<   2018年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

b-monsterのハロウィン

b-monsterではときどき楽しいイベントがあるのですが、
今日はハロウィンイベントがありました。


いつもはワンレッスンにパフォーマー(インストラクラーみたいなもん)は一人だけですが、
ハロウィンイベントでは二人のパフォーマーのコラボとなり、
この日だけは、仮装してレッスンを受けていいのです。


わたしもささやかながら仮装をしようかなと思い、
はな子に「ハロウィンの仮装グッズ、なにか持ってる?」と聞いたら
「そんなもの、小学校の時に捨てちゃったよ」とのこと。
仕方ないから、いつものトレーニングの格好のままレッスンを受けることにしました。


更衣室に行ってみると、
うわっ。


こんな子がいたのです。

c0147790_23083454.jpg

これはAmazonの画像をいただきましたが、
まさにこれと同じ格好をした女子がいたのです。


ひえー、みんなすごいねー、と思いつつ、ロッカーを回り込んだら、
今度はこれがいました。

c0147790_23083401.jpg

仲良しグループでレッスンを受けに来ているらしく、
全部6人いました。色違いで。


でもさ、レッスンはすごい運動量で、汗だくになるのに、
その衣装、暑くない?
それにレッスン中にたくさん水分をとるけど、
そのかぶりものは、水は飲めるんですかい?


と思ったら、口のところに小さな穴があいていて、
ちゃんとペットボトルの水を飲めるようになっていました。
よくできてるわ。


ほかにも骸骨がいたり、お姫様風のドレスの人もいましたが、
その格好でどうやって腕立て伏せや腹筋をやるんでしょ、不思議でたまらんわ。


でも若い人たちの仮装を見ているととっても楽しかったので、
家に帰ってからジロやはな子に、今日のレッスンの様子を話して聞かせました。


そしたらはな子が

「ねー、お母さん以外は、みんな若い女の人ばっかりなんでしょ。
 お母さんなんて、魔女のおばあさんの仮装だと思われたんじゃないの? 素顔なのに」


くっそー、はな子め! 覚えてろよ。



by powderblueY | 2018-10-29 23:08 | 日常 | Comments(0)

それぞれの週末

昨夜、同窓会から帰って、家に着いたのは23時半ごろでした。


朝起きてみると、はな子がリビングでなにやらごそごそしています。


なにかと思ったら、わたしの古いミシンを出してきて、
トートバッグを縫っているのです。


「昨日、大塚屋で帆布を買ってきたんだよ」

と、見よう見まねで縫ったバッグ、

c0147790_18521926.jpg

まあまあ上手にできているじゃありませんか。
いや、びっくりだわ。


わたしは晩ごはんに向けて、主人と一緒に餃子を作りました。

c0147790_18521877.jpg

全部で76個もできちゃった。
食べきれないわ。


ジロが模試から帰ってくるのを待って、焼き始めまーす。
家族それぞれに楽しんだ週末なのでした。


by powderblueY | 2018-10-28 19:09 | 日常 | Comments(2)

松本城

土曜の仕事が13時半に終わったあと、急いで名駅まで出て、
新幹線で東京へ。


ちょうどそのころ、ジロは特急しなのに乗っていました。


駿台の模試を受けるのに、一番近い会場が松本なの。
東日本バージョンなので。
来週になれば同じ模試の西日本バージョンがあって、名古屋にも会場があるので、本当はそれを待てばいいのですが、
来週は河合塾の模試なの。
ジロも大変なハードスケジュールを生きているのです。


松本まで車で連れて行ってやることも考えたのですが、
わたしの同窓会と重なってしまったため、
初めての一人旅をさせてみることにしました。
特急しなのに乗れば、あとは松本で降りるだけだし。
ホテルも駅前のホテルをとってやったし。
模試の会場までもすぐだし。
もしもなにかあったとしても、模試だからね、最悪受けられなくても、おおごとにはなりません。


わたしが楽しい同窓会を終えて、最終ののぞみに乗って、
「無事、松本に着いた?」
とLINEしてみたら、


c0147790_18521764.jpg

こんな写真が送られてきました。


なんと松本に着いてから、ひとりで歩いて松本城に行ったらしいです。
余裕の行動だね。
それにしても、ライトアップされた松本城、美しいですね。


親の手を離れて、こうしてだんだん大人になっていくんだねー。



by powderblueY | 2018-10-27 18:52 | 日常 | Comments(0)

ハードスケジュール

職場の同僚が有給をとって、地中海クルーズに出かけました。
もちろんわたしも長期休暇を取ることがあるので、お互い様です。


留守の間はまさに二人分働かなきゃいけないので、
金曜の朝から働いて、夜は当直し、土曜の昼過ぎまで働いて、
そしてそのあと、同窓会があるので東京へ。日帰りで。


どうせ行くならもっとゆっくりしたかったけど、
たまたまこの日に当たっちゃったんだから、仕方がない。


同窓会は、1年に1回くらい会っている人もあれば、ウン十年ぶりの人もあり、
とっても楽しみ。


それに向けて体力温存しておかなくては。



by powderblueY | 2018-10-26 18:45 | 日常 | Comments(0)

長生き

映画「ハナレイベイ」のあらすじを
今朝、ジロに話してやった。


「子供が親より先に死んじゃうっていうのは、
 最大の親不孝だからね。
 お母さんをそんな目に遭わせないでね」

と言ったら、ジロは言った。

「わかったよ。
 じゃあお母さん、早めに死んでね」

「えっっっっ、今なんて言った!?」

「いや、ボクも親より先に死なないように努力するけど、
 お母さんがいつまでも生きてたら、それより先にボクが死んじゃうかもしれないじゃん。
 だからお母さんもあまり長生きせず、早めに死んでねってことだよ」


なんてこと!
お前に言われたこのひどい言葉を、お母さんは一生忘れないからね!


by powderblueY | 2018-10-25 20:52 | 日常 | Comments(0)

「ハナレイ・ベイ」

c0147790_20072048.jpg

村上春樹の「ハナレイ・ベイ」は以前から好きな作品だったので、
さっそく観に行ってきました。


というか、村上春樹の作品で、好きじゃないのなんてないんだけど。


主人公の吉田羊は、夫を亡くして、一人息子を女手ひとつで育ててきた。
夫はドラッグをやり、吉田羊に手を上げ、浮気した挙句に死んでしまった。
吉田羊にとっては憎悪の対象でしかないんだけど、
息子からすると、ものごころつく前に死に別れた父親に対しては、別な感情もあったらしい。


息子は吉田羊にお金をせびり、文句を言い、甘ったれた、中身のない、しょーもない人間なわけ。
吉田羊は息子の中に、死んだ夫を見る気がする。
その息子が、ハナレイ・ベイでサーフィン中にサメに襲われて死んでしまう。


これは原作の中にあったんだけど、
サメに襲われて腕や足を噛まれても、それだけでは人間は死なないんだってね。
サメがサーフィン中の人間に噛みつくのは、カメと間違えて襲うらしいんだけど、
人間はカメに比べるとおいしくないので「うわっしまった、人間食っちゃったよ」と思って、
それ以上は襲ってこないんだって。
だから手や足を噛み切られても、落ち着いて岸まで泳ぎ帰り、助けを求めればたいていは助かるんだって。
ただ、サメに襲われた人が死んじゃうのは、噛まれたことでパニックになって、溺れて死んじゃうんだって。


実際、何年か前の映画で、同じようにハワイでサーフィン中にサメに襲われて片腕を失くした14歳だったかの少女が、
落ち着いて海岸まで戻って、救急搬送されて助かり、その後もプロサーファーとして活躍した話があったわ。


このパニックになって溺れて死んじゃった息子に対して、
吉田羊は、バカな息子、バカな死に方、と思う。
あまりに何もかも失くしてしまって、悲しむこともできない。
愛するものを失ったら泣けるけど、憎んでいた者を失ったら泣くこともできない。


けれど10年たって、ハナレイ・ベイに日本からやってきた若いサーファーたちと出会ったことで、
吉田羊は自分の中にあった愛に気づいて、少しずつ自分を取り戻していく。


というお話でした。
ハナレイ・ベイの景色が美しく、特に夕暮れ時の映像はものすごくきれいです。
カウアイ島に行ってみたくなりました。




by powderblueY | 2018-10-24 20:06 | 映画 | Comments(0)

電照ニンジン

はな子は中3で、技術家庭の授業で「生物育成」というのをやっています。
生物育成っていうとなんのことかと思いますが、
要は植木鉢でニンジンを育てるのです。


ジロが中3の時も同じことをしたのですが、
植木鉢に土を入れ、種をまくと、4〜5日で芽が出て、
窓辺の日当たりのよいところに置いてときどき水をやるだけで、青々とした葉っぱが出て、
細いけれどもニンジンができました。


はな子は几帳面だし、きっとうまく育てるだろうと思っていたのですが・・・


昨日もお話した大規模修繕工事の影響で、
1日中カーテンを閉め切っているため、部屋の中が暗いのね。
種をまいて芽は出たのですが、
太陽が当たらないせいでひょろひょろとした茎が伸びて、子葉が出ただけで、
その後成長しません。
中にはひょろひょろのまま倒れて枯れちゃったやつもあります。


やっぱり植物の生育には日光が必要なのねー。
しかも種の発芽には日光は必要ないのねー。


と、これはこれで貴重な勉強になったのですが、
でもこのニンジンをうまく育てることが、技術家庭でいい点を取るために絶対に必要な条件なの。
それは内申点に直結するため、2学期のこの大事な時期に、ニンジンの失敗は許されないわけ。


朝、学校に行く時に植木鉢をマンションの外の日当たりのいいところに持ち出して、
帰ってきたら取り込むっていうのはどう? と提案してみたけれど、
マンション周辺はがんがん工事をしているため、蹴飛ばされたり溶剤がかかったりしたら枯れちゃう。


どうしようね・・・


うまくいくかどうかわからないけど、電照栽培にしてみる?


というわけで、強力なライトを買ってきて、ニンジンのそばから1日12時間くらい当ててみました。


温度が上がって乾燥気味になるので、こまめな水やりは必須です。


するとですね、意外とうまくいきまして、
ニンジンは本葉が出て、成長し始めました。
枯れた分のかわりに追加でまいた種も発芽して、子葉が出て、本葉が出てきました。


ジロの時はみるみるうちに葉っぱが生い茂って、
観察記録の絵を描くのが追いつかないくらいの元気さだったのですが、
そこまでなるかどうかはちょっと心配。
でも電照ニンジン、今のところはなんとか育ってくれています。


「僕ももっと背が伸びるように、電照栽培にしてくれー」と言うジロにも
1日中こうこうと光を当ててやろうかしら。



by powderblueY | 2018-10-23 14:40 | 日常 | Comments(0)

大規模修繕工事

うちのマンションは、築15年となり、
この度、大規模修繕工事をすることになりました。


今、マンション全体がネットで覆われ、やぐらが組まれ、
ベランダに工事の人が出入りするので、
昼間もカーテンを開けることができず、
部屋の中が1日中暗いです。


しかも今週に入ってからは、塗料を塗っているらしく、
仕事から帰ってくると有機溶剤の匂いがたちこめています。
はっきり言えばシンナーの匂いね。


もちろん工事の人はご苦労様なのですが、
部屋の中にいてもシンナーの匂いがするのは、ちょっと勘弁して〜って感じ。
なんだか頭痛くなってくるし。
窓を開けて換気したいけど、外壁の塗料の塗り替え中なので、
開けるともっとシンナーくさいです。


子供たちも「頭がいたい」「ガンガンする」「お腹まで痛くなってきた」とか言って、
それを口実に勉強をサボっているのですが、
ジロがだんだん多弁になって、大きな声でしゃべり、げらげら笑うので、
もしかしてシンナーで興奮状態になったのか? と思ったり。


「こんな匂いの中で寝るの、いやだね」
「もしかして、朝起きてみたら、一家全滅になってたりして」
「いや、全滅になったら誰も起きてこないから」
「あ、そうか」
なんてげらげら笑ってるわたしもやっぱり、シンナーでやられちゃったのでしょうか。



by powderblueY | 2018-10-22 14:21 | 日常 | Comments(0)

はな子の変な日本語2

はな子がまた、やってくれちゃいました。


はな子は中3なので、秋から進路指導が本格化します。
先日も、進路希望書2なるものを提出しました。


夏休み前に出した進路希望書1は
進学(公立・私立)・就職のどれかに丸をつける、という簡単なものでしたが、
(しかし中卒で就職希望の人なんているのだろうか)
今回のは
「第一希望 県立◯◯高校
 第二希望 名古屋市立◯◯高校」
というふうに、具体的に高校名を書きます。


記入するのは本人なのですが、
親の記名とハンコが必要です。


わたしがささっと名前を書いて、シャチハタを押そうとしたら、
はな子は

「あっお母さん、それはダメ!
 先生が、1回1回赤いのにつけて押すハンコじゃないとダメ、って言ってたよ」

「赤いのって朱肉のことね。シャチハタじゃダメなのね」

「そうだよ」

で、ちゃんとしたハンコを押してやりました。



数日後。


はな子が言いました。

「お母さん、またハンコがいるって。
 今度のはシャチホコでいいって」


はな子よ、いくら名古屋人でも、ハンコはシャチハタ。シャチホコじゃない。



by powderblueY | 2018-10-21 00:04 | 日常 | Comments(0)

秋の三連休は遠刈田温泉 竹泉荘へ10

竹泉荘から送迎バスで仙台駅まで送っていただきました。
ちょうど1時間でした。


さて、このあとわたしたちにはもう一つ、大きなお楽しみがあります。
それは・・・


仙台のフレンチレストラン「ナクレ nacree」でのランチ!
(ミシュラン1つ星だそうな)


この5月に仕事の関係で仙台を訪れた時、
ネットで検索してよさそうだなと思ったこのレストランで、
ミナオちゃん夫婦とディナーを楽しんだのですが、
ワインのペアリングのコース15000円(ワインは結局6種類くらい出てきました!)がとーってもおいしくて
ミナオちゃんもわたしも大感動!
また仙台に来る機会があったら、ぜひ来たいね、と言っていたのです。


そして今回は、わたしたち夫婦だけですが、思いがけず早く仙台を再訪することになったので、
ぜひナクレでランチを! と思い、予約して行ってきました。


仙台駅から歩いて5分ほどのビルの4階にあります。

c0147790_09531617.jpg

このシャガールのお皿が特徴。
シャガールはわたしも主人も大好き。

c0147790_09531768.jpg

今回はランチ、お料理9品+ワインペアリング3杯 7000円のコースです。
ランチだとずいぶんお値打ち。

c0147790_09531826.jpg

この猫のラベルがかわいいワインは、宮城県のファットリア・アルフィオーレというワインです。
Genchiとは、ゲンキと読んで、猫ちゃんの名前なんだとか。
このワインで前菜をいただくのですが、

c0147790_09531906.jpg

前菜は、海老の入った餃子と、新鮮な生牡蠣。
生牡蠣って、ワインによってはすごく生臭くなってしまうことがありますが、
このワインとの相性は抜群! 
料理家さんって、どうやってそんなマリアージュを発見するんでしょうね。

c0147790_09532878.jpg

次は北海道産ホタテ。火の通し加減が絶妙。

c0147790_09532989.jpg

これに合わせたのはきりっとシャブリ。

c0147790_09533077.jpg

パンも美味しく、

c0147790_09533672.jpg

次は飴色の玉ねぎが来ました。
玉ねぎの形をしていますが、これは1枚1枚はがしたものを加熱調理して、また元の形に重ねたのだそう。
手間のかかるお仕事ね。
もちろんふくよかに甘いです。

c0147790_16104616.jpg

次のワインは、ギリシャ・サントリーニ島のワインでした。
サントリーニ、昔行ったわ。大好きなところ。

c0147790_09533706.jpg

そしてメインは金目鯛でした。
これも火入れが絶妙です。
低温でじっくりと。
金目鯛、絶品でした。

メインはこの金目鯛で、お肉はなし。
もうちょっとお腹が空いていたら、ランチ お料理11品+ワイン4杯で11000円というコースもあります。

c0147790_09533864.jpg

デザートは、まずこのフルーツのプレートが来ます。
どのテーブルからも歓声が上がっていました。
美しい。

c0147790_09533911.jpg

抹茶のアイスクリーム。濃厚なお味。

c0147790_09534675.jpg

最後の飲み物、わたしはハーブティでお願いしたら、
この南部鉄器の鉄瓶で来ました。
同じものが竹泉荘のギャラリーにもあったの。
買えばよかったー。


今回も大変満足なナクレのお料理とワインでした。
また必ず行くわ。
みなさまも仙台に行く機会があったら、ぜひ!


そしてこのあとは、牛タンを買って、ずんだ団子を買って、
新幹線を乗り継いで帰りました。
とてもよい週末でした。


by powderblueY | 2018-10-20 09:52 | 国内旅行 | Comments(2)