<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

奥志賀高原スキー 2018-2

c0147790_23532606.jpg

それではお部屋の様子を。
今回は夫婦二人だけなので、デラックスツインというお部屋です。
グランフェニックスのお部屋は、広さだけはやたら広いです。
ちょっと昔の山小屋風なつくりで、決してスタイリッシュではありませんが、
温かみのあるインテリアです。

c0147790_23532925.jpg

引き出しもいっぱいあるし、

c0147790_23533052.jpg

クローゼットも広くて、子供と一緒に来ても、荷物はすっきり収まります。

c0147790_23532685.jpg

エキストラベッドを入れるなら、きっとこのスペースだと思われます。
4人まで滞在可。

c0147790_23532908.jpg

c0147790_23533089.jpg

洗面台やお風呂はクラシックですが、
このホテルには大浴場がある(非温泉)ので部屋のバスは使ったことがありません。

c0147790_23533407.jpg

去年はなぜか窓が開いていて、朝になったらカーペットの上に雪が降り積もっていたので、
今年は窓が閉まっていることを真っ先に確認しました(笑)
テラスの温度を表示する温度計が部屋の中についていて、マイナス8度でした。
寒いけど、奥志賀にしてみれば暖かいと言ってもいいくらいの温度です(ほんまかいな)


by powderblueY | 2018-02-28 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

奥志賀高原スキー 2018-1

1月下旬に行ってきた奥志賀高原の様子をさくっとご報告します。


奥志賀で泊まるホテルグランフェニックスは、スキーシーズンの週末の予約をとるのは極めて困難!
売り出し日の9月1日の朝9時に電話をしても、3月末までの週末は全部満室です、と言われます。
予約をとるには、夏に一度宿泊する必要があるのです。
だから冬に泊まった時に夏の予約をとり、夏に泊まったときに冬の予約をとり、というのを
ミナオちゃん一家と交代で、ここ数年繰り返しています。
そこまでして泊まる価値があるか? と言われると、正直う〜んと思うのですが、
ほかに奥志賀に泊まりたい宿がないんだから仕方ない。
さらに年末年始や三連休は「創業以来ずっとご贔屓にしていただいてるお客様」でないと予約できません。
そう聞くと、なんかちょっとあほらし、と思ってしまうのですが。


ともかく、今回の奥志賀は、ミナオちゃん一家と一緒に行ける今シーズン唯一のスキーなので、
とても楽しみにしていました。


仕事のあと出発して、名古屋から4時間で着きましたが、
いつもと違って、志賀高原道路に雪がない!
例年なら中野市内からもう手に汗握り、
上林から先は怖ろしくて泣きながら運転するのですが、
今年は道路もアスファルトが見えていてドライ。
1つ目のトンネルまでは楽々な運転でした。ありがたいことです。
そこから先、奥志賀まではさすがに雪道でしたが。


まだレストランが営業している時間帯だったので、
ディナーをいただきます。
グランフェニックスにはイタリアン、和食、中華の3つのレストランがありますが、
中華でお願いしました。
スキーに来て中華ってちょっと珍しいでしょ。

c0147790_23532064.jpg

志賀高原に来たら、やっぱり志賀高原ビールです。

c0147790_23532100.jpg

ぴりっと辛いザーサイでビールも進みます。

c0147790_23532136.jpg

前菜盛り合わせ。
クラゲやチャーシュー。

c0147790_23532113.jpg

ソフトシェルクラブ。

c0147790_23532570.jpg

そして春巻き。おいしかったわ。

c0147790_23532559.jpg

窓の外は雪景色。
道路には雪はないけれど、ゲレンデにはしっかり雪があります。
これって理想的よね。



by powderblueY | 2018-02-27 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

今したいこと

オリンピックに出るようなアスリートは、
毎日ストイックに厳しい練習に耐えて耐えて、
それでもメダルに手の届かない人がほとんどなわけだけど。


でも見事に金メダルに輝いたアスリートに

「今、なにがしたいですか」

ってインタビューすると、

「明日から練習したいです」

って答えるのは、やっぱりすごいと思うなー。


だって何年もこの金メダルだけを目指して
つらく厳しい練習に耐えてきたわけでしょ。
肉体的なつらさだけじゃない。
ライバルとの葛藤や、怪我の不安や、生活の不安だってあるかもしれない。
これを続けてて、いつかは芽が出るんだろうか、とか、将来はどうなるんだろうか、とか
思い悩み始めたらきりがない。


そんな日々を乗り越えて、やっと金メダルをつかんで、
それで「明日から練習したい」って
どんだけストイックなんでしょ。


たまには

「競技のことは忘れて、南の島でのんびりしたい」とか

「体重管理を気にせずスイーツビュッフェに行きたい」とか

「彼氏といちゃいちゃしたい」とか

「モルディブの水コテのテラスで、ビキニで寝っころがってシャンパン飲みたい」

とか言う人がいてもいいのにねー。


まあそんなこと考える人は、到底メダリストにはなれないんでしょうけど。




by powderblueY | 2018-02-26 23:54 | 日常 | Comments(0)

赤倉 いいお天気

c0147790_07323498.jpg

今日は1日中 雪の予報だったので、
スキーはそこそこにして早めに帰ろうかなんて思っていたのですが、
起きてみたら快晴!
ゲレンデを圧雪車が走り回っています。



by powderblueY | 2018-02-25 07:37 | 国内旅行 | Comments(0)

赤倉にて

c0147790_07323354.jpg

この右側のデイベッドが快適すぎて、
スキーは早々に引き上げ、午後はこの上でごろごろと過ごしてしまいました。




by powderblueY | 2018-02-24 23:59 | 国内旅行 | Comments(0)

赤倉スキー

c0147790_23481895.jpg

今シーズン最後のスキーで赤倉に来ています。


赤倉観光ホテル PREMIUM棟のお部屋。
とっても素敵です。



by powderblueY | 2018-02-23 23:49 | 日常 | Comments(0)

八方スキー2018 ラネージュ東館 -9

朝起きて窓から外を見ると、予報どおりの雪。
今日はもう滑ることは半分あきらめて、
(昨日あんなにいいお天気だったんだから、仕方ないよね)
ゆっくり朝ごはんへ。

c0147790_14130036.jpg

c0147790_14130087.jpg

わたしはお粥にしてみました。
この日は五穀米のお粥だったかな。おいしいです。

c0147790_14130057.jpg

そして卵料理は、そば粉のガレット。
白馬村ではガレットを名物にしようと、
レストランやホテルでオリジナルのガレットを提供しています。


荷物をまとめてチェックアウトして、
また国際ゲレンデから上へ上がります。

c0147790_14130091.jpg


昨日の快晴とは打って変わって、絶え間なく雪が降っています。
まるで墨絵みたいでしょ。
坐忘林に飾ってあった絵みたいだわ。


さて、ここ数年の八方での過ごし方として、
最終日のお昼はレストランピラールでいただきます。
うさぎ平の一番上、アルペンクワッドリフトを降りたところにレストランがあります。
標高1680mだそうです。
席数が少ないので、予約必須。
わたしは今回12月中旬に電話で予約したのですが、もう希望の時間はいっぱいで、
11時半か13時半と言われ、
13時半でお願いしてありました。


だけど、このお天気でしょ。
絶対にキャンセルが出てるにちがいないと思い、
11時半くらいに電話してみたら、「12時にお越しください」と言われました。ラッキーでした。


ピラールに行くためには、うさぎ平の上に架かるアルペンクワッドに乗らなきゃいけません。
降り続く雪の中、こぶこぶのうさぎ平の上を震えながらリフトに乗るのは
なにかの罰ゲームのよう。

c0147790_14130357.jpg

ピラールの窓から。
3回に1回くらいは素晴らしいお天気で、遠くの山々まで見えて、最高の眺望なのですが、
今日はどんより。これは黒菱ゲレンデの方を見ています。


でもここのイタリアンはおいしくて、

c0147790_14130325.jpg

前菜は5種から選び、わたしは生ハム、

c0147790_14130312.jpg

主人はトリッパ(モツのトマト煮込み)。

c0147790_14130712.jpg

パンもおいしいです。オリーブオイルでいただきます。

c0147790_14130798.jpg

パスタは3種から選び、アーリオオーリオにしました。

さらにお魚か肉が来るコースもあるんだけど、
さっき朝ごはん食べたばかりであまりお腹が空いてないので、ここまでの軽いコースにしました。


c0147790_14130812.jpg

デザート。ティラミスがおいしい。


八方尾根スキー場の中でも、うさぎ平の上といえば、本当に寒くて風も強くて、厳しい自然条件のところなんですが、
ここでこんなお料理をいただけることに、毎回感動します。
 

お食事のあとはひたすら下山し、ラネージュに帰り、着替えて無事に帰宅しました。


いつもどおりの楽しいスキーでした。
来年は子供たちが二人とも受験生なので、ラネージュには来られるかどうかわかりませんが、
再来年はまた必ず行くわ。



by powderblueY | 2018-02-22 14:34 | 国内旅行 | Comments(0)

そろそろ本格始動しなくっちゃ!

少しずつ日も長くなって、温かい日と寒い日が交互に訪れるこの季節。


この季節になると本格始動しなくちゃいけないのが、
そうです、毎年恒例のあれです。


モルディブに向けたダイエットーーーー!!


またその話題か、どうせ大して効果もないのに、とみなさん思われるでしょうが、
去年の夏あたりから体重が劇的に増えてしまったこともあり、
今回は背水の陣で臨まなければ、水着が着れないのであります。


特に冬は、平日は甘いものも我慢して、アルコールも飲まず、月火水木と少しずつ減っていくのですが、
週末にはスキーに出かけて美味しいものをたくさん食べ、
うんと体重が増えて帰ってくる、というのの繰り返し。


これではいかん! と
モルディブまで1ヶ月半となった2月中旬から、筋トレを開始しました。


今回は、ジロが妙に熱心にパーソナルトレーナーとなってくれて、

「腹筋30回、スクワット30回、体幹トレーニング4種、これを毎日3クール」

と計画を立ててくれたり、

「有酸素運動と無酸素運動を繰り返すといいらしいよ。この記事読んでみてよ」

とLINEにまとめサイトみたいのを送ってきてくれたり、

「スクワットはね、腰を落とした時に太ももが開いちゃダメ、平行になるように。
 それにそんなに上半身を前に倒しちゃダメ」

と姿勢を直してくれたり、

「お母さん、足には結構いい筋肉ついてるけど、
 背中から腕にかけてのそのはみ出した肉はどうにかならないの?
 腹のぶよぶよは言うに及ばず」

と痛い指摘をしてくれたり、
まあ熱心につきあってくれるんですわ。


わたしもありがたいアドバイスを謙虚に受けとめ、
3月下旬にはぴっかぴかのナイスバディになれるように、遠い道のりながら頑張っています。
なによりジロがこんなにつきあってくれるんだから頑張らなくっちゃ。


しかし、昨日ふっと気づきました。
どうして今回ジロがこんなに熱心にわたしの筋トレにつきあってくれてるんだろう。


それは・・・
そ、それは・・・

自分が期末試験前で勉強部屋に行きたくないからだ!!


こらーー!! お母さんのことはいいから、
勉強しなさい!!




by powderblueY | 2018-02-21 11:59 | 日常 | Comments(16)

八方スキー2018 ラネージュ東館 -8

c0147790_14270808.jpg

咲花ゲレンデに降り、林間の道を滑って帰って来ました。

c0147790_14270893.jpg

c0147790_14270836.jpg

ただいまー。
自分の家に帰って来たかのように感じます。

c0147790_14270885.jpg

c0147790_14271353.jpg

c0147790_14271350.jpg

c0147790_14271488.jpg

お部屋もきれいになってるし、ジャグジーであたたまって、
暮れゆく和田野の森を眺めながらシャンパンを開けて、
だらだらと過ごします。

c0147790_14271473.jpg

ディナーは19時から。

c0147790_14271622.jpg

c0147790_14271793.jpg

今日はなにをいただけるのかな。

c0147790_14271737.jpg

まずはアミューズが出てきました。

c0147790_14271706.jpg

わたしの前菜は、北陸産ズワイガニ、雲丹、信州産茸と共にキッシュ仕立て、サラダ添え

c0147790_14272172.jpg

主人のは、信州サーモン、自家燻製にしてクスクスと共にタルタル風、サラダ添え、ラムラードソース

c0147790_14272193.jpg

続いてお魚。白馬大王岩魚。香ばしくオーブン焼きにして八ヶ岳ヨーグルトのソースで

c0147790_14272133.jpg

お肉は、主人は小谷野豚肉。厚切りにしたロース肉をオーブンでロゼ色にロースト、シャルキュトリ風ソース

c0147790_14272510.jpg

わたしは、国産牛頬肉、バラ肉と共に赤ワインで柔らかく煮込んで

c0147790_14272505.jpg

お口直しのイチゴの小さなスープ

c0147790_14272547.jpg

そしてデザート。信州産柿 タルト仕立て、ショコラのソース、カルダモンの香りを添えて


はい、今日もお腹いっぱいです。
シャンパンとか赤とか白とか、いっぱい飲みました。

c0147790_14273127.jpg

食後は誰もいないロビーでちょっとくつろいで。

c0147790_14273110.jpg

c0147790_14273141.jpg

c0147790_14273290.jpg

昔、ドラマの撮影にも使われたことのあるロビー、とっても素敵です。



by powderblueY | 2018-02-20 14:41 | 国内旅行 | Comments(0)

羽生くんの言葉

オリンピックの日本人選手の活躍、毎日胸を熱くしながら見ています。


羽生くんがショートプログラムを終えて、トップに立った時の言葉には驚かされました。


「とにかくやるべきことはやってきましたし、

 2カ月間滑れなかった間も、とにかく努力をし続けました。

 その努力をしっかり、結果として出したい」



ねーねー、人前で「自分は努力をし続けました」なんて、言える?

少なくともわたしは、仕事にしても勉強にしても、そんなこと恥ずかしくて言えないわ。

胸張って、自分になにも恥じることなく「努力してきました」って言えるなんて、

一体どれだけ努力したんだろう、って思っちゃう。

4月から受験生になるうちの子供たちにも、

そんな言葉が言えるくらい頑張ってほしいものだわ。

まあ、羽生くんの努力に追いつけ、なんて絶対に無理だろうけど、

自分に恥ずかしくない程度には頑張ってちょうだいよ。

こら、スマホゲームをしてニヤニヤしてるジロ、君のことだよ。





by powderblueY | 2018-02-19 23:30 | 日常 | Comments(0)