<   2019年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -57 そしてさらにスノーケリングへ

さてダイビングはこれで最後なので、
ボートクルーにチップを渡し、スヴェータさんにも渡し、
チーフのセバスチャンも出てきて、
(ほら、もうすごく前のことだから忘れかけてたけど、ダイビングのガイドさんのことでちょっとトラブったでしょ)
「お楽しみいただけましたか?」
とまたお気遣いをいただきました。
「はい。スヴェータさんと一緒にとても楽しいダイビングでした。ありがとう」


ところで、はな子たちが「バナナボートみたいなのがあったらやってみたい」と言うので、
今日の夕方、Fun Ride というのを予約してあります。

c0147790_13115325.jpg

こんなやつね。足を伸ばして座るソファみたいな形です。
4人乗りで、これをボートで引っ張ってもらうのです。


c0147790_13115213.jpg

他にも各種マリンスポーツのギアが揃っていました。

c0147790_13115479.jpg

モルディブの昼下がり。

c0147790_11583546.jpg

もう一度みなさんにお礼を言って、イクちゃんのカートでメインプールへ連れて行ってもらいました。

c0147790_11581749.jpg

プールで塩抜きをして、

c0147790_11583241.jpg

お腹すいたし、なにか頼もうか。

c0147790_11582002.jpg

いつものフレンチフライと、

c0147790_11581939.jpg

シーフードサラダ。これめちゃくちゃ美味しかったです。

c0147790_11581861.jpg

ピザはいつもマルゲリータしか頼まないので、今日は何か違うものにしてみようよ、ということで、
トマトとモツァレラチーズのピザ。マルゲリータのバジルがないだけですね。
でもおいしかったよ。

c0147790_11583308.jpg


プールサイドでのんびりしていると、

c0147790_11583468.jpg

アイスクリームやパイナップルの凍らせたのが配られます。
もちろん、デッキチェアのそばには、アイスペールに入れたお水のボトルも用意されます。


ミナオちゃんたちもやってきて、また一緒にスノーケリングしようよ、と話がまとまったので、
わたしたちの部屋へ。
テラスの階段からエントリーです。

c0147790_14430935.jpg

魚のたくさんいるジェッティ下へ。
すると、

c0147790_14431807.jpg

うわわわ。たくさんいるよ。

c0147790_14431904.jpg

体に斜めに走るシマシマ。スマですね。

c0147790_14431972.jpg

こんなにたくさんの群れ、すごいわ。
つづいて、

c0147790_14432884.jpg

アカヒメジの群れや、

c0147790_14432686.jpg

c0147790_14432172.jpg

タカサゴの仲間?

c0147790_14433773.jpg

c0147790_14433682.jpg

青色が美しいハナタカサゴ、

c0147790_14433808.jpg

ヒメフエダイの大きな群れや、

c0147790_14440310.jpg

ムスジくんもいっぱい。

c0147790_14441956.jpg

カスミアジもいっぱい。

c0147790_14440631.jpg

これはノコギリダイとヒメフエダイが混在。

c0147790_14440491.jpg

この海域は、本当にいろんな魚が群れていて、おもしろいの。

c0147790_14442020.jpg

c0147790_14443133.jpg

ブラックピラミッドも、

c0147790_14442032.jpg

いつものダツも。
ダツって、よく見ると、口角が上がっていて、幸せそうな顔してますよね。
真似しなくっちゃ。

c0147790_14440584.jpg

c0147790_14443044.jpg

c0147790_14443039.jpg

c0147790_14440631.jpg

c0147790_14442168.jpg

みんな夢中になって魚を追いかけてましたが、
気がつくと15時。
15時半からFun Ride を予約してあるので、準備しなくっちゃ。
あわてて部屋に戻りました。



by powderblueY | 2019-06-18 11:57 | 2019 Maldives | Comments(1)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -56 ダイビング7本目 Barracuda

c0147790_23484033.jpg

1本目のダイビングから上がって、フルーツが出てきました。
しばらく水面休息です。

c0147790_23485915.jpg

こんな無人島が見えたり、

c0147790_23484135.jpg


砂州の長い島だね。

c0147790_23490229.jpg

これはどこのリゾートかしら。


のんびりしているうちに1時間過ぎ、2本目のダイビングです。
今度はBarracuda という場所で潜ります。
名前の通り、運が良ければバラクーダに会えるそうです。


c0147790_23490328.jpg

エントリー。

c0147790_23491872.jpg

タテジマキンチャクダイ。美しいわねえ。

c0147790_23491952.jpg

かわいいフグちゃん。


けっこう流れがあり、一生懸命フィンキックしていたら、
出ました。

c0147790_23492024.jpg

バラクーダです。
体の縞模様がくっきり。

c0147790_23492031.jpg

すごいすごい!

c0147790_23493815.jpg

c0147790_23493906.jpg

感動です! バラクーダをこんなにたくさん見たことはなかったので。
わたしたち160本以上も潜っててこんなバラクーダの群れは初めて見たけど、
はな子ったらほんの25本くらいでこんなすごいの見ちゃって、
これがどんなにありがたく珍しいことかもわからないだろうに、もったいないもったいない。


と思ったのですが、
それから1ヶ月後のランギロアで、ものすごいバラクーダの群れを見て、
まるで壁みたいに、向こうが見えないくらいいて、しかもそれが毎日そこにいるの。
でもそれはランギロアでは普通の光景。だれも見向きもしないの。
1ヶ月前にはバラクーダにあんなに感動したのに・・・とちょっと複雑な気持ちでした。

c0147790_23494008.jpg

c0147790_23494103.jpg

c0147790_23500472.jpg

c0147790_23500565.jpg
スポッテッドバタフライフィッシュ。

c0147790_23500600.jpg

c0147790_23500776.jpg

美しい珊瑚が残っているところもありました。

c0147790_23502176.jpg

またこれがいたのよ!
今度は白いゴチですね。
周りに合わせて体色を変えるらしいです。
はな子が「またお母さんがいた」と言わんばかりに笑ってました。

c0147790_23502204.jpg

暗い岩の下にいたので、ずいぶんPhotoshopのお世話になってこの程度ですが、
アデヤッコですね。
さきほどのタテジマキンチャクダイと並んで、美しい魚の1つです。

c0147790_23502383.jpg

美しいハナダイたち。

c0147790_23502475.jpg

もうこれで今回のモルディブのダイビングは最後なので、
記念写真撮っときました。
はな子と一緒に潜れる機会はあとどれくらいあるんだろう。


c0147790_23504255.jpg
c0147790_23504175.jpg

c0147790_23504399.jpg

最後に大きなフグがいて、あまり逃げないので、接写しました。

c0147790_23504461.jpg

この模様。だれがこんなデザインを考えついたんでしょう。

c0147790_23505465.jpg

浮上して、ボートに拾ってもらいます。


Splash に帰って、最後にスヴェータさんと一緒に記念撮影です。

c0147790_23505668.jpg

本当の名前はスヴェトラーナさんというそうです。
ロシア人。冷たい感じの美人。でも周りの誰かが冗談を言うと、
仕方ないわね、って感じに笑うチャーミングな人でした。

c0147790_23505549.jpg


by powderblueY | 2019-06-17 23:47 | 2019 Maldives | Comments(0)

ひらまつ賢島 滞在中

c0147790_07011515.jpg

お部屋にも立派なお風呂があるんですが、

c0147790_07011753.jpg

時間で借りられる露天風呂もあります。
木々の間から英虞湾に浮かぶ養殖筏を眺めながらのお風呂。

c0147790_07011683.jpg

ディナーで振る舞われた食材たち。
伊勢海老、動いてます。

c0147790_07011751.jpg

目にも美しい素晴らしいお料理でした。



by powderblueY | 2019-06-16 07:03 | 国内旅行 | Comments(0)

ひらまつ賢島

c0147790_17053236.jpg

今日は主人と二人でこちらに来ています。
ひらまつ賢島。
のんびりした時間を過ごしています。
ディナーが楽しみ。



by powderblueY | 2019-06-15 17:06 | 国内旅行 | Comments(4)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -55 ダイビング6本目 Kuda Sandbank

ダイビングボートは北へ向かい、まずはKuda Sandbankというところで潜ります。

c0147790_20235949.jpg

すっかりベテランのような顔をしているけど、実はまだ20数本のはな子。

c0147790_20240195.jpg

あまり特別なものは出なかったので、お魚図鑑を。
ここにあげる魚の名前は、もちろん、南国さんの魚図鑑にお世話になってます。


いつもありがとうございます。

c0147790_20240704.jpg

まずはモルディブの定番、ヨスジフエダイ。これがいなきゃモルディブじゃない。

c0147790_20240865.jpg

クマノミ。クマノミという種は30種くらいあるそうですが、これはシンプルに「クマノミ」という名前です。

c0147790_20241631.jpg

ニシキヤッコ。主人はこの魚が好きなので、見つけたら写真に挑戦するのですが、臆病ですぐ隠れてしまうので、
きれいに撮るのは難しい魚です。


c0147790_20240912.jpg

キンギョハナダイだと思っていましたが、インディアンライアテールバスレットというそうです。
オレンジ色の体に青い目という色彩がすごく派手で目立ちます。

c0147790_20240997.jpg

クロユリハゼ。たいていペアでいます。この人もペアでしたが、たまたま一人になったところを撮りました。

c0147790_20241556.jpg

ホソフエダイ。3段に分かれた体色と、背中に斑点があるのがとっても目立ちます。
この人たちもいつもは大きな群れでいますが、このときはたまたま一人でした。

c0147790_20243676.jpg
たくさんいると、こんな感じ。



c0147790_20241757.jpg

オウギチョウチョウウオ。これを見ると目が回りそうになるのはわたしだけ?

c0147790_20241854.jpg

ウミヅキチョウチョウウオ。南国さんのご説明によると、2本の白い線を海に、黒い斑点を月に見立てて、こういう名前なんですって。
ロマンチックねえ。

c0147790_20242560.jpg

ハナビラクマノミ。

c0147790_20242624.jpg

モルディブの固有種、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ。
地味だけど、たくさん集まっているときれいです。モルディブに来たなあって気持ちになります。


c0147790_20242789.jpg

これってなんでしょう? ベラの仲間かと思うのですが。なにかの幼魚?

c0147790_20243618.jpg

イエローバックフュージラー。黄色と青の体色がとてもきれいです。

c0147790_20244437.jpg

イエローヘッドバタフライフィッシュ。白と黄色がきれいですよね。

c0147790_20243701.jpg

ドクウツボ。歯がすごいですね。ウツボに噛まれたことはないけど、噛まれたくないなあ。
もしも噛まれたときは、びっくりして手を引っ込めようとすると、ウツボは口を閉じて離れなくなってしまうので、
思い切ってウツボの口の奥に手をぐっと差し込んでやると、ウツボの方がびっくりして口を開けるんだそうですよ。
本当かなあ。そもそもウツボに噛まれてそんな冷静な行動できないなあ。


c0147790_20244368.jpg

ヴァッカルのロゴ。


はな子はスヴェータさんのすぐ後ろを泳いでいたのですが、
スヴェータさんが何か魚を教えてくれるたびに、わたしたちの方を振り返って、得意げに教えてくれるので、
笑えました。


最後に安全停止の前に、岩の上にいたのは、

c0147790_22062452.jpg

エンマゴチ。この魚もなかなかブサイクね。

c0147790_22062418.jpg

ボートに上がってから、はな子が

「ねえ最後にブサイクな魚いたでしょ」

「ああ、ゴチね」

「あの魚さあ、昔、お兄が魚図鑑見て ”これはお母さんだ” って言ってたよ」


な、なにいいいっ!?
許さん!!



by powderblueY | 2019-06-14 22:09 | 2019 Maldives | Comments(2)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -54 滞在6日目の朝

c0147790_20020659.jpg

朝5時に起きると外はまだ真っ暗。
6時半(マーレ時間の5時半)くらいにようやく少し明るくなってきます。
テラスに出てみると、海と空の境目がわからないくらい、淡い色彩に包まれています。

c0147790_20020752.jpg

今日はダイビングできる最後の日なので、午前2本潜ることにしてありました。
朝ごはんを7時に食べ始めなきゃいけません。


主人とはな子を起こして、イクちゃんに電話して迎えに来てもらいます。
イクちゃんは、昨夜22時ごろわたしたちを部屋に送ってくれて、
朝は7時前にカートで迎えに来てくれて、
バトラーさんのお仕事って、本当に大変だと思うわ。


だけどバトラーさんからしてみると、日本人ゲストはいつもニコニコしているし、
そんなにご無体な要求もしない。
多額のチップをくれるわけではないけど、お部屋もきれいに使うし、担当するゲストとしては人気があるそうですよ。


c0147790_20020766.jpg

c0147790_20023900.jpg

今日も朝食レストランのAmaany にやってきました。
朝6時半からオープンしているそうですが、
7時でもスタッフは忙しそうにバックヤードから食材を次々と運んできています。
パンを並べているスタッフや、フルーツを並べるスタッフも。
でもエッグステーションにはちゃんとコックさんがいて、なんでも作ってくれます。

c0147790_20022281.jpg

外の席に案内してもらいました。
c0147790_20022203.jpg

こういう屋根だけついている半屋外の席もありますが、
お天気のいい日は、完全外が気持ちいいですよね。

c0147790_20022364.jpg

そういえば昨日のプライベートカクテルパーティーで、
マネージャーのジャミールさんが「明日の朝、プローンカレーをご用意しますよ」と言ってたけど、
見ると、カレーの鍋はいつものフィッシュカレー。
朝早いから間に合わなかったのかな? (後日譚あり)

c0147790_20022417.jpg

ダイビング前なのであまり満腹になるのもアレなので、
オムレツはsmall で焼いてもらいました。
オムレツというか、卵焼きみたいです(笑)

c0147790_20023785.jpg

朝早いから、他にゲストはだーれもいません。
ミナオちゃんたちも、もっとあとから来ることでしょう。


c0147790_20023902.jpg

食べ終わって、腹ごなしに、Lagoon Bar の方へ歩いてみることにしました。

c0147790_20024856.jpg

c0147790_20024975.jpg

干潮ですね。
昨夜はあの建物の下にギンガメアジのぐるぐるがいたけど、この時はいませんでした。


このジェッティから東の方角を見ると、

c0147790_20025051.jpg

朝日が昇ってきています。
Arrival Jetty のシルエットがきれい。

c0147790_20025182.jpg

今日も素敵な1日になりそう。


部屋に戻って準備をして、Splash へ行きました。
今日もスヴェータさんと潜ります。


by powderblueY | 2019-06-13 20:27 | 2019 Maldives | Comments(0)

認知症になったら

♫ 1年生になったら〜

ではなく、

♫ 認知症になったら〜

と結構切実に思う今日この頃です。


物忘れが激しいし、人の名前とか絶対に思い出せないし。
家の中で子供の部屋に入って、あれ? なにしに来たんだったかな? なんて思うのは、日常茶飯事。
お酒を飲むと特にひどくて、
子供たちには「一応言っておくけど、どうせ忘れると思うから、明日また言うね」とか言われてます。


先日、高校の同窓会で京都に行ったときも、そういう話になりました。
みんな同い年なので、
目は老眼で、遠近両用メガネは必須だし、
俳優の名前とか、絶対に思い出せない。

「あのーあれあれ、あの俳優さん、ええと、車の中で不倫してた」
「ああ、あの人ね」

と最後まで名前は出ないけど、みんな「あの人」というのはわかってます。


K子ちゃんは本屋さんでバイトしていて、
ほかに一緒に働いているのはみんな20代の若い女の子ばかりなんですって。
パソコンで本の名前を検索したり、在庫を確認したりするのが、K子ちゃんは苦手で、
若い子から何度教えてもらっても、すぐ忘れちゃう。

「なあ、前から何回聞いても全然覚えられへんけど、
 最近、特にひどいわ。みんなもそう思うやろ。
 言うとくけど、わたしが認知症になったと思ったら、遠慮せんとすぐ指摘してな」

って若い子たちに言ったんですって。そしたら

「K子さん、昨日も指摘しましたよ」

って言われたって!
指摘されても、そのことすら忘れちゃうってことね。
うわあ、わたしも同じレベルだと思うけど、こわいわあ。


K子ちゃんは、車の運転も、迷子になるといけないから、どんなによく知ったところに行くにもナビを使って行くらしいんだけど、

「それがな、あかんねん。
 ”次の交差点を右に曲がります” って言われても
 右ってどっちやったかなーってしばらく考えんねん。
 あかんやろ」


K子ちゃん、そらあかんわ。



by powderblueY | 2019-06-12 11:31 | 日常 | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -53 釣ったお魚を

この日の夕日は素晴らしくて、
わたしたちの水コテの向こうに完璧に沈んでいきました。

c0147790_14404285.jpg

c0147790_10442145.jpg

この海に張り出したボックス席みたいなところも、なかなかいい感じでしたよ。

c0147790_10442266.jpg

暮れていく空を楽しんで。

c0147790_10442265.jpg

先ほどまでバンドが入って賑やかでしたが、
バーのゲストも減りました。
多分、みんなディナーのレストランへ移動したのね。

c0147790_10442801.jpg

Lagoon Bar の隣には、Arrival Jetty があります。
こちらも夕闇に沈んできれいです。

c0147790_10442969.jpg

すっかり暗くなったので、わたしたちもディナーに向かうことにしました。
バーのスタッフにお礼を言って。
ありがとう。とても楽しかったです。
こんな夕日が見られる日に、わたしたちだけのカクテルパーティーを設定していただけて
本当によかったです。

c0147790_10443021.jpg

今日のディナーは、イタリアンのイソレッタで。
昨日、サンセットフィッシングで釣った魚を調理していただけることになってます。

c0147790_10443735.jpg

c0147790_10443068.jpg

テーブルの向こうに見える水面は、海ではなくてメインプールです。
イソレッタは半分プールの上に建っているような、ちょっと変わった造りになっています。


いつものハーフボードでメニューから3品(前菜、メイン、デザート)をオーダーできますが、
それに加えて、昨日の魚が出てくるとのことでした。

c0147790_10443807.jpg
牛肉のカルパッチョ。

c0147790_10443931.jpg

パンプキンスープ。

c0147790_10444637.jpg

アスパラ。


c0147790_10443774.jpg

パンもおいしいです。


c0147790_10444833.jpg

スパゲッティ・カルボナーラ。
主人の意見ですが、パスタは本場イタリアか日本で食べるのが一番おいしいと思う。
ほかの海外でパスタを食べて、これは絶品!と思ったことはない。(と言い切る)
まあ同感です。

c0147790_10445558.jpg

はな子の大好きなマルゲリータ。

c0147790_10445673.jpg

チーズリゾット。おいしかったです。

c0147790_10444758.jpg

さあ、そしてメインのお魚がやってきましたよ。
調理方法はスチームでおねがいしました。
たくさんの野菜とともに。
新鮮でおいしかったですが、実は火の通りが甘く、骨に近いところは食べられませんでした。残念。

c0147790_10444739.jpg

こちらはミナオちゃんたちの。

ほかにエビ料理もいただいたはずなんだけどな。写真がありません。

c0147790_10445698.jpg

アイスクリーム盛り合わせ。

c0147790_10445859.jpg

ティラミス。

c0147790_10450354.jpg

飲み物とクッキーが出ました。


満足なお食事でした。
イクちゃんのカートに送られて部屋に帰ると、
「明日の朝はスノーケリングは出かけますか?」
「明日はね、午前2本ダイビングだから、行かないです」
「では朝ごはんに出かけるときに連絡をください。おやすみなさい」


c0147790_10450484.jpg

今日の枕元のお菓子はイチゴのチョコがけ。
そして

c0147790_10450528.jpg

昨日ランドリーに出したはな子の衣類がもう戻ってきていました。
無料でなくても、ランドリーを活用するのはいいなあと思いました。



by powderblueY | 2019-06-11 10:43 | 2019 Maldives | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -52 わたしたちだけのカクテルパーティーへ

ダイビングのあと、イクちゃんが迎えに来てくれましたが、
はな子が「メインプールで泳ぎたい」と言うので、連れて行ってもらいました。


プールで塩抜きして、
わたしは次、スパの時間が迫っているので、トイレで着替え、
すぐにまたイクちゃんのカートでスパへ。


今日のスパは17時からで、Lomi Juma というメニューです。
オイルを使ったマッサージで、ハワイのロミロミを取り入れたような、極楽なスパでした。
ここのセラピストさんたちは、みんな上手よ。


終わって、いつもの水上のRelaxation Area に通され、レモングラスティーをいただきましたが、
今日はあとの予定がつまっているから、早々に引き上げて受付へ。
オッサマが部屋まで送ってくれましたが、
「オッサマ、カクテルパーティーは18時半からね。
 すぐに着替えてくるから、ここで待っていてくれる?
 5分で出てくるわ」
と急いで部屋へ。
主人とはな子は、もう着替え終わって待っていました。


18時半、Lagoon Bar へ。
ミナオちゃんたちも一緒です。

c0147790_14400250.jpg

そう、今日はわたしたちだけのカクテルパーティーなのです。


ジェッティをLagoon Bar へ向かう途中、足元を見ると、

c0147790_14400382.jpg

うわっ、ギンガメアジのぐるぐるが!
ああ、ここにどぼんと入りたいわ! と言ったら、主人が
「どうぞ。オレたちはバーでシャンパン飲んでるから」ですって。


c0147790_14400423.jpg

さて、夕日はすでに傾きかけ、とってもいい雰囲気。

c0147790_14402950.jpg

Lagoon Barにもたくさんの人が。
バンドが入って、素敵な歌声を聴かせてくれてます。


わたしたちはちょっと離れたジェッティの先の席に通されました。

c0147790_14402156.jpg

ふと見ると、すぐそばの海に、マダラトビエイが2枚いました。

c0147790_14402290.jpg

つがいかしらねー、後ろのやつが追いかけているように見えるけど。

c0147790_14402361.jpg

やがて去って行きました。


さて、わたしたちにはシャンパンが用意され、
子供たちには「なんでもお好きなお飲み物を」と言われ、
はな子は「バニラシェイクをお願い」
「わかりました。このバーではバニラシェイクは作れないので、あちらのレストランから運ばせます」
と至れり尽くせり。


ヴァッカルのFood & Beverage 部門のマネージャーである、Jameel (ジャミール)さんが来てくれました。
彼は朝食レストランでたびたび会ったことがあって、
いつも、かたことの日本語で
「おっはよーございます。元気ですか」
と挨拶してくれる人です。(多分、モルディビアン)

「カクテルパーティーは昨夜だったのですが、
 あなたたちはフィッシングに行っていましたので、参加できませんでした。
 どのゲストにも公平に、と思いまして、今日これを企画しました」

ジャミールさん、ありがとう。
でも昨日のフィッシングのボートに一緒に乗っていたロシア人家族や中国人カップルが招かれているわけではないので、
オッサマがわたしたちのために奔走してくれたんだと思います。ありがとう。


シャンパンで乾杯し、

c0147790_14403166.jpg

c0147790_14403151.jpg

おつまみがいろいろ運ばれてきました。

c0147790_14403699.jpg

そして夕日も佳境です。

c0147790_14403068.jpg

ジャミールさんにシャッターを押してもらい、
(ジャミールさん、本当は偉い人だと思うのですが、あれやこれやお願いしてしまいました。ごめんね!)

c0147790_14403705.jpg

いよいよ夕日が沈みます。
ちょうどわたしたちの水コテのあたりに沈むようです。

c0147790_14403856.jpg

家族ごとでも撮ってもらい、

c0147790_14403838.jpg

沈むよー。


ジャミールさんはずっとそばにいてくれて、何かと世話を焼いてくれました。

「わたしは昔、東京で働いてました。椿山荘にいました」

「椿山荘ってFour Seasons?」

「はい、そうです」

「だから日本語がお上手なのね」

「いえいえ。モルディブは何回めですか?」

「ええと、17回めかな?」

「今までどこのリゾートに行きましたか?」

「ええと、FSクダフラ、FSランダー、ソネバフシ、ソネバギリ、ハイダウェイ、、、、(あれこれ)、、、
 最近だとマーフシヴァル、ミライドゥ2回、そしてここです」

「バアが多いですね。キハバーは行かれましたか?」

「キハバーはまだです」

「ハウスリーフがとってもいいですよ。わたしは以前キハバーで働いていました。
 もしキハバーに行くときは、必ずわたしに連絡をください。
 友人に連絡して予約を入れますよ」

「ありがとう。キハバー、検討します」

「ここの食事はいかがですか?」

「レストランもたくさんあるし、どこもとてもおいしいです。
 でもひとつだけ、残念なことが。
 朝ごはんにカレーがありますが、毎日ツナカレーでしょ。
 ほかにも日替わりでいろんなカレーがあるとうれしいです」

「ほう。日本人は朝ごはんにカレーを食べますか?」

「日本では食べません。でもモルディブに来たら、毎日食べます。
 ここのカレーはおいしいから大好きです」

「なんのカレーが好きですか?」

「わたしはプローンカレー(エビカレー)が大好き」

「わかりました。では明日プローンカレーをお作りしましょう」


ジャミールさん、ありがとう。
19時半くらいまでずっといてくれて、
「ではお楽しみください」
と言って、去って行かれました。


by powderblueY | 2019-06-10 15:24 | 2019 Maldives | Comments(2)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -51 ダイビング5本目 Legoland

イクちゃんのお迎えで、Splash へ。
今日もスヴェータさんと潜ります。

c0147790_18301653.jpg

今日はLegoland っていう名前のサイトです。
レゴランドって名古屋にもあるわよ〜。

c0147790_18302970.jpg
c0147790_18303053.jpg

機材は全部用意してくれて、楽チン。


エントリーしてすぐ、
c0147790_18303281.jpg

この写真の中になにか生物がいますが、わかりますか?

c0147790_18303330.jpg

そう、タコですね。
水中の生物の中では、格段に頭がいいと言われているタコ。
あっという間に模様や形を変えますよね。

c0147790_18304629.jpg

c0147790_18304504.jpg

優美な曲線を描くサンゴ。

c0147790_18304771.jpg

c0147790_18310568.jpg

ウツボ、いっぱいいたけど、

c0147790_18310345.jpg

この黄色いウツボは目も大きく、口はずっと開けっぱなし。

c0147790_18312129.jpg

ガーデンイールくん。

c0147790_18304866.jpg

c0147790_18310239.jpg

c0147790_18310647.jpg

ほかにはあんまり何もいなかったけど、

c0147790_18312372.jpg

この写真の中にもなにか生物がいますが、わかりますか?

c0147790_18312256.jpg

ここまで寄っても、あまりに周りの岩と同化しているのでよくわかりませんが、
ゴチですね。

c0147790_18312945.jpg

なんでこのサイトがLegoland という名前なのかよくわからなかったけど。


ヴァッカルに帰ってきて、ボートを降りて、ジェッティを歩いていたら、
色とりどりの布がボートに掛けてあって、
スヴェータさんが
「あれはパラセーリングよ。やったことある?」と言いました。

「いいえ、ないわ。あなたは?」

「ないわ。わたしにはあれは退屈よ。あまり高くまで上がらないし。
 わたし、実はスカイダイビングやるのよ」

「ええっっ」

なんとこのロシア人は、スキューバダイバー&スカイダイバーなのでした!

「4000mから5分で降りてくるのよ。最高に気持ちいいわよ。
 やってみたい?」


いえ、遠慮しときます。


「明日は午前2本お願いね」
と言ったら、ちょっとびっくりしたみたいで、
明後日のフライトの時間を調べてくれて「夕方だから、明日午前に潜るのはOKね」となりました。



by powderblueY | 2019-06-09 19:00 | 2019 Maldives | Comments(0)