<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -29 スパ

スノーケリングから上がって、部屋でさっとシャワーを浴び、
スパへ走って行きました。
とはいえ、そういう行動は本当はあまりおすすめできません。
スパへは時間に余裕をもって、特に初回は20分くらい前には着いていた方がよいようです。

c0147790_23160641.jpg

スパの入り口にはこのさわやかな水色の門があり、
これをくぐって中に入ると、受付の建物があります。


ミライドゥのスパはとても人気なのですが、
この日もとても混んでいて、
受付にはわたしを含めて3組5人のゲストがいました。
わたし以外はヨーロピアンのカップルでした。


c0147790_23160633.jpg

受付に座るとすぐに、冷たいおしぼりとジュースが出てきました。
このジュースはマンゴーとパパイヤ、ジンジャーのミックスでした。

c0147790_23160612.jpg
光が差し込む待合室。
ここにいるだけで癒やされるわ。
初回なので質問票を渡され、アレルギーがないかとか、触ってほしくないところはないかとか、
そういうのを書き込みます。
そしてMiriniさんというセラピストさんに案内されて、水上のトリートメントルームへ行きました。
この人がシャルマさんの後任の新しいセラピストさんのようです。


お部屋に入ってすぐに着替えの部屋があり、バスローブに着替えます。
ここで再度、あれが出てきました。

c0147790_23313602.jpg
去年も衝撃を受けたんだけど、今年も十分に衝撃的でした!
だってねえ、これ、後ろ姿は、
c0147790_23330426.jpg

こんなふうですよ。(写真は楽天市場からいただきました。楽天で売られてるってのも衝撃だわ)


だけど、このあとも数回スパに行ったのですが、
2回目以降は着替えの部屋に、このふんどしタイプと、普通のパンティタイプと、両方が用意されていて、
好きな方を使えばいいようになってました。
だから安心してくださいね。
わたしは2回目以降も、もちろんふんどしタイプを使いましたよ。
(って嘘だよ!)


さて、トリートメントですが、
バスローブを羽織って、着替えの部屋から出ると、テラスに案内されて、そこで足を洗ってもらいます。
目の前には青い海。
とても気持ちのよい瞬間です。


それが終わると室内に案内されて、ベッドにうつ伏せになり、マッサージが始まります。
この日はJet lag massageをお願いしてありました。


Miriniさんのマッサージは力強く、シャルマさんに似たタイプでとても上手でした。
後半、あおむけになってうとうとして、頭のマッサージもしてくれてるなーと感じていたのですが、
60分終了し、着替えの部屋に戻って鏡を見たらびっくり!
髪を編み込みにしてくれて、白いジャスミンの花を飾ってくれていたのです。
Miriniさんはとっても器用な方のようで、ほんの1分ほどで素敵な編み込みにしてくれていました。
ありがとう!


受付で、次の予約を入れて帰りました。





by powderblueY | 2018-05-11 23:59 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -28 ハウスリーフでスノーケリング

テラスでランチを食べ終わったら、もう14時半過ぎでした。
わたしはこのあと、16時にスパの予約があります。
(日本から入れてもらいました)
スパの時間までのんびりしていればいいのですが、
ついついいつもの習性で
「ちょっとスノーケリングでも行かない?」
と主人を誘ってしまいました。


そう、主婦の皆さん、朝起きて出勤するまでの時間って
一瞬たりとも暇な時間なんてなく、なにかしら動いていませんか?
お弁当を作る、洗濯物をたたむ、朝食をつくる、夕べ干した傘をたたむ、台所の汚れをささっと拭き取る、観葉植物に水をやる、
ゴミをまとめて出す、たたんだ洗濯物をクローゼットにしまう、麦茶を作る、などなど
じっとすることなく、なにかしら仕事を見つけてこなしてくでしょ。
モルディブに来てもそれと同じ。
貧乏性なので、一瞬もじっとしていることができないのです。
ほんのちょっとの時間を見つけては、三点セットとカメラを持って、
スノーケリングに出かけてしまいました。

c0147790_01100437.jpg

強い日差しであっちっちになっているジェッティを飛ぶように歩きます。
そうだ、フィンソックス持ってきたんだった。次からはあれを活用しよう。
このジェッティの足と足の間には、波消しのための小さなブロックが置いてあるのですが、
今は水面下に没して、全然見えなくなっています。
ということは今は満潮だね。
よし、ドロップオフにも出やすいはず。


スパの横のビーチからエントリーしました。
ところが沖合からこちらに向かっての流れがとても強くて、
フィンキックしてもなかなか進みません。
ミチさんの作ってくれたパッセージめがけて、一生懸命泳ぐのですが、
全然進みません。
めちゃめちゃ疲れて、なんとかドロップオフに到着しました。


振り返ると、主人の姿は見えません。
多分、はるか後ろにいるのでしょう。


c0147790_01100567.jpg

岩と保護色になってますが、フグくんがいます。

c0147790_01100869.jpg

ドロップオフにはたくさん魚がいました。

c0147790_01100858.jpg

ノコギリダイや、

c0147790_01100587.jpg
オヤビッチャ、ブラックピラミッド。

c0147790_01100861.jpg

ムレハタタテダイも。

c0147790_01101473.jpg

c0147790_01101453.jpg

魚に夢中になっていましたが、
そういえば主人はどこに行っただろう? とキョロキョロしていたら、
前方に、水面に突き出すスノーケルの影が見えたので、あれかと思い、
泳いで近づいたら、違う人でした。
完全にはぐれちゃったわ。

c0147790_01100968.jpg

c0147790_01101509.jpg

と、リーフの中に、大きな影が。
一瞬のことでうまくピントが合わなかったのですが、
バラクーダじゃないかな?と思うのですが。
バラクーダって、こんなハウスリーフをうろうろしたりするのかな?

c0147790_01101511.jpg

オネエ系のマダラタルミや、

c0147790_01102034.jpg
c0147790_01102038.jpg

水面近くにはダツもたくさん。

c0147790_01102093.jpg

c0147790_01102060.jpg

タテジマキンチャクダイ。とてもきれい。

c0147790_01102427.jpg

浅瀬にコバンアジ。


ふと時計を見ると、もう15時40分だったので、
上がってスパに行かなくちゃ!
あわててビーチに上陸し、ジェッティを歩いて部屋に帰り、さっさとシャワーを浴びて、スパに走って行きました。
結局、主人はどこにいるのかわかりませんでしたが、
あとで聞いたら、なんとかドロップオフまで出て、
わたしと反対方向に流していたそうです。



by powderblueY | 2018-05-10 23:59 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -27 お部屋でランチ

このシャルマさんの一件から、
旅においては、なんでも「あとで◯◯しよう」とか「あとで買いに行こう」とか「あとで見に行ってみよう」とか
「あとで飛行機予約しよう」とか「あとでヨーロッパ行ってみよう」とか
そういうのは厳禁だと思い知りました。
旅は一期一会なのであります。
そう、なにごとも、思い立ったそのときにやらなくちゃ!
これから一生、そのモットーで生きていくわ。


さて、暑いジェッティを歩いて部屋に帰ると、
ひんやりと冷えたお部屋の中で、主人はのんびりしていました。

c0147790_14312950.jpg

お部屋もきれいにお掃除が終わっています。

c0147790_14311477.jpg

外のテラスは日がよく当たって暑そうです。

c0147790_14311808.jpg

テラスのプールで塩抜きをしたり、
オンドーリに寝ころがって本を読んだり、
モルディブならではの時間がゆっくりと過ぎていきます。

c0147790_14311963.jpg

このお部屋の景色、正面はランダーギラーヴァル。


c0147790_14313021.jpg

1時半になり、そろそろランチを食べなくちゃね。
でも朝ごはんをお腹いっぱいいただいたので、まだあまりお腹が空きません。
じゃあ部屋に置いてあるフルーツをむいてみましょうか。


ミライドゥではお部屋に豊富なフルーツが届けられ、
毎日新しいものに交換されます。

c0147790_14311828.jpg

今日のはバナナとパッションフルーツ、それにネクタリン。
バナナがねっとりと甘くておいしいわ。

c0147790_14311849.jpg

それに出発前にお友達からいただいたあられをおともに、
ビールがおいしいわ。


食べ終わったら、スノーケリングでも行ってみましょうか。




by powderblueY | 2018-05-09 23:59 | 2018 Maldives | Comments(4)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -26 ダイビング1本目 Yellow Wall-2

c0147790_13525639.jpg

ダイビング続きます。
キハヴァーのハウスリーフは、ドロップオフがすとーんと垂直な壁になっていて、
そのあちこちにオーバーハングがあります。
c0147790_13530023.jpg

外を流れていくハナタカサゴ。
この魚、色もきれいだし、大好きな魚なんですけど、
こうして青い海の中で写真を撮ると、コントラストが悪くてピントが合いにくく、
あまりきれいに撮れません。

c0147790_13530510.jpg

c0147790_13530537.jpg

ムスジの幼魚がいました。
派手な模様ですね。
幼魚は外敵から目立たないようにしなきゃいけないのに、かえって目立ってるじゃん。

c0147790_13530614.jpg

指そっくりなソフトコーラル。
今にも動き出しそう。

c0147790_13530624.jpg

c0147790_13531054.jpg

青く光るカスミアジ。

c0147790_13531186.jpg
口をぱくぱくさせてるウツボ。
外国人ダイバーには大人気だけど、
わたしは好きじゃなくて、全然かわいくない、とか思ってました。
でも最近、写真を撮るためにじーっと見てると、
意外と目もつぶらだし、体の横の大きな穴(エラ?)がぱくぱくするのもおもしろいし、
ときどき岩かげから出てきて、全身さらして泳いでいたりするし、
おもしろいやつ、と思えてきました。


c0147790_13531115.jpg

これは何かの卵みたいに見えるけど、ただのソフトコーラルだそうです。

c0147790_13532116.jpg

c0147790_13532620.jpg

外洋側を流れていくカスミアジ。

c0147790_13532520.jpg

ムスジコショウダイ。なんだか普通のやつより縞の数が多いような気がして写真撮ったんですけど、
そんなことないですか?

c0147790_13532182.jpg

ダイビングも終盤に近づき、だんだん浅いところに上がってきてみると、
キハヴァーのハウスリーフの充実ぶりが感じられます。

c0147790_13532528.jpg

ムレハタタテダイが群れている様子は、本当にきれい。
ときどき全員同じように向きを変えたりします。

c0147790_13532580.jpg
c0147790_13531546.jpg

c0147790_13531149.jpg

c0147790_13525680.jpg

c0147790_13525699.jpg
c0147790_13532135.jpg

これは毎日スノーケリングしても、きっと楽しいにちがいない!と思わせられるハウスリーフでした。


5m3分の安全停止ののち、浮上してボートを待ちます。

c0147790_13533064.jpg
上がると、オレンジジュースと

c0147790_13533016.jpg

フルーツが出てきます。


ここのハウスリーフ、なかなかいいですね、なんて話していたら、
ミチさんが

「そういえば、シャルマは11時半の水上飛行機に変わりました」

って言うので、びっくり!
ミライドゥのスパのシャルマさんは、今日の午後5時半の国内線でミライドゥを離れると聞いていて、
じゃあ夕方お見送りに行こうと思っていたのですが、
11時半ですか! って、もうすぐじゃん。

なんでも、国内線の予定だったけど、シャルマさんが一度も水上飛行機に乗ったことがないので、
最後に乗ってみたい、と変更したんだとか。
ああ、そんなことなら昨日のうちに会いに行っておけばよかった。


ボートはミライドゥを目指して走り、
ちょうどミライドゥの沖合まで帰ってきたとき、
いかだに係留してある水上飛行機に向けて、ミライドゥからボートがやってきました。

「あれに乗ってますね」

ボートからシャルマさんとご主人のクマールさん(ヨガの先生)がいかだに降りてきました。
ダイビングボートも近づいてくれて、
ミチさんと二人で、
「シャルマさーーん!!」
と声を限りに呼んだけど、海の上だし、聞こえないみたい。
そのまままっすぐに水上飛行機に乗って行ってしまいました。


最後に言葉を交わすことができなくてとっても残念だったけど、
いつかまたどこかで会えるかも。
そのときはそのゴッドハンドで、また癒やしてくださいね。



by powderblueY | 2018-05-08 23:59 | 2018 Maldives | Comments(2)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -25 ダイビング1本目 Yellow Wall-1

9時半からダイビングに出かけました。
この日はほかに誰もいなくて、プライベートダイビングでした。とっても贅沢!


ミチさんと日本語で話せるのがうれしいわ。
ダイビング前のブリーフィングも、ゆっくり話してくれれば英語でも理解できるけど、
やっぱり日本語の方が安心できますよね。
今日はミライドゥからボートで20分ほどの「アナンタラ・キハヴァー」のハウスリーフで潜るそうです。
キハヴァーはとてもハウスリーフのよい島だと聞いていたので、うれしいです。
サイトの名前は「Yellow Wall」といって、黄色いソフトコーラルが壁にびっしり生えているんだそう。


c0147790_23261036.jpg

キハヴァーが見えてきました。
あの三角の屋根はスパかな?

c0147790_23261086.jpg

どうやらそうですね。
両脇にトリートメントルームが6室くらいありそう。

c0147790_23261121.jpg

あの白いテントはなにかしら?

c0147790_23261681.jpg

うーん、なんだろう?
と興味津々で見ているうちに、ボートは停止し、準備をしてエントリーしました。
わたしはいつも1本目は耳の抜けが悪いので、どきどきしながら潜行を開始しましたが、
すぐにムレハタタテダイやブラックピラミッドの群れに取り囲まれました。


写真撮りたいけど、まだ耳も抜けてないし、鼻つまんでフン!に忙しくて、カメラをさわる余裕がありません。
でも噂どおり、キハヴァーのハウスリーフはすごいわ。


ゆっくりと20mくらいまで潜りました。

c0147790_23262258.jpg

ムスジコショウダイの群れ。

c0147790_23263536.jpg

これはなんていう魚でしょ?

c0147790_23274289.jpg
ヒメフエダイが群れています。

c0147790_23274273.jpg

かわいいフグ。

c0147790_23274308.jpg

このソフトコーラルは、黒に見えますが、近づいてみると濃い緑色です。

c0147790_23275291.jpg

洞窟の中にキンメモドキの大群がいました。

c0147790_23275316.jpg

ミチさんがライトで照らしてくださってます。

c0147790_23275333.jpg

そして岩場には、黄色いソフトコーラルが。
花が咲いたみたいにきれいです。
春先に咲くミモザみたいね。

c0147790_23275337.jpg

そして棚の上には、

c0147790_23275710.jpg

もやしみたいな物体が。
これもソフトコーラルなんだよね?


続きます。

by powderblueY | 2018-05-07 23:59 | 2018 Maldives | Comments(2)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -24 忘れてた! 朝スノに行ったんだった!

写真を整理していて気づいたのですが、
この日は、朝の散歩を終えてから朝食に行くまでの間に、
朝スノに出かけたんでした!
ははは。


なので、ここに来て初めての朝スノの様子をさくっとアップします。
散歩を終えて部屋に帰ったのが6時45分。
急いで水着に着替えて、3点セットとカメラを持って
スパのそばのビーチからエントリーしたのが7時でした。

c0147790_14452842.jpg

この日のコースはこんな感じです。(黄色、見えますか?)
スパ横のビーチから入り、水コテの方に泳ぐと、ミチさんが作ってくださったパッセージがあります。
控えめに岩がどけてあって、水上にブイが浮いているので、それを目印に行くとわかります。
そこからドロップオフに出ました。


途中、砂地の上を何かがのしのしと歩いているので、
なんだろう?と目を凝らしてみると、

c0147790_14524398.jpg

ロブスターです!
びっくり。
ロブスターって、普通、岩の奥に隠れているのに、どうしてこんな全身をさらして歩いてるの?
捕まって食べられちゃうよ。

c0147790_14524466.jpg
あとを追いかけてみましたが、すたこらさっさと逃げられてしまいました。
(いや、別に捕まえて食べようと思ったわけじゃないよ)


c0147790_14391367.jpg
ドロップオフまで出ると、眠そうな顔のムスジくんがお出迎えです。


c0147790_14391350.jpg

コラーレバタフライフィッシュも流れてきました。

c0147790_14391383.jpg

今日はやけに小魚の群れが目立ちます。
なにかの稚魚かな?

c0147790_14391764.jpg

c0147790_14391728.jpg

ノコギリダイの群れ。

c0147790_14391867.jpg

ノコギリダイは1匹1匹は地味な色合いの魚ですが、
群れていると存在感あってきれいです。

c0147790_14391830.jpg

そしてブラックピラミッドの群れがやってきました。

ブラックピラミッドも白と黒だから、色合いは地味なんだけど、
海の中で見るととてもきれいです。
青い海とのコントラストが映えるのね。

c0147790_14422194.jpg

ドロップオフの外を、ときどきロウニンアジが徘徊しています。
貫禄があって、今までは会うとうれしい魚だったけど、
子供たちが2人とも受験生となった今、
あまり会いたくない魚だわ。


c0147790_14422283.jpg

と、すばやい動きのサメが。
あっという間に見えなくなりました。

c0147790_14422272.jpg

斑点がきれいなアズキハタ。

c0147790_14423779.jpg

c0147790_14423852.jpg

そしてブラックピラミッドの群れ。

c0147790_14423873.jpg

c0147790_14423885.jpg

このコラーレちゃんたちは、まるで絵のように、じっとして動きません。

c0147790_14424387.jpg

マダラタルミ。
好奇心旺盛で寄ってきます。
灰色なだけのもいるけど、斑点がうっすら見えているのは、まだ若魚ってことなのかな?

c0147790_14424391.jpg

c0147790_14424374.jpg

ミライドゥのハウスリーフ、群れがものすごいところと、
あんまり何もいないところとがあるのですが、
この後、何度かスノーケリングするうちに、ここにはこの魚!っていうのがだんだんわかってきたので、
あとで地図にします。

c0147790_14424307.jpg

遠くに黄色い塊が見えてきました。

c0147790_14425025.jpg

そうです。わたしの大好きなヨスジの群れ。
いつもこのあたりにいます。

c0147790_14425093.jpg

c0147790_14425038.jpg

約40分のひとり朝スノの後、
ビーチヴィラの南端に近いところのパッセージから上がりました。
あとは島内の道を歩いて帰りました。


そしてこのあと、朝食に行ったというわけです。
順番が狂って、ごめんなさーい!




by powderblueY | 2018-05-06 23:59 | 2018 Maldives | Comments(4)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -23 ダイビングへ

それでは少し間が空いてしまいましたが、
3月末に行ったモルディブ、ミライドゥの旅行記を続けます。


ミライドゥでの初めての朝食の間、
スタッフがかわりばんこにわたしたちの席を訪れては
「Welcome back !」
と声をかけて行ってくれました。
「朝食のメニューはほとんど変わらないけど、
 ディナーのメニューはすごく変わりましたので、お楽しみに」
なんて言ってくれたスタッフも。


朝食を終えて、急いで部屋に帰り、水着に着替えて
わたしだけダイビングに出かけます。
主人は、まだ到着したばかりなので、今日はゆっくりする、とのことでした。


午前のダイビングは普通は2本で、8時集合ですが、
この日はほかにダイバーがおらず、ミチさんとわたしの二人きりのダイビング。
なのでこちらの都合を聞いてくださって、9時半集合で1本だけ、ということになりました。


c0147790_18340593.jpg

水上コテージへのジェッティから、後ろを振り返って。
整然と並ぶ水上コテージ。
わたしたちの部屋は、ちょうどこの写真の左端のあたりです。

c0147790_18340525.jpg

これは水上コテージへのジェッティの根っこのあたりのビーチです。
ここもとってもきれいで、のんびりできて、
隣にはパブリックプールとバーがあり、便利なところ。
でもミライドゥでは、どのお部屋にもプールやプライベートビーチがあり、居心地がよく、
みんな自分のお部屋にこもってしまうので、
ここでくつろいでる人はあまりありませんでした。


ダイビングに出かける時、集合場所はArrival Jettyの先端です。
遅れそうだから、急いで行かなくちゃ。

c0147790_18340903.jpg

Arrival Jettyを歩きながら、右を見ると
モルディブ料理のレストラン Ba'theliです。
この写真では、2艘しか見えませんが、実際には3艘の船が組み合わさった形をしています。

c0147790_18340927.jpg

左を見ると、真っ白なビーチ。

c0147790_18341026.jpg
c0147790_18340528.jpg

ここはミライドゥで一番フォトジェニックな場所だと思いますが、
白いビーチと、淡い色の浅瀬が本当に美しいです。
水は澄み切って、とってもきれい。
ビーチも広いです。
スタッフが早朝にこの真っ白なビーチを箒で掃いています。


ミチさんとボートクルーがすでにジェッティの先端で待っていてくれました。
挨拶をして、すぐにボートに乗り込みます。


by powderblueY | 2018-05-05 23:59 | 2018 Maldives | Comments(2)

フアラライにて8

c0147790_01053359.jpg

今日の昼の便で帰国ですが、
お天気は日に日によくなり、
今朝の朝焼けはこんなふう。


これから本当の乾期に、つまり夏になるんでしょうね。
また来ます。



by powderblueY | 2018-05-04 01:05 | 海外旅行 | Comments(0)

フアラライにて7

c0147790_06502014.jpeg

ここで過ごす最終日にしてやっと晴れました!


エクササイズの予定を全部変更して、
プールサイドで過ごします。


青い空に青い海は
それだけで幸せ‼️


by powderblueY | 2018-05-03 06:49 | 海外旅行 | Comments(4)

フアラライにて6

c0147790_18004650.jpg

今日はキラウェア火山のクレーターの中を歩きました。
イキトレイルというところです。
写真は直径1400m、深さ120mのクレーターの中で、
1959年に噴火し、溶岩がこのクレーターの中にふつふつと湧き立っていたんだそう。
今は沈静化し、溶岩も冷えて固まっています。
それでも場所によっては地面に触ってみると熱く、この下にはまだ大量の溶岩があると言われています。


日本人ガイドさん(和田タイチョーさん)に連れて行ってもらったので、お話も日本語でわかりやすく、とても楽しかったです。



by powderblueY | 2018-05-02 18:00 | 海外旅行 | Comments(0)