゃあまたそこでお会いしましょうと、なっちゃんご家族と別れます。


部屋でのんびりしたあと、18時から夕食です。
ニライカナイの今日の夕食は・・・

c0147790_0123525.jpg


わ〜い、しゃぶしゃぶだ〜!
このアグー豚の三枚肉がおいしいのよねー。

c0147790_0132610.jpg


野菜もたっぷり。
なんとミニトマトやゴーヤもしゃぶしゃぶするのです。


ふと思ったけど、わたしたちが行ったお盆の少し前は、
沖縄に立て続けに2つ台風が来て、海が荒れ、
マリンライナーもフェリーも4日間欠航になったんだって。
小さな島なので、食材は沖縄本島からの輸送に頼っているので、
そうなると新垣商店の商品も底をつくし、
民宿やペンションに泊まっているお客さんの食事は、一体どうしたんだろうね。
ちゃんと船が動く日に来て、こんな新鮮なお肉をいただけて、本当によかったわ。

c0147790_020011.jpg


このお肉はおかわりもできます。
今年はお肉星人のジロがいないけど、それでもおかわりしちゃったわ。
ビールもすすみます。


さて、食べ終わって、SeaComeに顔を出しました。
明日はわたしと主人はダイビング、はな子は一緒に船に乗って行ってスノーケリングするつもりだったけど、
「この子、10歳になったんですが、体験ダイビングできますかね?」
と聞いてみたら、
「大丈夫ですよ。ウェットスーツがちょっと大きいかもしれないけど、
 袖を折り返せば大丈夫でしょう」
とのこと。
よかったよかった。じゃあ明日は一緒に潜ろうね。


そしてその足でくば山祭りに出かけます。
雨がぱらぱらしているので、会場が阿波連小学校の体育館に変更になったとのこと。

c0147790_024179.jpg


入ってみると、たくさんの人でにぎわっていました。
小学校の体育館だけど、ビールや泡盛も売られてます。
おおらかだわ〜。名古屋じゃ、ありえない。

c0147790_025150.jpg


フラ。みんな上手。
みんな島の人なのかしら?

c0147790_0252242.jpg


DJ SASAさん。
沖縄では有名な人らしいよ。

c0147790_029724.jpg


そして慶良間太鼓。
勇壮で、めっちゃかっこいい。この中央の凛とした女の人がすごーくかっこいい。

c0147790_03185.jpg


そのうち、獅子も出て来たり、

c0147790_030519.jpg


フラとのコラボがあったり、

c0147790_032364.jpg


最後はみんなで踊ります。
サイコー!


なんだか、ますますどっぷり、ディープに渡嘉敷にはまってきました。



ちなみに、はな子は、こういうことが恥ずかしいお年頃。
わたしたちが前に出て踊っている間、
「踊るなんて、信じられないよね」
って、なっちゃんとこそこそ話していたらしい。

あなたもウン十年たてばわかるわよ。
人生、楽しまなきゃソンよ。
by powderblueY | 2014-08-29 23:59 | 2014 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷2014-7

c0147790_14295872.jpg


クラゲにいっぱい刺されちゃって、と言いつつ、海から上がってみると、
はな子はなっちゃん、ここちゃんと波打ち際で楽しく遊んでいました。

c0147790_14304695.jpg


この離れ島に来たら、一度はカメラにおさめておかなければならないこの写真。
そう、ここは昔、シブがき隊がコンサートを行ったことがあるとかで、
3人の銅像(?)が建っているのです。
わたしたちが最初にここに来たころ、すでに銅像は風化していましたが、
でもかろうじて頭部も残っていたけど、
今では頭もなくなり、船の浮きみたいのが刺してあります。
だいたい、渡嘉敷のこんな離れ島で、本当にコンサートなんてやったの???という感じですが。


美しい景色を見ると、高いところから見てみたいと思うのは人間の常で、
わたしと主人は離れ島の岩山に登ってみることにしました。
ビーチのすぐ後ろにそびえる岩山に、登ることができるのです。
数年前に気がついて、それ以来、毎年登っています。

c0147790_1435179.jpg


登り口には、こんな太平洋戦争時の遺物と思われるものもあるの。
すごいよね。


岩と砂で滑りやすいですが、ビーチサンダルでもなんとか登れます。

c0147790_14372315.jpg


標高が上がってくると、美しい海が見え始めます。
お天気が今ひとつなので、あの海の透明感が出ていないですが。

c0147790_1439652.jpg


不思議なもの発見!
ヤドカリが、草花に上っているんです。
花の蜜を吸っているの? 不思議〜。

c0147790_1440720.jpg


上まで上がってきました。
爽快です〜。
向こうに見えるのが渡嘉敷本島の阿波連ビーチ。
こんなに近くに見えるけれど、間は流れが早く、泳いで渡ることはできないそうです。
あ、でも阿波連小学校の遠泳大会というのは、年に一度あるそうですが。

c0147790_14421383.jpg


パノラマでも撮ってみました。

c0147790_14431795.jpg


阿波連ビーチからは、おじいさんの渡し船で来るか、
バナナボートに乗ってくるか、
あるいはカヤックで渡ってくる人もいます。

c0147790_14453114.jpg


c0147790_14453870.jpg


山の上から、海の中の地形を見渡して、
お気に入りの根はあそこ、魚が群れているところはあそこ、と確認するのも楽しいです。

c0147790_14465552.jpg


こうして見ると、モルディブのサンドバンクだよ、と言われたら、信じちゃいそうじゃない?

c0147790_14475554.jpg


c0147790_14481644.jpg


さらに高いところまで登っている人もいます。


景色をたっぷり見たら、降ります。

c0147790_14505928.jpg


大きめのヤドカリ発見。


さあ、2本目のスノーケリング行きます!

c0147790_14505191.jpg

c0147790_14513539.jpg

c0147790_14514653.jpg


あいかわらずきれいな海の中だけど、

c0147790_14532717.jpg


やっぱり沖の方に行くと、こんな変なやつがいて、気持ち悪い。
これ、刺されたらきっと痛いよ〜〜。

c0147790_14534973.jpg


岸に近いところには、サンゴのかけらがたくさん堆積していて、
波に洗われて、さらさら・・・ときれいな音を立てています。
すっごく癒される音。


上がってみると、はな子たち女の子3人組は、何か作っていました。

c0147790_14543441.jpg


ヤドカリをつかまえて、逃げないように閉じ込めたんだそうな。

c0147790_14571739.jpg


このぐるぐる模様の一番中にヤドカリを置いて、
逃げ出しても、一番外の円周がすごく深く掘ってあって、逃げられないようになっているそうな・・・。

c0147790_1456264.jpg


得意げな3人。
by powderblueY | 2014-08-28 14:58 | 2014 沖縄 | Comments(6)

渡嘉敷2014-6

c0147790_1521230.jpg


今日のお昼は、オクトパス・ガーデンで。
2階のテラスが、海も見えるし、気持ちがいいです。
とはいっても、今日はお天気が悪いけどね。

c0147790_1533797.jpg


こんな感じに海が見えます。

c0147790_1545080.jpg


沖縄にいる間は、これしか食べない!くらいの勢いの、沖縄そば。

c0147790_15423100.jpg


これは新商品の肉味噌そば。

c0147790_1542588.jpg


ここのポテトフライはちょっと変わっていて、
初めて見た時には、イカリングか!って思ったくらい。


それでは食べ終わったので、オクトパス・ガーデンの向かいの「一休」というお店で、
離れ島まで渡る船の料金を払います。
ここのおじいちゃんが船の船頭さんなの。
前もって払っておかなくても、船の上でも払えるけどね。
一休まで行くと、「おじいちゃん、もう出た?」と聞けたり、
「もう船来るから、ビーチで待っててね」と言われたり、情報が得られます。


c0147790_155216.jpg


ほら、おじいちゃんの船が来てるよ。

c0147790_1510215.jpg


だんだんお天気が回復してきたので、ビーチにも人が増えてきたね。

c0147790_15105452.jpg


このおじいちゃん、わたしたちが初めて渡嘉敷に来た7年前にも、
すでに立派なおじいちゃんでした。
今では80歳はゆうに越えていると思います。

c0147790_15123194.jpg


去年までは一人で船を運航し、お金のやり取りをし、
お客の帰り時間を聞いて、ちびた鉛筆をなめなめ手帳に記録していたのですが、
今年からは、若者がひとり、ヘルプに入っていました。
お孫さんなのかなあ?
船を砂浜に乗り上げたりする力仕事を手伝ったり、お客の帰る時間を確認したりしてました。

c0147790_1516347.jpg


船底のガラスから海の中を見ながら、離れ島に向かいます。

c0147790_15171957.jpg


上陸して、ではさっそくスノーケリング!

c0147790_1519334.jpg


阿波連ビーチに比べると、透明度はばつぐんにいいです。
とはいっても、いつもほどではないけどね。

c0147790_15191574.jpg

c0147790_15202434.jpg


いつものお気に入りの魚を探したり、

c0147790_15224690.jpg


サンゴの美しさに見とれたり、

c0147790_152386.jpg


サンゴの植え付けも行われているようでした。


ちょっと沖の方にある、お気に入りの根に行ってみると、

c0147790_15235992.jpg


うわあ、なんだかすごいかたまりがいるよ。

c0147790_15241819.jpg


すごーい!

c0147790_15245292.jpg


キンメモドキの群れですね。
去年まではここにはこれはいなかったのに、すごいです。

c0147790_2193562.jpg

c0147790_2195983.jpg

c0147790_21102697.jpg


これは水深5mくらいの根です。
ダイバーも見に来ていました。

c0147790_21102726.jpg


ほかには、こんなのもいました。

c0147790_21112973.jpg


ウミヘビって、なんとなく気持ち悪いですよね。


ところで、海はきれいなのですが、沖の方に出ると、クラゲがたくさんいます。
これも今まで経験したことないのになあ。
普通の丸いクラゲのほかに、四角い小さいクラゲや、

c0147790_21125094.jpg


こんな透明なテープ状の、きわめて気持ち悪いやつもいます。
わたしも主人もたくさん刺されて、手足が赤いぼつぼつだらけになりました。
う〜ん、なんだか不快だわ。
by powderblueY | 2014-08-27 21:13 | 2014 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷2014-5

その後、部屋に戻って、泡盛飲みながら寝てしまったわたし。
夜中に不穏な空気で目が覚めました。


カーテンの向こうがぴかぴか光り、ものすごい音が聞こえています。
ごろごろごろがっしゃーーーーん!! と。
ここここれは・・・??と思って、おそるおそるカーテンを開けてみたら、
目の前の海に、何本もの稲光が落ち、豪雨でした。


う、海に雷って落ちるんだ〜。


酔っぱらっていたので、おおこわ、と思ってまた寝たのですが、
朝起きてみると、沖縄には大雨洪水警報が出ていました。


ああ、なんてこと。


7時半にレストランが開くのを待って、朝食に行ったんだけど、
すでに満席・・・。
外のテラスにひとつだけ空いていたテーブルで食べます。

c0147790_1449369.jpg


外は雨で、気分盛り下がりまくりです。

「こんな雨で、今日どうするよ?」
「う〜ん。まあ早くニライカナイに移動するだわね」


実は、とかしくマリンビレッジはこの1泊だけで、
2泊目からはニライカナイに移動します。
夕べ電話して、朝9時にお迎えにきてもらうことになってました。


荷物をまとめて、チェックアウト。
隣の売店では、

c0147790_14521414.jpg


ポークタマゴが売られてました。
これ、沖縄独特のおにぎりで、すっごくおいしいのよね。

c0147790_1452549.jpg


なんとか、雨はやんだかな。
でも厚い雲がたれ込めています。


予定通り9時に、ニライカナイのカズさんにお迎えにきてもらって、
阿波連地区に移動します。

「夕べの雷、すごかったですよねー」と言ったら、
「え? 何時頃ですか? 寝てましたね」

う〜、あの雷で起きないのってすごいわ。

c0147790_14554056.jpg


ニライカナイに到着。

c0147790_1456369.jpg

c0147790_14562999.jpg


ここでは、去年も一昨年もご一緒したなっちゃんのご家族と再会。お久しぶりです〜。
なっちゃんは今年3年生、妹のここちゃんは4歳の姉妹です。
去年、はな子はなっちゃんと女子会のように話をしたのが楽しかったらしく、
今年も一緒に遊びたい!と言ってました。


チェックインして、お部屋に案内してもらったのはいいのですが、
外はざんざん降り。
ちょっと海に出かけるような気分になれません・・・。
せっかく阿波連まで来たのに〜。


でもこれを逆手に取って(?)、ゆっくりと荷物をほどいて、
とかしくマリンビレッジではWiFiが入らなかったので、
iPadを出して1日分のニュースをチェックして、
ちょっとのんびりしました。
ニライカナイのお部屋は、去年までは電波が弱かったのですが、
今年は部屋の中にルーターが増設されていて、WiFi環境ばっちりでした。
テラスにパラソルもついてたし、便利な洗濯乾燥機も新しくなってました。
いたれりつくせりです。


そうだ、隣の新垣商店にオリオンビールを買いに行こう。
それに明日はダイビングの予約を入れてあるので、ついでにダイビングショップに顔を出しておこうね。


傘をさしてちょっと離れたところにあるSeaComeに出かけました。
お昼はショップの人もダイビングに出かけて、誰もいないかも〜とは思ったのですが、
案の定、さーやさんが「これから港に出かけるところです」と忙しく出て行かれたので、
また夜に来ることにしました。


新垣商店は、阿波連地区で過ごすなら1日1回は訪れる、なくてはならないお店です。
ビールや黒糖ピーナツを買い込んで、
今日はちょっと珍しいビールを見つけました。

c0147790_20174536.jpg


どちらもヘリオス酒造の、
ゴーヤドライと、シークワーサーホワイトエール。
沖縄限定かしら。
あとで飲みましたが、ゴーヤドライは後味がゴーヤの苦さでおいしいの。
シークワーサーの方は、最後にちょっとフルーティーな香りがして、いくらでも飲めそうでした。


道を歩きながら、ふと見ると、
雨が降るので、かたつむりが大量に出てきています。

c0147790_20202017.jpg


こういうコンクリート塀の上を無数にはってるの。
かたつむりって、コンクリートを食べて、殻を丈夫にするんですってね。

c0147790_2021779.jpg


いっぱいいる〜。

c0147790_20211078.jpg


こんなちっちゃいのも。


実は、家で今、かたつむりを飼っているので、連れて帰りたかったけど、
入れ物もないし、断念しました。
かたつむりって、部屋で飼ってもイヤな匂いもしないし、たまに葉っぱあげるだけでいいし、
だんだん大きくなっておもしろいし、鳴いてうるさいなんてこともないし、
何年か飼っていると、年輪のような模様が殻に出てきて、年齢がわかる(?)し、
おもしろいです。
そりゃまあ、なついたりはしないけどね。


さて、ようやく雨も上がったので、まだ空はどんよりとしていますが、
海に出かけることにしました。


水着に着替えて、阿波連ビーチまで行ってみると・・・

c0147790_2026253.jpg


うわっ、なんじゃこの茶色い海は!!

c0147790_20313131.jpg


ちなみにこれが去年の写真です。
海の色が全然違う〜〜!!


意を決してマスクとフィンをつけて海に入ってみたけれど、
まるで味噌汁の中に潜っている感じです。
遊泳許可区域の一番遠くまで行ってみたけど、

c0147790_20321131.jpg


かろうじてこんな感じです。
下手すると、自分のはいてるフィンも見えないくらい。

c0147790_2032402.jpg


どよーん。

c0147790_20335966.jpg


はな子はそれでも、喜んで味噌汁の中に浮かんでいましたが、
これじゃあねえ。名古屋港みたいな海の色だよ。


すると、先に海に来ていたなっちゃんのパパが、
「離れ島の方はずいぶんきれいだそうですよ」と教えてくれたので、
お昼ご飯を食べて、離れ島に渡ってみることにしました。
by powderblueY | 2014-08-26 20:36 | 2014 沖縄 | Comments(8)

渡嘉敷2014-4

c0147790_1142786.jpg


さて、それじゃあフロントに行って、鍵をもらってきましょう。

c0147790_11424723.jpg


写真がないのですが、お部屋は新館の洋室で、
ベッドが3つ並んでいました。
システムバスのほかに、入り口にシンクがひとつついてました。
テラスからは、

c0147790_11453052.jpg


海が見えます。もうだいぶ、日が傾いてきています。

c0147790_11461416.jpg


のんびりとした雰囲気。


シャワー浴びたり、水着を干したりして、
部屋でもWiFi可との表示があったので、iPadを出してみたけど、全然つながらず。
ロビーまで降りていってみたけど、全くつながらず。
仕方ないので、ショップでオリオンビールと泡盛買って、部屋で飲んだくれます。

c0147790_11483465.jpg


雲の向こうに夕日が沈んでいきます。


6時50分から夕食なので、レストランに行ってみました。
Buffetのみというのは知っていましたが、
なんと、席がない!
エアコンの効いた屋内の席は満席で、あとはお庭でどうぞ、という感じ。


ま、仕方ないね。

c0147790_11505516.jpg


外も涼しいからいいけどさ。
大学の学食みたいなトレイにお皿もいいけどさ。
ビールが飲めれば、なんでもいいけどさ。

c0147790_11522891.jpg


まあ、海も近いし。

c0147790_11524692.jpg


夕焼けで空も赤くなってきたし。

c0147790_1154934.jpg


ほぼ100%子供連れ。
それも未就学児がほとんど。
ときどき日本語じゃない言葉も聞こえます。

c0147790_11555150.jpg


お部屋も広くはないけど清潔だからいいけどさ。
でもこれで大人一人15000円越えはどうよ?

c0147790_11575033.jpg


でもこのプラスチックカップに入ったマグロのお刺身はおいしかったわ。
沖縄のマグロは、冷凍ではなく、沖縄で穫れて沖縄で消費する生マグロなんだって。
だからおいしいんですってよ。


20時になったので庭づたいに隣のペンションの方まで行ってみたら、
昼間お会いしたKeiさんご家族が花火してました。

c0147790_11593267.jpg


やっぱ夏は花火だね。

c0147790_1211786.jpg

c0147790_1213236.jpg


パパさんたちも。

Keiさんたちはもう渡嘉敷に1週間もいて、座間味島にも行ってみたそう。
数年前からケラマの渡嘉敷〜座間味〜阿嘉島を結ぶ内航船というのが運航されているのです。
また来年は、ニライカナイでお会いしましょうね。

c0147790_1245386.jpg


花火が終わるころには、遠くでごろごろと不穏な音が聞こえてました。
by powderblueY | 2014-08-25 12:04 | 2014 沖縄 | Comments(4)

渡嘉敷2014-3

13時35分に渡嘉敷港に到着。
港の前には、民宿やペンションからのお迎えの車がずらりと並んでいます。


いつもお世話になるニライカナイさんの車もあるわあ。
でも今日は違うの。
団体さんの予約でいっぱいで、ニライカナイがとれなかったの。
(なんと1年前の滞在の時にはすでに、今年のお盆は満室だったのよ)
それでもなんとか阿波連地区に泊まりたくて、今年の1月頃にいろんな民宿に電話かけまくりましたが、
どこもお盆は満室。
なななんで?? どうしてこんな早い時期から満室?? と思いましたが、
結局、旧盆道じゅねーという沖縄独特のお祭りが今年は8月13日だったのと、
お盆とが重なって、すごーく早い時期から予約が埋まっていたみたいです。


というわけで、今日は1泊だけ、とかしくマリンビレッジに泊まります。
これはいつもの阿波連地区ではなく、その手前のとかしくビーチに面した全50室あるホテル。
お迎えのバスも3台来ていました。


港を出発したバスは、細い山道をうねうねと登ります。
登りきったところで、とかしくビーチに降りる道に分かれるのですが、
そのあたりは絶景です。

c0147790_11475089.jpg


那覇を出る時には快晴だったのに、
だんだん曇ってきていますが、それでもこの海の色。

c0147790_11484113.jpg


水色の屋根が、とかしくマリンビレッジです。


14時にホテルに到着。
でもお部屋を使えるのは15時からとのこと。
チェックインの手続きだけして、泳ぐなら外に出たところにある更衣室で着替えて、
荷物はショップでお預かりします、とのこと。


曇り空からざざっと雨が降ってきたこともあり、気分が盛り下がりましたが、
ロビーにいてもすることがないので、着替えて海に行きます。

c0147790_11523831.jpg


フィンを借り、遊泳区域の説明を受けて。

c0147790_11532919.jpg


海に入ってみます。
冷たくはないわね。

c0147790_11535881.jpg

c0147790_11553178.jpg


とかしくビーチは、初めは白砂の遠浅のビーチで、なにもいません。

c0147790_11544533.jpg


沖に向かってかなーり泳いで、ようやくちらほらと魚が。

c0147790_11554047.jpg


これらの写真はPhotoshopでちょっといじってあります。
実際にはもっと白くてかすんだ感じ。
ここしばらく海が荒れていたので、透明度はよくありません。

c0147790_11562954.jpg


ムラサメモンガラ、いわゆるピカソフィッシュとか、

c0147790_1159267.jpg


50cmほどあるハマフエフキとか。
これ、お刺身にするととっても美味しいのよね。

c0147790_121818100.jpg


サンゴの中に見え隠れするデバスズメダイ。
とてもきれい。

c0147790_12325738.jpg


でもやっぱりちょっと濁ってますね。

c0147790_123466.jpg

c0147790_12342339.jpg


c0147790_12345357.jpg


クマノミくんもいたりします。

c0147790_12352961.jpg


こちらは、

c0147790_12352118.jpg


ノコギリダイですが、体調5cmくらいなので幼魚と思われます。

c0147790_12365690.jpg


c0147790_12362673.jpg


カスミアジが1匹だけいました。

c0147790_12394476.jpg


スズメダイはいっぱい群れています。

c0147790_1240210.jpg

c0147790_1240938.jpg

c0147790_12401848.jpg


かなり沖の方まで行くと、根がいくつかあり楽しめるのですが、
あまり沖の方までは行かないようにと指導されます。


このとかしくビーチはカメが住みついていることで有名で、
わたしとはな子も、カメ〜カメ〜と探しまわっていたのですが、見つけられず。
そのころ主人は・・・

c0147790_12524323.jpg


カメ見てるじゃん!

c0147790_12534594.jpg

c0147790_12535443.jpg

c0147790_1254294.jpg


うわっ、こんなに寄ってるし。

c0147790_136104.jpg

c0147790_1253388.jpg


いいなあ、カメ見たかったなあ。

c0147790_1254169.jpg

c0147790_1254911.jpg

c0147790_12541878.jpg


とかしくビーチでのスノーケリング、かなり沖まで泳がないといけないので、
泳力のある人向きですが、まあまあという感じかな。
カメが見れたら、テンション上がると思います。

c0147790_12555550.jpg


16時になったので終了してビーチに上がり、ホテルに戻ろうとしていると、
声をかけられました。
去年も一昨年もニライカナイでご一緒したKeiさんご一家でした!
この時期に渡嘉敷にいらっしゃってることは知っていたのですが、
こんなところでお会いするとはびっくり。
とかしくマリンビレッジの隣のペンションに泊まってらっしゃるそうで、
今晩、花火をするのでご一緒にどうぞ、と誘われました。
1年生になったKすけくん、相変わらず元気です。

c0147790_1302163.jpg


お天気微妙だけど。
by powderblueY | 2014-08-24 13:01 | 2014 沖縄 | Comments(0)

渡嘉敷2014-2

c0147790_23542573.jpg


守礼門から歩いて5分ほどのところにある沖縄そば屋さん「ほりかわ」です。
狭い路地裏を歩いて行くので、本当にこんなところにそば屋さんが・・・?と思うのですが、
案内の看板も出ていて、迷うことはありません。

c0147790_23544891.jpg


入り口。
そば屋というよりは、カフェみたいですね。

c0147790_23563524.jpg


中もこんな感じで、カフェ風なの。

c0147790_23573685.jpg


外のテラスにもおしゃれな席があったり、

c0147790_23581286.jpg


こんなおしゃれなやちむんが置いてあったり。

c0147790_23581769.jpg


ほっこり落ち着ける雰囲気です。


おそばが運ばれてきました。

c0147790_002835.jpg


わたしは、ほりかわそばのセット。

c0147790_034698.jpg

c0147790_015387.jpg


紅芋おにぎりや、もずく、あおさの天ぷらや、海草をごま油で炒め煮したものなど、
家庭料理って感じで、とってもおいしい。
おそばはお上品なあじわいです。

c0147790_031320.jpg


主人のはソーキそば。
普通はおそばの上にソーキが乗っているんだけど、
ここのは別添えにしてありますね。


これを乗せて、

c0147790_045383.jpg


完成。


ほかにもシークワーサージュースがついてきたり、
ジーマーミ豆腐がついてきたり、
お得な感じでした。
那覇到着すぐから、どっぷり沖縄です。


そういえばウン十年前に初めて沖縄に来た時には、
シークワーサージュースも、うすくて酸っぱいだけで、全然おいしくないって思ったし、
沖縄そばも、うどんとラーメンの中間みたいで、おいしくないって思ったんだった。
それが今ではどちらも大好きよ。


「ほりかわ」、ほっこりカフェ風のたたずまいでしたが、
おそばの全国発送も行っているそうです。
おいしかったです。


さて、12時になったのでタクシーを拾って泊港へ行きます。
首里城から泊港までは15分くらい。

c0147790_0105058.jpg


これは同じケラマ諸島の座間味島へ行くクイーン座間味ね。

c0147790_0102537.jpg


そしてこちらが渡嘉敷へ行くマリンライナーです。

空は青く、気分が盛り上がります。

c0147790_0115846.jpg


この泊港大橋の下をくぐって、船が出て行くのです。

c0147790_0123699.jpg


12時半から乗船開始。

c0147790_013028.jpg


いよいよ渡嘉敷へ。うれしいです。


ところでこの日は金曜日でしたが、
この週の初めまでは台風がいて、沖縄地方は大荒れでした。
台風が行ってしまった後も、毎日天候が悪く、海は荒れていたの。

c0147790_0152441.jpg


マリンライナーも、まだ停泊している時から、けっこう揺れてました。
出航したら、もちろんもっと揺れました。
主人は船酔いするので、先にお酒に酔っておこうという作戦です。


わたしとはな子は乗り物酔いしません。
マリンライナーがスピードを出し始めると、大きなうねりに乗り上げてはひゅーっと落ちる感覚に、
同乗していた高校生の男子たちが大騒ぎ。
まるでオリの中のサルのようにはしゃぎ出して、
ジェットコースター感覚を楽しんでました。
中には青くなっている子もいたけどね。


35分で渡嘉敷に到着です。
by powderblueY | 2014-08-22 23:59 | 2014 沖縄 | Comments(2)

渡嘉敷2014-1

c0147790_1319359.jpg


それでは先日行った、毎年恒例の渡嘉敷への旅行の記録を残しておきます。


今回は名古屋ー那覇はJAL (JTA)を利用しました。
いつもはANAなんだけど、帰りの便がJALの方が便利な時間だったので。
そしていつもはお盆の時期の航空券の発売開始はGW(4月末)なのに、
今年は早くて、1月末には発売されてました。


初めは家族4人で行くつもりで4席確保してあったのですが、
ジロが例によって「部活があるから行かない」と言い出し、
結局3人での旅行になりました。


ジロは中2。バスケをやっています。
お盆前の大会で負けて3年生が引退し、いよいよ自分たちが最高学年になったので、
今まで一度も出してもらったことのない試合にも、ようやく出られるかも。
そんな時期に、家族旅行になんて行ってられるかい! という彼の気持ちも、
わかる気はします。


さて、出発の朝は早くて7時40分の便。
家を出たのは5時半です。
セントレアの駐車場は、数日前からHP上では全部満車になっており、
遠い臨時駐車場に行く必要があるかもしれないので、
早く家を出ましたが、
行ってみると、なんてことはなく、一番便利な区画がたくさん空いてました。

c0147790_15019100.jpg


セントレアで買う名古屋のお土産は、「窯出しチーズケーキ」っていうのが
おいしいんですよー。
でも1週間ほど前にテレビで放映されたせいか、売り切れでした。


定刻に離陸し、定刻に着陸です。

c0147790_152598.jpg


那覇空港のロビーには、熱帯魚のたくさん泳いでいる水槽があります。
いつもこれを見るのが楽しみです。


さて、朝9時45分に那覇に着いてしまったわたしたち、
渡嘉敷に渡るマリンライナーが那覇泊港を出発するのは13時です。
時間がたっぷりあるので、タクシーで首里城に行ってみることにしました。
初めてです。

c0147790_21194197.jpg


はい、これが有名な守礼門ですね。
二千円札の絵柄になっています。
「守禮之邦」という額が掲げられています。
これは、琉球国は礼節を守る国である、という意味が込められているそうです。
江戸末期にペリーが沖縄にも来た、ってご存知でしたか?
わたしは今回ここを訪れるまで、全然知りませんでした。
ペリーは、太平洋航路の補給地として沖縄を利用したかったので、
あれやこれや圧力をかけてきたのですが、
琉球政府はのらりくらりとこれをかわし、
ペリーが首里城を訪れた時には、この「守禮之邦」という額をはずし、
「中山府」という額に取り替えたそうです。
そっちが礼節を守らないなら、こちらも守らないぞ、という決意の表れだったと言われています。


ところでこの日は曇りだったのですが、大変蒸し暑く、
外を歩いていると汗が噴き出してきました。


c0147790_21331681.jpg


石畳の道が美しいです。

c0147790_21342335.jpg


いくつかの門を過ぎ、上がって行くと、

c0147790_21344596.jpg


那覇の町並みの向こうに、海が見えます。

c0147790_21353085.jpg


ここから中の首里城正殿に入る時だけ、入場料が必要です。

c0147790_21381025.jpg


色使いが中国チック。
台湾で泊まった圓山大飯店を思い出します。

c0147790_21405250.jpg


高台から見える景色はとっても美しいです。
この趣のある建物は、沖縄県立芸術大学ですって。
おしゃれですね〜。


中の見学はささっとすませ、
守礼門を振り返って。

c0147790_21423075.jpg


これからお昼を食べに行きます。
下調べしておいた、おいしい沖縄そば屋さんが近くにあるのよ。
by powderblueY | 2014-08-21 21:42 | 2014 沖縄 | Comments(0)