<   2019年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

松山にて

土日は実家のある松山に帰って、
大好きなback numberのライブに行ってきました。
今年はアリーナツアーなんだけど、
名古屋でアリーナツアーの会場となるべきガイシホールが、現在改装中なため、
名古屋には今年は来ないのです。
それで松山のチケットをとったのよ。


ライブはもちろん、すごーくよかったです!


実家には80歳を超えた父と母が二人で住んでいるのですが、
そろそろ父には運転をやめさせなければと思い、
「運転は何歳までするつもり?」
と聞いてみたわけ。


そしたら、
町内にあったスーパーが倒産したため、町内にはもう一つもスーパーがなくて、
5km以上離れた隣町まで行かないと生鮮食料品が買えないんだって。
1時間に2本走っているバスでも行けなくはないけど、年寄り夫婦が重い荷物を持ってバスに乗るのは困難。
「ネットスーパーとかもあるよ」と言ってみたけど、
インターネットで注文なんてできない、と言うし。
今は、週に1回、車で隣町のスーパーに行って、1週間分の食料を買い込み、
冷凍して使っているんだって。


田舎の年寄りほど、車がなくては生活できないのです。


松山市に住んでいる妹夫婦のうちでは、もっと大変なことが。
妹のだんなさんの実家は、愛媛県のさらに田舎のU町にあり、
89歳と83歳の両親が暮らしているのですが、
認知症が進み、二人だけの生活は無理になってきた。
免許も返納したので、病院にも通えない。
妹のだんなさんは高校の先生なのですが、
異動願いを出して、実家のあるU町の高校に単身赴任して、
両親と同居し、食事の世話をしたり、土曜に病院に連れて行ったりしているそうな。
妹は仕事もあるし、松山から離れられないので。


今、週末は歳とった両親の介護をするために実家に帰るっていう人、すごく多いんだそうですね。


超高齢化社会となり、人生100年とか言われて、
でも少子化で、老人をささえるための若い人口は減って、
これからの日本ってどうなっていくんでしょ。
80歳を超えたら、大なり小なり、みんな認知症と考えた方がいいですしね。
「いや、わしはボケてなんかない。しっかりしとる」なんて言う人は、
そう信じていること自体、認知症の始まりと考えた方がいいですよ。
いや、ひとごとじゃないし。



by powderblueY | 2019-06-30 23:33 | 日常 | Comments(0)

back number live

c0147790_17500958.jpeg

松山にて。


by powderblueY | 2019-06-29 17:48 | 日常 | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -64 最後のスノーケリング、テラスでランチ

わたしたちの部屋にミナオちゃんたちも来て、
電話でランチをオーダーしました。

「1時に持ってきてね。
 それからもう1件オーダーがあるから、電話を代わるわね」
「部屋番号◯◯◯のミナオです。
 これからオーダーするものはこの水上ヴィラに持ってきてね。
 お会計はわたしの部屋につけてね」

と複雑なことをお願いしましたが、
ヴァッカルのスタッフは間違えず、確実にやってくれました。
2家族で旅行する場合、滞在先のスタッフがこういうことをミスなくやってくれるというのはとっても重要です。
そうでないとあとで、「あの時のお会計はこっちの分がそっちについちゃったから、◯◯◯ドルお返しして・・・」
なんてことをやらなきゃいけなくて、非常にストレスになります。


さて、1時までの間、スノーケリングに出かけることにしました。
これが最後のスノーケリングになります。

c0147790_22091535.jpg

部屋からジェッティ下へ。
この短いけれど魚がうじゃうじゃいる海域には、毎日来たわ。

c0147790_22091652.jpg

c0147790_22091701.jpg

うーん、やっぱりここも透明度がいつもよりずいぶん悪いです。

c0147790_22092468.jpg

c0147790_22092524.jpg

c0147790_22092670.jpg

それでもいつものように魚はたくさんいて、

c0147790_22092696.jpg

これがこんな短い区域だけでなく、島一周ず〜〜っとこんなふうだったらどんなに楽しいかと思ったり。

c0147790_22093407.jpg

ふと見上げると、この島で一番大きい4 bedroom の Residence です。
あとでこのお部屋を見学させてもらえるように、オッサマとイクちゃんにお願いしてあります。

c0147790_22093469.jpg

c0147790_22093526.jpg

c0147790_22093661.jpg

c0147790_22094327.jpg

最後まで楽しかったスノーケリングでした。


部屋に帰ってシャワーを浴びると、ちょうどランチがやってきました。

c0147790_22094431.jpg

テラスのこの丸テーブルにセッティングしてもらいます。
テラスのガラス床、なかなかいいでしょ。

c0147790_22094504.jpg

2家族分。
マルゲリータピザと、タコスと、フレンチフライ。パンもついてきました。

c0147790_22094462.jpg

大人はもちろんこれね。
これが前もってワインセラーに入れておいてもらった3本のシャンパンの、最後の1本です。
他に、ウェルカムシャンパンも各部屋に1本ずつあったし、
カクテルパーティーやサンセットフィッシングなど、部屋のテラスで飲まない日もあったので、
飲みきれるか心配でしたが、
最後はきっちり飲み干しましたよ。
当然です、お酒を残すなんて、給食残す以上の大罪ですから。

c0147790_22095145.jpg
お天気よく、風がとおるテラスでのランチ、最高でした。


by powderblueY | 2019-06-28 22:41 | 2019 Maldives | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -63 島を半周スノーケリング

朝食後、もう最終日なので、寸暇を惜しんで遊びますよ。
部屋に帰って水着に着替えて、すぐにスノーケリングに出かけます。
今日はVilla No. 110 のところからエントリーして、島を半周することにしました。

c0147790_14111274.jpg

このマップの右上の部分に、ビーチからエントリーできる場所があるのですが、
それがVilla No.110と呼ばれている場所です。
そこから出てSupply Jetty までだと距離が短すぎるので、いったん出て右側、Arrival Jetty の方向に泳いでみました。


そちら方面にはオレンジ色のブイがいくつか係留してあるのですが、
ヒデキが先日このあたりをスノーケリングしていた時、
地図上にある2つ目のブイよりArrival Jetty に近いところは泳いじゃダメと言われたそうな。
スピードボートや水上飛行機の発着があるから、危ないとのこと。
なので2つ目のブイまで泳ぎました。

c0147790_14030333.jpg

こんな美しい珊瑚が復活しているところもありました。

c0147790_14030437.jpg

しばらく行くと、ムレハタタテダイが現れ始めました。

c0147790_14030434.jpg

たくさんいるねー。

c0147790_14033657.jpg

c0147790_14034007.jpg

c0147790_14033156.jpg

透明度がちょっと悪いです。
昨日までの海の様子と、今日の海の様子は明らかに違っていて、
潮目が変わったというか、透明度が悪く、風がなく、季節が変わったなって感じなんです。


いつもわたしたちは3月末にモルディブに行くんですが、
3月はもちろん乾季なんだけど、
下旬になると、厳密には「乾季の終わり、雨季へうつりかわる始まり」といった感じで、
特に敏感な現地の人たちは、「あ、もう今日から雨季です」とか
「雨季になったので頭痛がします」とか言うことがあります。
ガイドブックなどには4月いっぱい乾季と書かれていることが多いですが、
近年、雨季が長くなってきているようですしね。
この時も、明らかに昨日までとは季節が変わったな、って感じでした。

c0147790_14034829.jpg

ドロップオフから顔を上げて島を見ると、島からの距離感はこんな感じ。

c0147790_14034482.jpg

c0147790_14040094.jpg

c0147790_14040479.jpg

ブラックピラミッドもちらほら。

c0147790_14035665.jpg

くるりくるりと向きを変えるムレハタタテダイは、本当にきれいです。


さて2つ目のブイまで泳いで、引き返し、エントリーした110を過ぎてSupply Jetty まで泳ぎましたが、
どんどん透明度が悪くなり、魚が全然いなくなりました。
ヒデキが「いつもはもっといるんだけどねー。今日はダメだな」と言っていました。
それでもヒデキは遠目にトビエイを4枚見たそうですが、わたしたちには見つけられませんでした。


Supply Jetty まで到着して、そこにいたスタッフに引き上げてもらおうと思い、
「Help us !」と言ったら、
「そこから上がるのは無理だから、回り込んでこっちまでくれば梯子があるよ」
とのこと。
行ってみると、確かに梯子があって、そこから簡単にJetty に上がれました。


わたしたちの優秀なバトラーのイクちゃんが、みんなのサンダルをSplash に届けておいてくれたので、
みんなでシャワーを浴びて、タオルを借りて、サンダルをはいて、部屋に帰りました。

「ランチはIn Villa でいただこうと思っているのよ」
とイクちゃんに言ったら、
「早めに電話をして、何時に持ってきてください、って言っておけば、
 それを待っている間に海に出かけられますよ」
とアドバイスをもらいました。
さすがイクちゃん、わたしたちの行動パターンを読んでいるわね。
わたしたちがこれからさらに、部屋からのスノーケリングをしようと思っていること、
お見通しね。


by powderblueY | 2019-06-27 14:01 | 2019 Maldives | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -62 Amaanyの朝ごはんはやっぱり最高

8時半に朝食レストランAmaany へ。
c0147790_13252808.jpg

ここでのおいしい朝食も、今日が最後です。


外の席に7人分セットしてもらいました。

c0147790_13252956.jpg

c0147790_13253007.jpg

今日はもうダイビングもしないし、時間もたっぷりあるから、
ゆっくりとBuffet を見て回ります。

c0147790_13253661.jpg

c0147790_13253693.jpg

c0147790_13253769.jpg

ここのパンは、種類豊富で本当に美味しくて。

c0147790_13253841.jpg

c0147790_13261349.jpg

生ハムをグラインダーでスライスしてくれます。

c0147790_13255435.jpg

ここはエッグステーション。子供たちが思い思いに卵料理を頼んでます。

c0147790_13255566.jpg

c0147790_13255615.jpg

隣には点心コーナーと、

c0147790_13255759.jpg

焼きそばコーナーも。
焼きそば、一度はオーダーしてみたかったけど、ものすごく量が多そうで、
結局食べずでした。

c0147790_13260646.jpg

さらには色とりどりのフルーツコーナー。

c0147790_13260783.jpg

このシェフが美しくカットしてくれます。

c0147790_13261347.jpg

穴子(うなぎ?)やお寿司のコーナー。

c0147790_13261522.jpg

そしてラテやカプチーノをつくってくれるコーナー。

c0147790_13261463.jpg
今思い出してもうっとりなヴァッカルの朝食でした。

c0147790_13260448.jpg
c0147790_13260570.jpg

この日はスタッフが「Eye Opener はいかがですか?」と色とりどりの飲み物を持ってきてくれました。
朝の胃袋を目覚めさせる、ちょっとスパイスの効いた飲み物。
思い思いにいただきました。


さて、昨夜Vakkuでの夕食の時、「明日の朝、シュリンプカレーを作りますよ」とジャミールさんと約束したんだけど、
見回してもジャミールさんはいなくて、
Buffetにはいつものツナカレーしかなくて、
どうしよう? と思いました。


シャンパンもいただいてお腹もいっぱいになったし、
もうこれ以上食べなくてもいいんだけど、
でもせっかくジャミールさんがああ言ってくださったし、
勇気を出して、スタッフに
「ジャミールさんはいらっしゃいますか?」
と聞いてみました。


そしたらやはりManagerだからスタッフの顔に緊張が走り、
「ご用でしたらすぐに呼んでまいりますが」
と言うので、
「いや、朝早いし申し訳ないので、わざわざ呼んで来ていただくことはないのですが、
 彼がシュリンプカレーをつくるよっておっしゃってくださったので」
と、英語では伝えにくいな〜と思いつつ言ったら、
「わかりました」と言って、すぐにジャミールさんを連れてきてくれました。


ジャミールさんは
「おはようございます。
 すぐにシュリンプカレーをお作りしますよ」
と言ってくださり、
その後もスタッフが
「今、エビを炒めてますからね。すぐにできあがりますよ」
なんて報告に来てくれたりして、
そして、シュリンプカレーが出てきました。

c0147790_13262063.jpg

モルディブ風のさらさらのカレーに、これでもかっていうくらいたくさんエビが入れてあります。
ココナッツ風味で、とってもおいしいです。
ジャミールさん、ありがとう!


ジャスミンライスも山のように持ってきてくださり、
みんなで分けていただきました。


ジャミールさんが来て、片言の日本語で、
「日本では、エビは高いですか?」
「高いです」
「ここではエビはスリランカから買ってます。とっても安い」

へええ、だからこんなにてんこ盛りにエビを入れても大丈夫なのね。
これ、すごくおいしいから定番のメニューになるとうれしいわ。


最後の日に、こんな贅沢なメニューをいただけて、
本当に満足でした。

c0147790_13262152.jpg

青い空と青い海をバックに。


c0147790_13262276.jpg


by powderblueY | 2019-06-26 15:03 | 2019 Maldives | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -61 最後の朝、やっぱり朝スノ

c0147790_14514071.jpg

次の朝。6時に目覚めました。
ヴァッカルで迎える最後の朝です。


7時になって外が明るくなってきたので、玄関から出てみると、

c0147790_14514146.jpg

太陽は昇っているようですが、
厚い雲の向こうに隠れています。

c0147790_14514200.jpg

テラスに出てみると、デッキチェアが濡れていました。
少し雨が降ったようです。


まだ水中も暗そうなんだけど、でも最終日だから、
当然、朝スノには出かけるでしょ。


さっと用意をして、7時25分にエントリーしました。(普通のリゾートの6時25分ですね)

c0147790_14563700.jpg

ジェッティ下まで行ってみると、
いつもより透明度が悪くて、海の中も暗いです。


あまりなにもいないなー、と思ったのですが、
よくよく見ていると、群れがいます。

c0147790_14520830.jpg

c0147790_14520800.jpg

アカヒメジとか。

c0147790_14520949.jpg

c0147790_14521037.jpg

ムスジくんとか。

c0147790_14521581.jpg

c0147790_14520176.jpg

c0147790_14520294.jpg

パウダーブルーも群れというほどではないけど、あちこちに集まっていました。

c0147790_14521788.jpg

ヒメフエダイ。

c0147790_14522791.jpg

興味津々で寄ってくるツバメウオ。

c0147790_14522612.jpg

c0147790_14521872.jpg

今日はいつもよりパウダーブルーが多い気がする。
そのうち何かのきっかけでみんなが集まり始めると、パウダーブルー玉になるのかな。


ちょっと離れてドロップオフに近い所まで行ってみると、
深い所に何かいます。


c0147790_14523490.jpg

岩陰に隠れているけど、きっとサメです。
5〜6メートルあるところでしたが、思い切って潜ってみました。

c0147790_14522982.jpg

うわあ、このしっぽ。
頭も、うまく写真は撮れませんでしたが、平べったい、ナマズみたいな感じの頭。
多分、オオテンジクザメ、英語でナースシャークだね。

c0147790_14522814.jpg

うれしくて、何度も何度も潜って撮りました。

c0147790_14523357.jpg

岩の下から出てくるかなーと思ってしばらく待ったけど、
出てきませんでした。


あとは一目散に部屋に戻り、
シャワーを浴びて、みんなを起こして、朝ごはんです。


by powderblueY | 2019-06-25 15:02 | 2019 Maldives | Comments(0)

知多のお寿司屋さん「睦月」

先日、ミナオちゃんと主人とわたし、それに後輩のOJちゃんの4人で行ってきました。
ミシュラン一つ星です。


知多半島の名鉄「上ゲ」という駅から徒歩1分なのですが、
この「上ゲ」というのが各駅停車しか停まらないローカルな駅で、
名古屋から行くのはなかなかめんどうです。
でも仕方ないね、お酒飲むから車で行けないし。


カウンターに8席、あとは扉で仕切られた向こうに、座敷の席が少しあります。


イケメンの大将が握ってくださいます。


おまかせコースで12000円。
でてきた順に並べます。

c0147790_23425919.jpg
煮だこ

c0147790_23430033.jpg
かます

c0147790_23430426.jpg
たちうお

c0147790_23430419.jpg
さざえと平貝のあえもの

c0147790_23430597.jpg
たいらぎの明太焼き

c0147790_23430576.jpg
こち

c0147790_23431489.jpg
鮎の炊いたの 山椒とともに

c0147790_23431472.jpg
いわし

c0147790_23431548.jpg
鰹の漬け

ここから先、握りで
c0147790_23431594.jpg
佐賀唐津の赤ウニ
ほろほろなので、手に乗っけて

c0147790_23431997.jpg
エビ

c0147790_23431945.jpg
アオリイカ

c0147790_23431987.jpg
帆立

c0147790_23432035.jpg
甘エビ 昆布締め

c0147790_23432499.jpg
キンキ
これもほろほろなので、手に乗せていただきます

c0147790_23432468.jpg
穴子

c0147790_23432400.jpg
アジ

c0147790_23440075.jpg
たまご

c0147790_23440040.jpg
杏仁豆腐

途中、ビールと日本酒を5種いただきました。
「たなか65」「義侠」「鍋島」「ひらかみ」 もう一つは失念


どれも繊細なお味で、も〜〜〜大満足です!!
みんな、子供は家に置いて、しばし大人の時間を楽しみました。
1年に1度くらい、こんな贅沢もいいわね。


by powderblueY | 2019-06-24 08:51 | 日常 | Comments(0)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -60 テラスで夕日、Vakkuでディナー

夕方になり、ミナオちゃん一家がわたしたちの部屋に来ました。
ここのテラスで見る最後の夕日です。

c0147790_00264161.jpg

大人は飲み物の用意をし、

c0147790_00264868.jpg

子供は海の上のネットに転がり、
思い思いに過ごします。


c0147790_00264123.jpg

楽しかった滞在に乾杯!
明日ももう1日遊ぶけどね。


c0147790_00264221.jpg

夕日、雲の中に入っちゃったけど、どうかしら? もう1回下の方から出てくるかしら?


そういえば、今朝の朝食は、わたしたちはダイビングの前で早朝にいただいたけど、
いつもの時間にミナオちゃん一家が朝食レストランに行ってみると、
昨夜のカクテルパーティーでご一緒してくださったFood & BeverageのManager のジャミールさんがいらっしゃって、

「シュリンプカレーをご用意してありますが、
 もう一家族の方々は?」

と聞かれたんだって。
「今日はダイビングだから、朝早く食べたと思います」
ってミナオちゃんは言ってくれたって。


あ〜、シュリンプカレー食べたかったなー。
残念!
忘れず用意してくれてたなんて、感激だわ。


c0147790_00264797.jpg

周りは赤くなりましたが、
この日は水平線上に暑い雲があって、夕日はこのままおしまいとなりました。


最後のディナーは、シグニチャーレストランであるVakkuに行くことにしました。


20時ごろ到着したのですが、ゲストがいっぱいでとても賑わっていて、
スタッフの人手が足りていない模様。
席には案内されたけど、メニューさえなかなか来ず、
そこへたまたまジャミールさんがいらっしゃったので、
昨夜のお礼もそこそこに
「メニューお願いします。あと、ビールもね!」
って言っちゃったわ。ごめんなさいね。

でもジャミールさんは、いやな顔ひとつせず、ビールを持ってきてくれて、
「今朝はカレーをご用意していたんですよ」
「ごめんなさいねー。今朝はダイビングでとても早く朝食をいただいたので。
 明日は最後の朝だけど、シュリンプカレーをいただけるかしら?」
「大丈夫ですよ、ではAmaany に着いたら、わたしを呼んでください」


ジャミールさん、やさしい〜!


さて最後のディナーは、

c0147790_15231127.jpg

はな子の前菜。ビーフのサラダ仕立て。
ビーフはたたきみたいな感じになってます。

c0147790_15232877.jpg

はな子のメイン。フィレ肉のグリル。すっごく厚いお肉がきました。
焼き加減もミディアムレアでばっちり。

c0147790_15231247.jpg

わたしの前菜。プローン。
レモンをしぼっていただきます。とってもおいしい。

c0147790_15232763.jpg

わたしのメイン。ロブルターグリル。
どんだけエビ好きなんだか。

c0147790_15231309.jpg

これは主人の前菜で、たたき風ですね。

c0147790_15232833.jpg

そして主人のメイン。リブアイステーキ。

c0147790_15231036.jpg

パンもおいしく、

c0147790_15232912.jpg

デザートはみんなココナッツアイス。


おいしかったです。ワインも進んだし。


c0147790_15233502.jpg

最後にみんなで写真を撮ってもらいました。


イクちゃんのカートでお部屋に帰ると、

c0147790_15233653.jpg

ベッドサイドにはチョコチップクッキーが。


イクちゃんに「明日の朝はスノーケリングに行きますか?」と聞かれて
「多分行かないわ」
と答えたけど、でも目が覚めたらやっぱり最後の朝だし、朝スノに出かけるんだろうなあ、と思いつつ寝ました。



by powderblueY | 2019-06-23 14:52 | 2019 Maldives | Comments(0)

冷蔵庫が壊れちゃったんですよー

水曜の夜、テレビを見ていたら、
10月からの消費税増税を前に、
大型家電の買い替え需要が高まっている、って言ってました。


「大型家電。
 こういうのって10月を過ぎてから急に壊れたら悔しいから、
 調子が悪いものがあったら、早めに替えておくべきかもね」

「でも、いまうちで調子が悪い家電って、ないだろう?
 洗濯機も冷蔵庫も調子いいし」

って主人と話していたのよ。


そしたら、木曜日、冷蔵庫が壊れました。


もう、笑っちゃうでしょ。
冷蔵庫さんあなた、わたしたちの話を聞いてたでしょ! って感じ。


この冷蔵庫は、結婚のときに買ったものだから、
もう21年選手なんです。
21年も苦楽をともにし、子供たちの成長を見届けてきた冷蔵庫なのね。


壊れたといっても、自動製氷の製氷皿をひっくり返す機能が壊れたらしく、
自動で氷が作れなくなってるだけで、
ほかの冷蔵室や冷凍室を冷やす機能は大丈夫なんです。


だけど、冷蔵庫って、1日たりとも なしでは過ごせない家電じゃないですか。
洗濯機は、コインランドリーがあるからいいわよ。
でも冷蔵庫はそういうわけにいきません。


「これから暑い日々が続くし、
 不意に全機能が壊れたら、もうなんともならないから、
 この警告をありがたいと思って、買い替えることにする?」

「そうだな」

というわけで、木曜の夕方には、主人とケーズデンキに行きました。


冷蔵庫って、高いんですね。
10万くらいで買えるかと思ったら、
最低でも20万、高いのは38万とかいうのもありました。
なんで? ただ冷やすだけの箱でしょ?


でも21年前に比べると、さすがに性能も格段の進歩を遂げていて、
まず、外側のサイズは同じでも、容量は100リットルも大きくなっている。
冷却装置が小さくなったからなのね。


それから放熱するパネルは、以前は冷蔵庫の背面についていたから、
後ろの壁から5センチ離して設置するように、と言われたものだけど、
今は冷蔵庫の上面から放熱するので、後ろの壁にぴっちり密着させてもいいんだって。
(そのかわり、上にものは置けません)


そして前面にはマグネットでお買い物メモや連絡事項などを貼り付けてたものだけど、
今の冷蔵庫の前面はガラス製なので、マグネットがひっつかないんだって!


ほかにも、野菜室では適切な湿度を保つとか、でも水滴がつかないように除湿の機能もあるとか、
ただの冷やす箱とは言えない様々な機能が。


大きな出費となりましたが、
容量も大きなものにしたし、これから何でも入れられるわ〜。


しかし、ふと気づいたのです。
あと3年後には、子供たちも大学生で、おそらく家を出てしまい、
主人と二人だけの生活になるってことに。
冷蔵庫に入れるものも、あんまりないじゃん。
部活用の大量のお茶も、ジュースも、がぶ飲みする牛乳も、全部いらなくなるじゃん。


なにより、来年ジロがどこかに合格して家を出るとすれば、
もう家族4人で暮らせる日は、多分、一生やってこない、ってことに気づいて、
愕然としたのでした。



by powderblueY | 2019-06-22 01:21 | 日常 | Comments(2)

Maldives 2019 Vakkaru ヴァッカル -59 スパへ、そしてDeparture のお手紙

ところで、毎日通っているスパですが、
この日はわたしは16時に予約を入れてもらっていました。


そしたらイクちゃんが
「Fun Ride が15時30分からですが、一緒に観に行かれますね?
 間に合わないといけないので、
 スパは16時半に変更しておきますね」
とすごく気を利かせて、電話一本で変更してくれました。


そしたらFun Ride が16時10分くらいに終わり、イクちゃんが
「このままスパに行きましょう。
 大丈夫、16時半の予約を少し早めてもらいましょう」
と、自由自在に時間を変更してくれて、
結局、スパに到着したらすぐに受けられるようにしてくれました。
もう、なんて気が利くのかしら。名古屋に来て我が家専属のバトラーになってくれないかしら。

c0147790_00261826.jpg


見ていると、イクちゃんはとっても真面目なバトラーさんなんですが、
スパのおねえさんたちとはマメに言葉をかわして、
多少の無理は聞いてもらえるように普段からコネを作っているみたい。
「今日もきれいだね」なんてことをささやいているのかしら。いや、真面目なモルディビアンはそんなこと言わないか。
イタリア人じゃないんだから。
まあとにかく、優秀なバトラーさんなのでした。


今日のスパはOriental Foot Massage。フットマッサージ大好き。
そもそもスパの道に はまったのは、以前の職場の近くに
Queensway というリフレクソロジーのお店があって、たまたま1回行ってみたらものすごく気持ちよくて、
それがきっかけなのよー。
なんてことを思い出しながら、至福の時を過ごしました。

c0147790_00261903.jpg

終わってから、またRelaxation Areaに案内してもらって、レモングラスティーをいただきながらのんびりします。

c0147790_00262558.jpg

このエリアは本当にいいわ〜。
だいたい、この方向には水平線上にひとつも島がなくて、見渡す限りのまっすぐな水平線が望めます。
すばらしい景色です。

c0147790_00262400.jpg

c0147790_00262655.jpg

c0147790_00263299.jpg

いつも全然人がいないし。

c0147790_00263392.jpg

c0147790_00263438.jpg

ここでは本当に至福の時を過ごしたわ。

c0147790_00264090.jpg

明日、最終日ですが、出発は夕方なので、
明日の予約も入れて、スパをあとにしました。


イクちゃんが、Departureのお手紙を持ってきてくれました。
いや、受け取らなくていいなら、受け取りたくないけど。


開けてみると、明日の出発は17時45分で、
その時までお部屋は使えるとのこと。ありがたいわ。
あと1日遊べるなんて、得した気分。
(あ、でもヴァッカルはリゾートタイムなので、実際には16時45分ですね)
キャセイのマーレ国際空港発は、22時45分です。


それからお手紙には、ここまでの請求も同封されていましたが、
到着した翌日の日付けで$340ほどの請求があり、なんだろう??と考えてみたら、
お部屋のワインセラーに入れてもらった「比較的お手頃な価格のシャンパン3本」だわ。
わたしたちが普段飲んでいるシャンパンの10倍くらいするけれど。
でもとにかく、もう課金されているということは、飲まなきゃ損損ってことね。
あと2本あるから、今晩の夕日を見ながらと、明日のランチをミナオちゃんたちとIn Villaでいただくときに飲もう、と思いました。



by powderblueY | 2019-06-21 23:24 | 2019 Maldives | Comments(0)