<   2019年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日のダイビング

今日も午後ダイビング。

c0147790_13040156.jpg

イルカも出ましたが、今日はこのバラクーダの群れ!

c0147790_13040045.jpg

ダイビングサービスは 6 passengers を利用しています。
みなさんすごく熱心に勤勉に潜るので、わたしたちも明日は7時半から2本潜ります。



by powderblueY | 2019-04-30 13:39 | 海外旅行 | Comments(2)

イルカとダイビング!

今日は初めてランギロアの海に潜りました。


入って1分もしないうちに、

c0147790_02174929.jpg

イルカ出ました。
ガイドさんに慣れていて、すり寄っていきます。

c0147790_02215096.jpg

ええっ、さわっていいんですかい!?


でもイルカは平気そう。というより、うれしそう。
何度も息継ぎしに上がっては、また戻ってきて、さわらせてくれました。
わたしたち大興奮で、はあはあしちゃって、エア消費しまくりです(笑)

c0147790_02240894.jpg

近くに寄ってきてくれて、じっとこっちを見ていたりします。


c0147790_02192308.jpg

もーーーすごいよ、ランギロア!

c0147790_02270244.jpg

ほかにでっかいナポレオンや、サメやカメも出ましたが、みんな見向きもしません。


同じチームのフランス語を話すカップルは、これがダイビング20本目なんだって。
20本目でこんなの見ちゃったら、あなたもう他のどこでも潜れませんわ。


ガイドさんは「いつもこうだと思っちゃいけないよ〜」と言ってました。


お天気もよく、海は素晴らしいブルー。
ランギロアの休日。


by powderblueY | 2019-04-29 23:14 | 海外旅行 | Comments(2)

GW ランギロア到着

c0147790_17394711.jpg

11時間半のフライトののち、無事タヒチ・パペーテ・ファアア空港に到着。

c0147790_17433530.jpg

国内線に乗り換えて、ランギロアにやってきました。


すごーく田舎で、なーんにもないところですが、
星がものすごくたくさん見えます。
星の一粒一粒が大きいです(笑)


明日からダイビングします。




by powderblueY | 2019-04-28 17:49 | 海外旅行 | Comments(4)

GW ランギロアへ

c0147790_16555155.jpg

行ってきます!



by powderblueY | 2019-04-27 15:50 | 海外旅行 | Comments(0)

GW 10連休!

はい。ついにこの日がやってきましたよ。


天皇即位のGW 10連休でございます。


c0147790_23383295.jpg

楽しみにしていたランギロアに行ってきます。


c0147790_23383263.jpg

タヒチは2000年にボラボラに行って以来なので、
さて、どんなふうに変わり、あるいは変わっていないでしょうか。


ジロは行かず、夫婦とはな子と、わたしの妹の4人で行ってきます。




by powderblueY | 2019-04-26 23:41 | 海外旅行 | Comments(2)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -24 No.110からスノーケリング

c0147790_14292178.jpg

ヴァッカルの地図です。


今からスノーケリングに出かけようとしているのは、ダイビングセンターのスタッフにも勧められた
ヴィラNo.110の隣の切れ目からビーチに出て、ビーチエントリーし、
Supply Jettyまでのハウスリーフです。


わたしたちの部屋からは遠く離れているので、カートで送ってもらいます。


イクちゃんに電話をしたのですが、この時はオッサマが迎えに来てくれました。
オッサマは、極妻さまの担当バトラーさんでもあったのですが、

「わたしも海が好きですが、極妻さまは本当に海がお好きで、泳ぎも上手で、
 一緒に島を一周して、5時間くらい泳いでましたよ」
「ご、5時間ですかっ」
「もし明日、朝スノをご希望でしたら、ご一緒しますよ。
 ご希望の時間をおっしゃってください。何時でもけっこうです。
 部屋から出て、Reception 方面へ泳ぎましょう。あとでご連絡をください」
「オッサマ、ありがとう」
「さて、ここがNo.110 の隣です。
 あそこのビーチでフィンをはいて、エントリーしてください。
 サンダルをお預かりして、Splash に届けておきますよ。
 Splash でシャワーも浴びれますし、時間をみはからってカートでお迎えに行きます」

と、至れり尽くせり。こういうのを殿様スノーケリングっていうのね。
そう、どこのリゾートに行っても、スノーケリングをするのに、
島一周するのでなければ、どこかでエントリーし、違う場所で上がってくることになる。
そうすると、上がった場所から部屋までどうやって帰るか、って問題がひとつあるのと、
(近ければいいけど、大きな島で遠いと大変。泳いだあとずぶ濡れでカートを拾うのも気がひける)
足元をどうするかって問題がある。
サンダルをはいてエントリー場所まで行くと、泳いでる間サンダルがじゃまになるので、フィンを抱えて裸足で歩いていかなきゃいけない。
上がってからも裸足で部屋に戻らなきゃいけない。
炎天下の長いジェッティを裸足で歩くのは、なかなか困難です。
(この問題は、フィンソックスをはくことで若干解消されますが)
というような、スノーケリングに伴う問題を、ここのバトラーさんは一気に解決してくれたわ。
オッサマ、ありがとう。

c0147790_14280764.jpg

それではビーチエントリーします。

c0147790_14280835.jpg

しばらく浅瀬で、岩でお腹をこすりそうになりながらドロップオフを目指し、

c0147790_14280923.jpg

たまにパウダーブルーがいたり。

c0147790_14281575.jpg

少し距離がありますが、ドロップオフに着きました。
グラックプラミッド、きれいです。

c0147790_14281831.jpg

背びれの一部が黄色いのがかわいいのよね。
これを見ると、SDカードの誤消去防止ツマミを連想しちゃうんだけど。


c0147790_14282526.jpg

c0147790_14282482.jpg

c0147790_14281781.jpg

次から次へと魚ぐっちゃり、というわけでもありませんが、
まあまあ魚がいます。
海はSupply Jetty方向へかなり流れていて、止まって写真を撮りたいと思っても止まれないくらい。
エスカレーターのように流れています。

c0147790_14282650.jpg

c0147790_14282785.jpg

チョウチョウコショウダイ。ムスジくんと体型は一緒。

c0147790_14283496.jpg

やがて、ムレハタタテダイが群れ始めました。

c0147790_14283585.jpg

c0147790_14284208.jpg

あららっと思ったら、囲まれてました。
すごくきれいです。

c0147790_14284330.jpg

c0147790_14284491.jpg
c0147790_14284179.jpg

いっせいに向きを変えたりする様はとってもきれいです。

c0147790_14284842.jpg

ニシキヤッコ。


流れてるのであっという間にSupply Jettyに到着しました。

c0147790_14285819.jpg

Jetty沿いに浅瀬を泳いでSplash 前のビーチに上陸します。

c0147790_14285875.jpg

この浅瀬のきらきらも素敵。写真を見てると飛び込みたくなります。


Splash に行くと、スタッフが「サンダルお預かりしてますよー」と出してきてくれ、
シャワーを浴びてさっぱりします。
ちょうどイクちゃんがカートでやってきてくれて、
「海を見たら、あなたたちがスノーケリングしているのが見えたので、待ってました」
と言います。
なんて快適なのかしら。


はな子が「メインプールで泳ぎたい」と言ったので、
イクちゃんのカートで連れて行ってもらいました。



by powderblueY | 2019-04-26 14:58 | 2019 Maldives | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -23 お部屋に戻って

イクちゃんの運転するカートで部屋に帰る道すがら、
話をします。

「モルディブではサッカーがとても盛んです」
「そうなのね。うちの子たちはバスケをやります」
「モルディブ人はバスケットボールはほとんどやりません。
 モルディブ人は背が低いからです」

こうして読むと、まるで中学1年生の教科書みたいだけど(笑)
でもイクちゃんとモルディブのことについて話をするのはとても楽しかったわ。

「わたしはハニマドゥの出身です」
「ハニマドゥ! 知ってるわ! ハイダウェイに行く時に利用する国内線の空港のある島でしょ!
 わたしたち、ハイダウェイには3回行ったのよ」
「そうですか。ハイダウェイは気に入りましたか?」
「ええ。ハウスリーフがとってもよくてね」


部屋に着くと、イクちゃんはカートから降りて、自分のマスターキーでヴィラの鍵を開けてくれるのです。
ヴァッカルのお部屋の鍵はカードタイプで、玄関にある機械にかざすと鍵が開くのですが、
このイクちゃんのマスターキーが反応が悪くて、何度やっても開かないの。
「イクちゃん、いいわよ、わたしたちのカードで開けるから」
と毎回わたしたちのカードで開けてました。
そんなこともいい思い出です。


お部屋に入ると、お掃除が終わっていました。

c0147790_20082610.jpg

美しく整えられたベッド。

c0147790_20084573.jpg

ベッドルームにある椅子とフロアランプ。
華美ではなく、シックで、落ち着いた感じのお部屋。とても居心地がよかったです。

c0147790_20084696.jpg

初日は(4人で来ることになっていたので)リビングのこのソファもベッド仕様になっていましたが、
3人だということが周知されたらしく、ソファになりました。
後ろのクローゼットは、左側は広いクローゼットで、棚も豊富にあり、
右側はミニバーやセイフティボックス、グラスやお皿、Nespressoが入ってます。

c0147790_20084840.jpg

そして壁のくぼんだところにあるソファを、はな子用のエキストラベッドにしてありました。

c0147790_20085250.jpg

この壁の彫刻(っていうの?)、すごくきれい。


そばにはデスクがあるのですが、

c0147790_20084764.jpg

デスクの引き出しのようになったところに、
こういう電源とUSBポートが。
現代人はもうこういうのなしでは生活できないので、
新しいリゾートはこういうところが充実していて助かります。
モルディブに行く時にマルチプラグって持って行ったことないんだけど(だってお部屋に豊富に用意してあるから)
今、ランギロアに行く荷作り中なんだけど、ランギロアにはマルチプラグ持って行ったほうがいいかなあとか考え中。


c0147790_20082613.jpg

どのお部屋にも天井にファンがついていて、夜はこれを回すと涼しいです。


c0147790_20081525.jpg

そして外はいいお天気!
水平線がばっちり見渡せます。

c0147790_20082353.jpg

この大きなプールもお気に入り。


c0147790_20082433.jpg

スノーケリングに行く前に、ちょっとテラスでごろごろしましょ、と思って、
一番奥の、屋根の下の大きなソファで海を見ながらごろっとしていたら、
いつの間にか寝てしまって、
ミナオちゃんからのLINEで起きました。

「先、スノーケリング行くねー」

しまった! わたしたちも行くわ〜。


あわてて水着に着替えて、イクちゃんに電話しました。


by powderblueY | 2019-04-25 20:37 | 2019 Maldives | Comments(8)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -22 Amaanyで朝食

8時半に電話でイクちゃんにカートでお迎えをお願いして、
朝食レストランAmaany へ行きました。


c0147790_13141954.jpg

レストランの入り口に、今日のアクティビティが表示されたボードができました。

「イクちゃん、これ昨日はなかったわよね?」
「はい。できたてです」


ミナオちゃん一家はもう来ていて、屋外の席に座っていました。
7人席が作られていました。

c0147790_13141256.jpg

外の席はこんな感じ。

c0147790_13141351.jpg

海のすぐそばの木陰です。
お料理は屋内にあります。

c0147790_13150967.jpg

これはHPからいただいた写真ですが、
テーブル一面にいろんなお料理が乗っていますが、これで全体の3分の1といった感じです。
つまりものすごくたくさんお料理があるんです。


席に着くとコーヒー・紅茶を聞かれて、すぐにBuffetをとりにいきます。
美味しそうなお料理がたくさんあるので、今日もまたたくさんとってしまいます。

c0147790_13142761.jpg

オムレツ焼いてもらいました。
はな子が
「ねえねえ、パンケーキがほしいんだけど、あのお兄さんに頼めばいいの? おかあさん頼んでよ」
「自分で頼みなさい。なんのために英語習ってるの。Pancake, please って言うだけじゃん」
「だって何をかけるか? とか、メープルシロップかハチミツか? とか聞かれるよ」
「じゃあメープルシロップって言えばいいんじゃん」

全く、何年 英語習ってるんだか。


でもちゃんと自分で頼んで、無事jパンケーキをゲットしてきました。


c0147790_13142620.jpg

カレーはツナカレー。
モルディブで朝ごはんにカレーをいただくの、大好きなんですが、
これまでのリゾートでは、チキン、ツナ、ビーフ、ダールというふうに日替わりなことが多かったけど、
ここではずっとツナカレーだけでした。
おいしいんだけどね。変化があるとうれしいなあ。


c0147790_13142830.jpg

ここのパンはとってもおいしいです。
クロワッサンは、外はさくさく、中はしっとり。理想的。
近所に売ってたら買いに行くわ。


ミナオちゃんたちと、シャンパンをいただきました。
スタッフは「おかわりはいかがですか?」とどんどん注ぎ足してくれます。

「昨夜はOnu に行かれたのですね? いかがでしたか?」
(あらあら、把握されてるのね。ちょっとアマン風?)
「ちょっと辛かったけど、とっても美味しかったわ」


昨日は、フルーツをカットしてくれるお兄さんにマンゴーをお願いしたら、
「実は今日のマンゴーはまだ少し固くて」
と冷蔵庫から固そうなのを見せてくれたのですが、
「今日はマンゴーはどう?」
と聞いたら、
「今日は大丈夫ですよ」
とたくさん切ってくれました。


マンゴスチンという南国の果物がありますよね。

c0147790_13384125.jpg

こんなやつ。
これっていくつかに分かれてる果肉のうち、一番でっかいやつに大きくて硬い種が入ってるでしょ。
わたしマンゴスチン大好きなので、毎日いただいたのですが、
今回ヴァッカルでいただいたマンゴスチンは、どれも種がないか、食べても平気なくらいの小さい柔らかい種が入っているだけでした。
こういうのも品種改良されてるのかしら??


7人でわいわい言いながら朝食をいただいていると、
ちょっと偉そうな感じのスタッフが席を回ってきて(偉そうなって、偉そうにしてるって意味ではなく、マネージャークラス?ってこと)
「みなさん、何かご意見やご要望はございますか?」
とメモを片手に尋ねられました。


実は外の席はけっこうハエが多くて、わたしは田舎育ちだからそういうの気にしない方なんだけど、
それでも気になるくらいいたので、そのことをお話しました。
「さっそく対応します」とのことでした。

「お部屋はいかがですか?」
「お部屋はとっても快適。気に入りました」


こんなふうにゲストのご意見を聞いてくれるリゾートは素晴らしいですね。
部屋に、GM宛のご意見を書く紙もあるけど、
今ヴァッカルには日本人スタッフは一人もいないので、日本語で書いても伝わらないだろうし、
英語で書くのかと思うと、なかなかハードルが高いですが、
こうしてご飯の時にちょっと聞いてくれると、話しやすくてよかったです。


お腹いっぱいになって、10時ごろイクちゃんを呼んで部屋に帰りました。
ミナオちゃんたちと今日の予定を話し合い、No.110のところから一緒にスノーケリングしたいので、
部屋を出る時 連絡してねーということになりました。



by powderblueY | 2019-04-24 14:06 | 2019 Maldives | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -21 滞在2日目の朝

次の朝。
5時半に起きて、写真の整理をしたり、ごそごそしていたら、
7時になって明るくなってきたので、カメラを持って部屋を出ました。

c0147790_10470542.jpg

玄関のドアの内側には、リゾートの地図が貼ってあって、万が一の時の避難経路が書いてありますが、
これ、木の板に焼印(?)で地図が描いてあるのです。
なかなかおしゃれですよね。
わたしたちの部屋はOver Water Pool Suiteが西向きに5棟並んでいるうちの、真ん中です。


玄関を開けたら、

c0147790_10470956.jpg

目の前はプールのないOver Water Villa で、その遠く向こうにLagoon Bar があり、
その向こうに朝日が昇ってきています。
Lagoon Bar の手前に、海の中に防波堤がうっすら見えますが、
この防波堤は、干潮時にはこのように海の上にうっすら見えるものの、
満潮時には海の中に隠れてしまい、景観として特に気になるものではありませんでした。


じゃあ自転車に乗って、島内の散歩に出かけます。

c0147790_10471505.jpg

たくさん並ぶ水コテ群の向こう、東の空が赤くなってます。

c0147790_10471648.jpg

朝方はこんなふうにちょっと雲のある日が多かったですが、
朝食のころにはピーカンになっている毎日でした。


c0147790_10471780.jpg

水コテジェッティの根っこのところから。
こちらが島の南側のビーチで、
ここにはビーチヴィラが並んでいます。


c0147790_10474018.jpg

島内の道に入り、しばらく行くとイタリアンのイソレッタです。
レストランを抜けるとメインプールがあります。


c0147790_10474447.jpg

すぐ隣のReception にやってきました。
昨日と同じように、ここに自転車を停めて、Arrival Jetty に行ってみます。

c0147790_10483755.jpg

Reception の建物を抜けると、

c0147790_10474751.jpg

Arrival Jetty です。
この空間も、高い椰子の木が木陰をつくり、とても気持ちのいい広場になってます。

c0147790_10475121.jpg

空が明るくなってきました。

c0147790_10475997.jpg

ジェッティから左側(東側)を見ると、
朝日が昇ってきています。
モルディブで見る朝日は、毎日とっても特別。
今日1日がどんな楽しい日になるだろうってワクワクします。


c0147790_10480395.jpg

ジェッティの先端まで行くと、水上飛行機のプラットフォームの向こうに
朝日が光の道を作っています。

c0147790_10480643.jpg

今朝もここには番をしているスタッフが一人いて、「Good morning 」と挨拶をしました。
このクッションの並んだソファもとっても気持ち良さそうです。

c0147790_10481563.jpg

そこかしこに椅子やソファがあり、くつろげる空間になってます。
まずはヴァッカルに到着してここに上陸するゲストにとっては、
素敵なリゾートに来たなー!って、よい第一印象を与えること間違いなしです。


c0147790_10481198.jpg

では今来たジェッティを戻ります。

c0147790_10481922.jpg

島の入り口のところに「VAKKARU MALDIVES」の看板。

c0147790_10482707.jpg

島に入ると、椰子の木からブランコがいくつも下がっています。

c0147790_10483191.jpg

c0147790_10482356.jpg

そしてReception 。
座っていたスタッフに声をかけて、今日はBoutiqueをのぞいてみました。

c0147790_10483832.jpg

日焼け止めやシャンプー、化粧水などの日用品のほかに、
子供用の浮き輪や、おしゃれなバッグ、サンダルなどもあり、
おしゃれなシャツや水着、リゾートのロゴの入ったポロシャツや帽子などもありました。

c0147790_10484378.jpg

はな子が気に入りそうだわ。あとで一緒に来なくっちゃ。

c0147790_10484406.jpg

このレジの前に吊るしてある白い布のバッグが、ヴァッカルのビーチバッグです。
各部屋に置いてありますが、これはリゾート内で使う分には無料ですが、
持ち帰ると有料です(49ドル+税サ)。
素敵なので、もちろん買っちゃいました。


さて再度自転車に乗り、島内を散歩します。

c0147790_10484975.jpg

しばらく行くと、Organic Farm がありました。

c0147790_10485071.jpg

ヴァッカルは、リゾートができる前は椰子の木がたくさん生えている島で、
ローカルの人たちが時々椰子の実をとりにくる島だったんだそうですが、
その名残か、島中のどこでも椰子の木がすごーく元気です。
その合間に畑が作ってあって、植物が植えてあります。

c0147790_10485539.jpg

野菜とかはきっと船で運んでくるんでしょうけど、
ちょっとしたグリーンとか、ハーブとかを育てているみたいです。
アマンプロの農園を思い出したわ。

c0147790_10485688.jpg

Farm の先には、No.110のヴィラがあり、そこに切れ目があってビーチに出られます。
こちら側が東なので、朝日がばっちり。もう高く昇ってきましたね。

c0147790_10490061.jpg

昨日はここで盛大に撮影会をしていたので、早々に退散しましたが、
こうしてみるととってもビーチが広いですね。
遠くに見えるのはSupply Jetty で、ダイビングのボートや、各種アクティビティのボートはここから出ます。

c0147790_10490061.jpg

c0147790_10490699.jpg

これがNo.110のヴィラの隣の切れ目です。

c0147790_10490785.jpg

ここには誰かのお部屋のものではない公共のデッキチェアとパラソルがあって、
そこでちょっとのんびりしました。
このあたりからSupply Jettyにかけてもハウスリーフがいいそうなので、また今度来なくっちゃ。

c0147790_10491287.jpg

自転車で島内に戻ります。
できて2年目のリゾートとしては、とっても緑が豊富です。

c0147790_10491419.jpg

ここがダイビングセンターとウォータースポーツセンターのSplash 。

c0147790_10491998.jpg

島をぐるっと一周して、水コテジェッティに戻ってきました。
c0147790_10492036.jpg

部屋に戻ると8時になっていました。
主人とはな子を起こして、朝食に向かいます。


by powderblueY | 2019-04-23 10:46 | 2019 Maldives | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -20 アジアンレストラン Onu

ディナーに出かける前に、お風呂に入って着替えます。
バスルームに卵型のバスタブがでんと置いてあります。
大きなバスタブですが、お湯の勢いがいいので、すぐに溜まります。


モルディブの小さな島で、蛇口からお湯が豊富に出てくることがどんなに贅沢かということを
考えなければなりません。


バスルームのすぐ隣にクローゼットがあるので、
着替えにも便利で、機能的です。


さて準備ができたので、イクちゃんに電話すると、すぐ迎えに来てくれました。
カートでOnuに向かいます。
これは今日の午前中にイクちゃんに予約を入れてもらいました。
バトラーさんはゲストの朝食が終わって、お部屋に送り届ける時のタイミングを見計らって、
「今日のディナーはどうなさいますか? 何時がよろしいですか?」
というふうに聞いてくれます。決めるとすぐに予約を入れてくれます。


c0147790_20023572.jpg

上の写真はHPからいただきましたが、Onuはアジアンレストランで、メニューも豊富で、
とても評判がいいと聞いていたので、最初の夜に選びました。


20時半に到着してみると、もうミナオちゃん一家は着いていました。

c0147790_15133257.jpg

c0147790_15131046.jpg

c0147790_15132898.jpg

そんなにアジアンアジアンはしてないけど、ライトの竹細工みたいな感じがちょっとアジアンかしら?


まずは全員揃ったところで、写真を撮ってもらいました。

c0147790_15133714.jpg

さてお料理ですが、
今回わたしたちはハーフボードのプランで来ています。
お料理は「前菜」「メイン」「デザート」の3品を、メニューから自由に選べます。
プラス「付け合わせ」というのもあり、これも選んでもいいのです。
でも日本人はそんなに食べられないわ。


まずは全員に出てきた付き出しみたいなの。

c0147790_15134112.jpg

確か、海老のすり身をぱりっと揚げたものだったような。
甘辛いチリソースにつけて食べます。

c0147790_15135538.jpg

主人の前菜は、トムヤムクン。本場の辛さ。本当に辛い。
フクロダケが入ってます。フクロダケをみると、初めてモルディブに行ったFSクダフラを思い出すわ。
クダフラで初めてフクロダケをみて、こんな食べ物があるんだ〜と思った覚えが。
もう20年以上前の話です。


わたしの前菜は、魚介のカルパッチョ。

c0147790_15134601.jpg

見た目もきれいだし、とってもおいしかったです。
これは辛くないです。


はな子の前菜、フォー。

c0147790_15135060.jpg

これもやさしいお味。みんなでシェアして食べました。


主人のメイン。牛肉のBBQと書いてあったけど、ステーキ風。

c0147790_15140409.jpg

横にキムチがついてますね。お肉をこういうふうに焼くのは、韓国風のお料理なのかしら?
ちょっと塩コショウが足りない感じだったそうです。
左にある赤いソースは、激辛!


わたしのメイン。ロブスターカレー。

c0147790_15135903.jpg

お店のスタッフのオススメでした。このビジュアル、すごいよね。
めっちゃめちゃおいしかったです! ロブスター、ぷりっぷりで。また食べたいな。


はな子のメイン。ナシゴレン。「あまり辛くないのを」とお願いしました。
Less spicy と言えばいいそうです。

c0147790_15140993.jpg

確かに、そんなに辛くなかったわ。でもこれでもはな子には激辛だったらしい。


みんなで分け合ったり、ちょっと味見をしたりしながら、にぎやかにお食事は進みます。
コウちゃんは中高一貫の男子校に通っていて、サッカー部です。
この春から高校生ですが、もう高校のサッカー部に入れてもらっていて、練習を積んでいるらしい。
春休みにも部活があるのに家族旅行に来たから、ジムでみっちり鍛えるんだそうな。
今日もランニングマシンで走りこんで、腕立て伏せもしたそうな。
さすが男の子、見てて気持ちのいいくらいの食欲です。うちのはな子の10倍くらい食べてるわ。


お腹いっぱいなんだけど、デザートも食べるよ。

c0147790_15142501.jpg

主人のジンジャーアイスクリーム。さっぱりと。

c0147790_15143379.jpg
これはわたしのタピオカ。だけどあんまりタピオカっぽくないですよね。
抹茶アイスの下にちょっとだけタピオカっぽい部分があったけど、
想像していたものとは違ってました。


c0147790_15142830.jpg

そしてはな子のクレームブリュレ。


お料理はどれも美味しく、ほかにも食べてみたいものがたくさんありましたが、
ミナオちゃん一家にはちょっと辛すぎたみたい。
リョウくんがまだ小さいので、辛すぎるのはちょっと無理だったかなー。



10時頃ディナーが終了し、イクちゃんのカートで部屋まで送ってもらいました。
水コテのジェッティの明かりがきれいでした。


部屋に着いてみると、

c0147790_15143727.jpg

ちょっとしたお菓子が届いてました。これはアーモンドスライスをはさんだお菓子。
翌日のお昼にいただきました。



by powderblueY | 2019-04-22 20:31 | 2019 Maldives | Comments(9)