美白話 その1

今をさかのぼること数十年、わたしが若くてぴちぴちだったころは、
日焼けしている方がかっこいい、という時代でした。

色白はかっこわるい。
夏に色白なのは
「お金も彼氏もないので、海やプールに行けません」って顔に書いてあるようなものだったんですよ。

日焼け止めどころか、サンオイルを塗って、がんがん焼いていた時代です。

当時、学生生活を京都で送っていたわたし。
京都の高野というところにホリデイイン京都というホテルがありまして、
わたしたち学生にとって、当時はとってもおしゃれだったわけですが、
(今もあるのだろうか??)
夏はそこのプールに泳ぎに行くのが、学生の間ではもう最高におしゃれでございました。
そのプールサイドでは、甘いサンオイルの匂いがぷんぷんで、蝶や蜂が集まってきそうな勢いでした。

もっちろんわたしも、サンオイルをしたたるほど塗って、日光の下に我が身をさらしていたわけですね。

日焼けしても、真っ赤っかになってすぐ褪めちゃう人と違って、
わたしはじっくりと確実に黒くなっていくタイプ。
これがかっこいいのよね、って思ってたわけです。

そして十年後・・・ツケが回ってきました。
当然の結果として、顔にシミができ始め、
数十年たった今では、もう数え切れないほどのシミができてしまいました。

しかも日々、増えていくのよね~。
この間までなかったところに、あれ?これシミのできはじめ??と思う、薄い茶色い色素沈着が現れ、
数ヶ月を経て立派なシミに変貌していく様子は、恐怖としか言いようがありません。

でもシミはいったんできたら決して薄くならないし、
レーザーも効きにくいし、
絶対に治らないもの、と思って、ケアもしませんでした。

ところが、先日、台湾に行く前に美容室に行ったんですが、
そこで美容師さんがいつものように雑誌を出してきてくれました。

どう考えても「STORY」世代のわたしに、
「VERY」を出してくるところが、美容師さんの心憎い配慮ですね。

ほか、たくさんの雑誌をめくっていたら、「Precious」の5月号に「美白コスメで 今ある”シミ”はどこまで消える? 大研究」という特集がありました。
最先端の商品を使ってみたメークさんたちの証言、数々の美白コスメの紹介、各メーカーがどういうところに力を入れているか、
などなど多角的に特集されていたわけですが、
ほほ~っと心に響く発言がいろいろあったわけですね。
(実物がここにないので、このとおりではないかもしれません)

その1,美白コスメは、1本使って効果が出るとは思うな。最低でも3本は使ってみて、それでようやくシミの辺縁が薄くなり始めたかなあという感じ。

その2,集中使いが効果的。たとえば美白シートマスク。1週間に1度の使用、と書いてあったら、連日使ってみましょう。

その3,シミの効果的な治療法はまだ十分にわかっていない。各メーカーがいろんなところにターゲットを当てて研究しているので、1つのメーカーのシリーズ使いでなくて、いろんなメーカーのものを使ってみるのがよい。

読み返してみると、なんだよ、結局、大量にいろんなものを使ってみろってことじゃんか、
って思うのですが、
それを読んだときは、ほほ~っなるほど、わたしも絶対治らないなんて思わずに、
真剣に「シミケア」をやってみようと心に誓ったのでした。

明日に続く。
# by powderblueY | 2009-06-01 23:35 | 日常 | Comments(0)

台湾に行きたいわん11 --- 帰国の途へ

GWに行った台湾旅行記、最後です。

お部屋をチェックアウトしたあと、ベルボーイにスーツケースを預けて、予約した金龍餐廳へ。

ここではエビシュウマイや餃子やチャーハンを食べましたが、
はっきり言って、お味は今ひとつ。
「お母さん、結局 小籠包、1回しか食べに行かなかったじゃん!」
とご立腹の息子。
本当だねえ。こんなことなら最後のランチは少々遠くてもディンタイフォンに出かけるべきだったわ。
これが唯一の心残りです。
次回はもっと繁華街に近い、ディンタイフォンに近いホテルに泊まろうと思います。

帰りは空港までバスで行き、定刻のフライトでセントレアに帰ってきました。
これは台北桃園空港の一風景です。
c0147790_2337445.jpg

PCに向かうトマトくん。いや、柿かな? なんだか意味不明な・・・

空港内の本屋さんをのぞいてみると、日本と全く同じ女性ファッション雑誌があってびっくり。
c0147790_23392373.jpg

「with」とか「ViVi」とか「Ray」とか、日本のものと全く同じだけど、
中国語です。

搭乗口近くには、立派なキッズエリアもあります。
c0147790_2341746.jpg

それから、免税エリアでもからすみが売られていましたが、
問屋街で買ったのよりは、はるかに高かったです。(当たり前か)

帰りはほんの2時間10分のフライトです。
新型インフルエンザのため機内検疫が始まった頃でしたが、
セントレアでも特に変わったことはなく、無事入国。
家に帰り着きました。

初めての台湾。楽しかったです。
子供連れなので、故宮博物院、国立歴史博物館、中正紀念堂などの
いわゆる観光スポットには行きませんでした。
だって子供が博物館見たって、楽しくないもんね。
だけど九份や淡水などはお子様連れにもおすすめです。
台湾の人たちは本当に親切。
MRTも乗りやすいし、タクシーもすぐ拾えて安いし、
子供連れには旅行しやすい街だと思います。
そしてなにより、食べ物が美味しいしね。
また行ってみたいです。

おみやげの一部です。
c0147790_23434274.jpg

安っぽい玩具は、子供たちが夜市でしたゲームの景品。

ところでハイダウェイでのわたしたちのバトラー、ボカレイに
メールで「この間、台湾に行ってきたのよ。おいしい中華料理をたくさん食べました」と書いたら、
お返事に「**と**子(子供たちの名前)に中華料理を食べ過ぎないよう伝えて。あれは太るから」
ですって。
モルディブの人たちにはそういう認識なのかな。
確かに、モルディブにもアジアンレストランって増えてきたけど、
中華料理のレストランって、ないですよね。

台湾旅行記はこれで終わりです。
長らくおつきあいいただきありがとうございました。
# by powderblueY | 2009-05-31 23:45 | 2009 台北 | Comments(6)

台湾に行きたいわん10 --- からすみ

GWに行った台湾旅行記をつづけています。

台北3日目、最終日の朝です。
水着一式を持ってきていたので、この日は天気がよければホテルのプールで泳ぐことも考えていたのですが、
あいにく曇り空で、3日間のうちで一番寒い日。
ちょっとプールは無理でした。
天気がよければ昼間はとっても暑いので、5月初めのこの時期でも泳げます。

朝ご飯を食べながら、今日の計画を練ります。
午後2時20分のバスで空港へ行くので、今日はホテルからあまり離れたくありません。
お昼はホテル内の「金龍餐廳」というレストランで、飲茶を食べよう。
午前中は、ホテルから歩いていける忠烈祠というところがあって衛兵交代で有名なので、
それを見に行こう。

ところが主人が
「夕べのからすみ、美味しかったよね」
「そうだね」
「酒の肴にぴったり」
「おいしいよね」
「あれ、買えるところないの?」
(るるぶをめくりつつ)「え~と。ああ、問屋街があるって」
「衛兵交代より、からすみの方がいいな」
確かに、それはそうかも。
というわけで、忠烈祠はやめて、タクシーでからすみの問屋街に出かけます。
この時点で、現金の台湾ドルが乏しくなってきていたので、
カードが使える店をガイドブックで探しました。

タクシーで、ごみごみとした問屋街に入り込み、
海産物問屋や、竹製品(ざるや籠がたくさん)のお店など、興味深いお店がいっぱいある一角に行きました。
迪化街というあたりです。
ガイドブックに出ていた「李日勝」というお店に乗りつけてもらいました。
日本語をしゃべれるおばちゃんがいます。
冷蔵庫の中にからすみがいっぱい!
c0147790_22582584.jpg

大きいのや小さいのやいろいろありますが、やっぱり大きいものの方が味がいいとのこと。
密閉されているので、このまま冷蔵庫で1ヶ月、冷凍すると1年くらい保存可とのこと。
ふと、念のために「カード使えますよね?」と聞いたら、
「カード使えない」
えええ・・・
でも考えてみれば、問屋さんなんだもの、いつもにこにこ現金払いに決まってるわね。
現金をかき集めてやっと2000ドル(=6000円)。
これでからすみを3パック買いました。
c0147790_2322767.jpg


他に店頭にはホタテ貝柱(これ大好きなの!)とかスルメとか、ちょっとアメ横っぽい雰囲気がむんむん。
c0147790_22594231.jpg

c0147790_23028.jpg

c0147790_2314622.jpg

ああ、もっと現金があったなら・・・!!
それに、この黒い物体、よく見るとナマコなんです。
c0147790_2303913.jpg

ぎょええ、なんに使うの? 水で戻すと元の大きなナマコに戻るのかしら(恐怖)。
ああ、でも本当に、もっといろいろ買いたかったわ。
みなさんご注意を。問屋さんではカードは使えません。
たとえガイドブックに「カード可」と書いてあっても、使えません!

帰りのタクシーでは現金が足りるかどうか、ひやひやしながらメーターとにらめっこ。
でもぎりぎり足りてよかったわ。

さて、ホテルまで戻ったので、美しいお庭で写真を撮ります。
c0147790_2343148.jpg

c0147790_2345776.jpg

c0147790_2353832.jpg

c0147790_236292.jpg

真っ赤なロビーでも写真を。
c0147790_2363920.jpg

c0147790_2365272.jpg

c0147790_2373044.jpg

c0147790_2374493.jpg

c0147790_2394488.jpg

c0147790_2375882.jpg

そして荷物をまとめてチェックアウトしました。
# by powderblueY | 2009-05-30 23:11 | 2009 台北 | Comments(0)

台湾に行きたいわん9 --- 欣葉、夜市

GWに行った台湾旅行記をつづけています。

今晩のディナーを予約した「欣葉」は有名な台湾料理のお店です。
c0147790_2202052.jpg

日曜の夕方ということもあってか、ものすごく混み合っていて、
次から次へとお客さんが来ます。
写真入りのわかりやすいメニューを見ながら、料理を選びました。
c0147790_2205365.jpg

c0147790_221880.jpg

c0147790_2212363.jpg

魚翅佛跳牆(フカヒレ入り肉の煮込み)
花枝丸(イカ団子)
からすみ(薄くスライスしたものが大根の上にのっていました)
菜脯蛋(干し大根入り卵焼き)
空芯菜の炒め物
そしてもちろん紹興酒
c0147790_2214989.jpg

どれもこれも美味しくて、満足! もう満腹で動けない~。

でもね、ホテルに帰る前に、まだ行くところがあるんです。
それは夜市。
娘がすごく楽しみにしていて、本当は昨日行きたかったのに、自分が眠くなって行けなかったもんだから、
今日は朝から「今晩は起きてるから絶対夜市に連れて行ってね」としつこいくらい言っていたんです。
タクシーで向かいます。
士林夜市という台北で一番大きな夜市です。

MRTの劍潭駅の目の前に屋台の群れがひしめいています。
まずは美食広場という、体育館のような広大な建物の中の屋台村。
もうお腹はいっぱいなので、ちらっと見るだけでしたが、
有名な、テレビなどで紹介されているフライドチキン屋さん。
c0147790_225324.jpg

大人の手の平2つ合わせたくらいの大きさのフライドチキン、たったの50ドル(=150円)です。
かりっと香ばしく揚げてあって、おいしいらしく、長蛇の列です。
c0147790_2262092.jpg

c0147790_2263397.jpg

食べてみたかったけど、こんなに満腹では・・・
かき氷屋さんやジュース屋さん、麺、カキ入りオムレツ、ホットドッグなどなど
すごい熱気で、すごい人です。

でも子供たちはこちらに夢中。
c0147790_2282100.jpg

体育館の入り口にゲーム屋が並んでいます。
1回50ドルから100ドル。昔のお祭りを思い出しますね。
しかも点数が入ろうが入るまいが、必ず景品をくれます。
大喜びの子供たち。
それから歩行者天国になっている大東路にも屋台がひしめいています。
洋服やアクセサリーや靴、帽子、雑貨・・・
娘は目の色を変えて、髪をしばるゴムやカチューシャなど狂ったように選んでいました。
「これも・・・これも・・・これもかわいい! 全部かわいい! ああどうしよう・・・」
別にどうもしなくていいんだけどさ。
こういうチープな雑貨、はまりますよね。

ふと気がつくと、ぱらぱらと雨が降ってきました。
すると今まで道いっぱいに広がっていた屋台が、
見る見るうちに商品をしまい、ふたをし、上に布をかけて、
まるで早変わりで舞台の袖に引っ込むように、がらがらといなくなります。
すご~い。
あまりの早技に、今までそこに屋台があったことが信じられないほど。
う~ん、すばらしいです。

1日観光したあとで疲れていたし、お腹もいっぱいだったので、十分に堪能できなかったけど、
また今度、空腹で元気なときに夜市に行ってみたいです。

タクシーでホテルに帰りました。
ものすごい人混みですが、タクシーはちゃんと拾えます。
クーラーの効いた涼しいリビングでくつろぎ、
テラスから夜景を見て寝ました。
c0147790_2285416.jpg

c0147790_2292990.jpg

# by powderblueY | 2009-05-29 22:11 | 2009 台北 | Comments(0)

台湾に行きたいわん8 --- 九份茶坊

GWに行った台湾旅行記をつづけています。

九份茶坊に入った瞬間に、外の喧噪とは一線を画した静かで穏やかな空気に、はっとしました。
ああ、ここは静かにお茶を飲むところなのね。
c0147790_22525790.jpg

c0147790_2254209.jpg

c0147790_22561525.jpg

テラス席は残念ながら満席で、中の席になりましたが、
そばに火鉢があって鉄瓶の中にお湯がしゅんしゅんと沸いています。
もちろん炭火なのよ。
う~ん、いい雰囲気。
わたしたちが日本人とわかると、日本語のしゃべれるかわいい女の子が来て
説明をしてくれます。
お茶は4人なら1種類で十分。お湯を注ぎ足して何杯でも飲める。
お茶葉の値段の他に、お湯代(茶水費)というのが1人100ドルかかる。
今のお勧めだという梨山烏龍茶というのをもらいました。
ほかにお茶請けになる羊羹やチーズケーキ、カボチャの種などたのみました。

茶器のセットが来て、かわいい女の子が説明してくれます。
まずは茶壺(チャフー。急須)や茶海(チャハイ。茶の湯冷ましとして使う)や飲杯(インペイ。お茶を実際に飲む小さな湯呑み)を
お湯で温めておく。
茶葉は急須の4分の1くらいまで入れる。
お湯を急須一杯に注ぎ、一煎目は捨てる。茶葉の洗浄のため。
再びお湯を注ぎ、茶葉が開くまで10秒くらい待つ。
茶海にお茶を移します。最後のひとしずくまで一滴も残らないように。
急須のフタは開けておく。蒸れすぎると葉が開きすぎる。
茶海から飲杯へ注ぐ。
飲杯のお茶をいただく。
同じ茶葉で何回でも飲めます。
お茶を出す時間(急須にお湯を入れてから注ぐまで)は、葉の開き具合を見ながら、
初め2回は10秒くらい、以後は5秒ずつ長くしていく。
これで完璧。
c0147790_2256517.jpg

煎れてもらったお茶は、とっても美味しかったです。
なんだか心が落ち着いていくのを感じるわ。
お茶の香りを楽しむのもいい感じ。
いつもはがさがさしている子供たちも、このときはゆっくりお茶を飲んで、静かに楽しんでいました。
羊羹などのお茶請けも美味しかったです。
c0147790_22575823.jpg

何度も何度もお茶を煎れましたが、
色も香りも薄くならず、本当に何杯でも飲めるのね。
台湾のお茶、気に入りました。
茶葉を買って帰ろうね。

他の席も見て回りました。
c0147790_2258473.jpg

c0147790_22591775.jpg

どの席にも火鉢があって、鉄瓶にお湯が沸いています。

この九份茶坊は、奥に絵や陶器の作品が展示してあるギャラリーや、陶器の工房もあります。
展示してある茶器のセットを見ているうちに、すご~くほしくなっちゃいました。
こういうのは旅の一期一会だからね。
あとから「買っとけばよかった」って後悔しても始まらないし。
というわけで、ちょっとお値段は張ったのですが、茶器セット買っちゃいました。
c0147790_2303263.jpg

c0147790_2305888.jpg

c0147790_2314435.jpg

c0147790_231569.jpg

きれいに丁寧に梱包してくれて、もちろん機内持ち込みですが、無事持って帰れました。
あと茶葉を数種--高級茶とされる東方美人茶、杉林渓茶、やせるお茶(?)の普洱茶(プーアール)--買いました。
家で、日曜の午後など暇ができたときにみんなでお茶を楽しんでいます。

九份茶坊、なかなかよいところでした。
日本語をしゃべれる女の子がとても気のつくよい子で、
茶器ももちろん気に入ったんだけど、彼女がいろいろ説明してくれたから、買おうという気になったわ。
c0147790_2331857.jpg

この写真の左側の女の子なのですが、
職場というものは、一人こういう人がいるとずいぶん雰囲気が変わるものだなあと実感。
いわゆる「使える人」ですね。

さて九份茶坊を出て、基山街と呼ばれるアーケード街を歩きます。
ものすごい人混み。
左右にはお土産物屋や麺のお店、台湾独特の臭豆腐のお店などなど
たくさんのお店がひしめいています。
c0147790_2343056.jpg

c0147790_2344374.jpg

c0147790_234597.jpg

c0147790_2354773.jpg

臭豆腐って食べてみる勇気はなかったけど、道を歩いていて「なんだかくさいな・・・」と思うと
必ず臭豆腐の店があるんですよね(笑)。
沖縄に「豆腐窯」という名物があって、チーズのようなねっとりとした味わいで
泡盛のつまみにぴったりなんですけど、あれとはまた違うのかな? 違うんだよね?
c0147790_2361970.jpg


珍しかった光景。
c0147790_237816.jpg

このひらひら回っているものは、蝿よけなんです。
40年前の日本にはこういうのありましたよ〜。
それからこちらは筆の専門店。
c0147790_2381565.jpg


あまりの人混みにゆっくりお店を見ることもできず、舊道に出ました。
九份の魅力は九份茶坊で堪能したので、そろそろ帰りましょうか。
瑞芳駅まで行くつもりで、タクシーを拾いました。
運転手さんは感じのいい若いお兄ちゃんでした。
「瑞芳まで180ドル」ですが、念のため聞いてみると「台北まで1000ドル」。
でも帰りの切符も買っちゃったし、やっぱり瑞芳まで・・・だけど
クーラーの効いたタクシーの中にいるうちに、
「電車に乗っても立ち席だよねー。子供たちがぐずるだろうなあ」という話になり、
「やっぱりこのまま台北まで行ってください」ということになりました。
中国語、英語、日本語ごちゃまぜの会話ですが、不思議と通じます。
タクシーの中で切符を出して
「これ買わなければよかったね。無駄になっちゃったね。まあ750円くらいなんだけどさ」なんて話していたら、
運転手さんが「見せて」と言い、
「払い戻ししてきてあげましょう」と。
そして瑞芳駅に寄って、窓口で払い戻しをしてきてくれました。
すごく親切です。
そのままタクシーで一路、台北市内へ。
晩ご飯は「欣葉」という台湾料理の店を予約してあったので、
その店まで連れて行ってくれました。
広い道路の反対側でタクシーを降りることになったのですが、
何度も何度も「道を渡ったあそこのビルの2階。そこの横断歩道を渡るんだよ」と教えてくれ、
最後まで手を振って「あそこだよ。間違えないでね」と見送ってくれました。
台湾の人、すごく親切です。
# by powderblueY | 2009-05-28 23:10 | 2009 台北 | Comments(0)