Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -45 ダイビングボートで



c0147790_00321629.jpg
ダイビングボートには、わたしたち2人のゲストのために、
キャプテンとボートクルーが2人、そしてガイドのミチさん、計4人が同行してくれます。
なんて贅沢。


ボートはすぐに出航しました。
今日はボートで30分くらい走ったところにあるDonfaruという島の沖合で潜るそうです。
去年、アドバンスの講習の中で、Naturalistというコースをとったのですが、
その講習で潜ったところだそうです。


ボートが走っている間に、ミチさんといろいろお話をしました。


今、ミライドゥはイースターホリデーのゲストでほぼ満室だそうです。
(このとき3月末の火曜日。次の日曜日がイースターとのことでした)
去年と変わらずヨーロピアンがほとんどで、ついで中東系のゲスト。
アジアは日本と韓国にしかプロモーションしてないそうです。


ミチさんは2016年12月にミライドゥがオープンした時からここにいらっしゃるんですが、
「正確に言うと、オープン前からいるんですよ」
とのこと。
採用が決まってマーレまでやってきたら
「まだミライドゥにはスタッフ用の宿泊施設ができてないので、
 しばらくバロスで待機していてくれ」
と言われ、(ミライドゥとバロスは姉妹リゾートです)
バロスでダイビングセンターのお手伝いをしていたそうです。


しばらくして、そろそろ来てくれと言われて行ったら、
スタッフの宿舎はまだできていなくて、
ダラヴァンドゥのゲストハウスに泊まって、毎日ミライドゥにオープンの準備のために通っていたんだとか。
ミチさんもペンキを塗ったりしたんですって。
ダラヴァンドゥとミライドゥの間は、スタッフ用のボートで行き来していたのですが、
当然、1日に数便しかないので、
みんなで乗り合わせて行き来する。
自分の仕事が7時に終わっても、最後の仕事が終わる11時までボートが出なくて、
疲れてヤシの木にもたれて寝てましたよ、って。
11時から30分かけてボートでダラヴァンドゥに帰り、
ゲストハウスでは本当にくたくたになって寝るだけ。
そんな毎日だったそうです。


「そのうちやっとスタッフ用の宿泊施設が完成して、ミライドゥに住むようになりました。
 突貫工事でオープンに間に合わせたのですが、
 そういえば、カートが落ちた事件がありました。
 研修期間中で、水コテに向かうジェッティの上を、スタッフがカートを運転していたんですが、
 どこをどう間違えたか、ジェッティからカートごと落ちてしまって」

「ええっ」

「運転していた子は大怪我をして、頭からたくさん血が出て、
 他のスタッフに抱きかかえられながら食堂に入ってきまして。
 結局、マーレの病院まで送られました。
 このあたりでは、ちょっとした怪我や病気はバア環礁の病院で診てもらえますが、
 大きな怪我や病気はマーレの病院まで、
 さらにマーレでも手に負えないということになると、インドやスリランカの病院に行くんですよ」


そんなことを話しているうちに、
ボートはダイブサイトに到着したようです。
準備をしてエントリーします。

c0147790_00321760.jpg


# by powderblueY | 2018-05-30 15:01 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -44 朝食

c0147790_14014055.jpg

朝食に行くために、部屋を出ました。
東の空には、もう太陽が高く昇っています。
そして暑いです。


Oceanでは外の席に案内されました。
ビーチ際の席で、ふと見ると、波打ち際をサギが歩いています。

c0147790_14014034.jpg

浅瀬の波の模様がとってもきれい。


朝7時15分くらいでしたので、早いから誰もゲストはいないかなーと思っていたら、
コリアンの4人家族と、ヨーロピアンも2組ほどいました。


わたしたちが朝シャン好きなのを知っているスタッフが、主人に
「今朝もシャンパンをいかがですか?」
と尋ね、
起きたばかりで頭の回っていない主人が、うんうんとうなずいてしまい、
新しく開けたばかりのロゼシャンパンの瓶と、グラスを2つテーブルに持ってきてくれ、
あわててわたしが
「ごめんなさい! これからダイビングだったわ!」
と残念だけどお断りし、
すると隣のテーブルのカップルが
「じゃあわたしたちがいただくわ」
と引き取ってくれました。


そんな出来事が、光る青い海と、さんさんと降り注ぐ太陽の光とともに
思い起こされます。
おだやかで親密な空気の流れるミライドゥなのでした。


c0147790_14014475.jpg

c0147790_14014437.jpg

c0147790_14014484.jpg

今日もたくさんとってきたわ。
ダイビング前だからね、あまり満腹にならないほうがいいんだけど。

c0147790_14014539.jpg

といいつつ、フルーツまで。
マンゴーは毎日いただきました。


今日はどこまで潜りにいくのかしらね。
楽しみね。

なんて話しながら朝食を終え、
部屋に帰ります。

c0147790_14014915.jpg

c0147790_14014969.jpg

浅瀬も、のぞくと小さな魚がいっぱい。

c0147790_14014995.jpg

この景色は本当にきれい。

c0147790_14015027.jpg

ミライドゥカラーのカート。


お部屋に帰ってダイビングに出かける準備をしながら、カレンさんに電話をかけました。
昨日のカクテルパーティーの時に、
モルディビアンのシェフがクッキングクラスをやるので、ぜひ参加してみてください、ご希望の時間を知らせてください、
と言われていたのですが、
それを今日の午後にしてもらおうと思って。
カレンさんにすぐに電話が通じ、今日の13時半ということでお願いしました。


それと、同じく夕べのカクテルパーティーのときに、
Reservationのニーシャさんから、
もし水上の広いお部屋Ocean Residenceに興味がおありでしたら、ぜひ見学なさってください、と言われ、
今日の17時に案内してもらう予定になっていたのですが、
カレンさんが
「申し訳ありません。こちらの勘違いで、今日の朝9時半にゲストが入ることになっていたんでした。
 もし今からすぐでしたら、ゲストが入る前にお部屋をご案内できますが、いかがですか?」
と言われたのですが、
「ごめんなさい、カレンさん、今からダイビングなの。残念だわ」
とお断りしました。
残念!
でもこうして日本語でいろんな打ち合わせができるのは、本当に便利です。


さて、水着に着替えて、カメラやマスクを持って、
8時半にArrival Jettyに行きました。
ミチさんはじめ、ボートクルーはもうスタンバイしてくれてました。
今日はゲストはわたしたち2人だけのようです。



# by powderblueY | 2018-05-29 14:32 | 2018 Maldives | Comments(0)

Maldives 2018 Milaidhoo ミライドゥ再訪 -43 火曜日の朝

夜中、何度か目が覚めましたが、
最終的に5時に起きて、
コーヒーを淹れてテラスのオンドーリでのんびりしていました。


今日は午前にダイビング2本行きますので、集合は8時半です。
朝ごはんをゆっくり食べるなら、7時にはレストランに行かなくちゃ。
ってことは今日は朝スノは無理だね。残念!


6時になったので、朝日を見に出かけることにしました。

c0147790_22433816.jpg

部屋のドアを開けると、東の空が赤くなっています。
でも上に大きな雲があるね。

c0147790_22433855.jpg

緑の生い茂るジェッティを歩いて、朝日を見に行きます。

c0147790_22433863.jpg

この緑は、剪定されたばかりみたい。
暑いところだから、植物が伸びるのはとっても早いみたいです。

c0147790_22434369.jpg

水上ヴィラの一番東の端のお部屋の前まで行くと、朝日が昇ってきたところでした。

c0147790_22434352.jpg

雲は多いけれど、昼間はいいお天気になりそうです。
モルディブのお天気って、夜中には雲が多く、雨が降ったりすることもあるけれど、
太陽が出てくると雲がさーっと晴れて、快晴になることが多いです。

c0147790_22434909.jpg

今日も素敵な1日になりますように、と
祈りたくなるような朝日。

c0147790_22434399.jpg

お部屋に戻りましょう。

c0147790_22434912.jpg

テラスからは、まだ明けきらない感じの海。
こちら側は西側なので。まだ日が当たっていません。

c0147790_22435061.jpg

そうそう、この部屋のプールの上に張り出した形のデイベッド、
今年はシフォンのカーテンがつきました。
風のある日はタッセルを解くと、ひらひらと揺れてきれいです。

c0147790_22435003.jpg

とても居心地のいいオンドーリ。
我が家にもほしいわ。

c0147790_13504740.jpg

そういえば、昨夜ディナーを終えて部屋に帰ったら
ランドリーが届いていました。
日曜日のお昼に出したものが月曜の夜にかえってきたので、
ちょっと時間がかかりますが、でもとーってもありがたいサービスです。
去年は何点出しても無料だったのですが、
洗濯物が増えすぎてかえすのに時間がかかることもあって、
今年は1日1人2点までということになってました。
それでもありがたいです。

c0147790_13505071.jpg

カゴの蓋をあけると、ミライドゥマークの上品な紙に覆われて、

c0147790_13505025.jpg

洗濯物がきれいにたたまれて入っています。
ありがとう!

c0147790_22435390.jpg

洗面台と、

c0147790_22435363.jpg

バスタブ。
ゆっくり手足を伸ばして入れます。
お湯の出は問題なく、10分くらいでお湯が張れます。
ガラスの扉は開きますので、スノーケリングから帰ってきてテラスに上がったら、
そのままバスルームに直行できます。
(テラスに上がる階段の途中に、温水の出るシャワーもついているので、あまり直行する必要もないんですけどね)
こんなふうに、いたれりつくせりな感じです。


さあ、朝ごはん食べに行きましょう。



# by powderblueY | 2018-05-28 23:02 | 2018 Maldives | Comments(0)

今日もいいお天気でした

c0147790_22412528.jpg

上高地、今日も最高のお天気でした。
心が洗われます。




# by powderblueY | 2018-05-27 22:40 | 国内旅行 | Comments(6)

上高地に来ています

c0147790_17273088.jpeg

ミナオちゃん一家と上高地に来ています。
新緑のこの季節、さわやかでとてもきれい!

# by powderblueY | 2018-05-26 17:26 | 国内旅行 | Comments(2)