食器洗い機 その2

先日、依頼した食器洗い機の修理のおじさんが来てくれました!

仕事の都合で、午後2時以降で、とお願いしてあったのですが、
その日の朝さっそく「2時以降にお伺いします」と連絡のお電話があり、
しかもぴったり2時に来ていただき、
対応としては満点でした。

さっそく食器洗い機を見てもらいます。
c0147790_1735128.jpg

二段式になっている上の段だけが作動しなくなっちゃったんですよね。
下の段はお鍋も洗えるということなのですが、ほとんど使ったことありません。

ビルトインなのですが、全体をごっそり引き出し
(後ろはすごいホコリ!)
給水や排水の配管をはずしてみると・・・

「ああ、これが原因ですね」

なんと、排水の管の中に、魚の骨がびっしり!!!
細かい骨が、まるで爪楊枝を束ねたみたいに管の中にびっしり詰まってました。

「お皿を入れる前に、汚れを落としてから入れてますか?」
と言われて、
いや、汚れを落としたらそれ以上食洗機で洗う必要ないじゃんか、と思いましたが、
「大きなゴミは落としてから入れてますけど」
と言いました。

食器洗い機にももちろん、ゴミをキャッチするところはついていて
c0147790_17414125.jpg

右下の四角い網の部分ですね。
洗うたびにここに、ご飯つぶだとかキャベツのきれはしだとかがたまってますが、
この網の目をくぐり抜けるような小さなゴミは、排水の方に流れて行っちゃうんだそうです。
うちは魚好きなので、魚料理の頻度が高いのですが、
細かい骨なんか流さずそのまま食洗機に入れていたので、
それがいけなかったみたい。

それから真ん中のモーター
c0147790_17451444.jpg

羽のような回る部分ですね、
ここも異音がしていたので、交換してもらいました。
この交換のためには、引き出し型になっている機械全体を引き出して上下逆にひっくり返すという
すごい荒技でした。
(ああ、写真撮っとけばよかったわ)

それから防水のためのパッキンもはがれていて、これも交換。

いかにも職人って感じのおじさん、3時間にわたって汗をかきかき頑張ってくれました。

そして完成!
すっごく調子がよくなりました!!

感謝感謝です。

保証期間は過ぎていたので有料ですが、
基本の修理費と出張費だけで、
交換したモーターやパッキンなどの部品代はいただきません、ということでした。
H社さん、なかなか良心的じゃないの。

ただ、あのフリーダイアルがつながらないのだけは、なんとかしていただきたいわ。

以後、きわめて調子よく使っていますが、
食器の汚れを落とすことに神経質になってしまって、
野菜くずや魚の骨はもちろんのこと、
肉の脂身やマヨネーズの塊が詰まることはないのかしら?とか思ってしまって、
あら、こんなにきれいに洗っちゃったら、もう食洗機に入れる必要ないわ
って、まるで小咄のような世界です。
# by powderblueY | 2008-08-09 17:54 | 日常 | Comments(2)

皿が峰登山

さて、夕べの深酒が嘘のような、すっきりさわやかな目覚めの日曜日。
みんなで皿ヶ峰という山に登ってみることにしました。

お皿を伏せたような形をしているので皿ヶ峰っていうんですけど、
そんなに標高は高くありません。1500mくらい? いい加減ですけど。
登山道が整備されています。
子供の頃、一度登ったことがあるんだけど、どんなふうだか忘れちゃったなあ。

うちの両親は山登りが大好きで、
定年退職後は毎年1回ずつ、スイスだのオーストリアだのカナダだのネパールだの
山登り・トレッキング旅行に出かけています。
普段も週に1回以上山に登っているので、運動不足のわたしたちよりはずっと健脚です。

登山口までは車で行くのですが、
いろは坂みたいな急カーブの連続で、しかも細い道なので
対向車が来るとバックして避けたりしなくちゃいけません。

なんかすごいところに来ちゃったなあ。

登山道を登り始めました。
c0147790_22405423.jpg

c0147790_22513482.jpg

山だからといっても全然涼しくないし、下界と同じ暑さです。
歩くとまた汗が噴き出してくるし。

少し登ると、あじさいの群生地に出ました。

c0147790_2242329.jpg

c0147790_22422070.jpg

今が満開って感じ。
都会ではあじさいはとっくの昔に花が終わっているので、
そう思うとやっぱり涼しいのかな??

それから「風穴」という所に出ました。
岩の隙間から涼しい風が吹き出しています。
外界との温度差に、冷気が霧になって吹き出しているところもあるくらい。
c0147790_22471268.jpg


山登りなんて初めての主人は
「ぼくもうここまででいいよ。ここで涼んでるから、みんな行っておいでよ」
なんて言っています。
(基本的にヘタレです)

だけど4歳の娘だって歩くのよ、あなたも来なさい、と無理やり連れて行きます。

そこからけっこう急な道になり、汗はだらだら、息は上がるし、
娘はしんどくってふにゃふにゃ言うし、
元気なのは息子だけ。
さすが身軽な8歳は、どんどん先に歩いていきます。

休憩を入れつつ1時間も歩いて、まだ先が長いのかしら?
なんだかもう嫌になってきちゃったよ〜。
c0147790_2252238.jpg

父が言うには、あと15分くらいで竜神平という草原に着くから、
そこでおしまいにしようかってことになりました。

娘は「もうしんどい〜」と半泣きなので、
「じゃあお母さんがおぶってあげるから」と
娘を背負って歩きます。

あと40年たったら、今度はあなたがお母さんを背負って、
モルディブに連れて行ってよ!!
姥捨て山に捨てに行かないでよ!!
いや、モルディブになら捨てられてもいいけどさ。

さあ、とうとう竜神平に着きました。
高原リゾートといった趣の、広い広い草原です。

c0147790_22565953.jpg

c0147790_22573654.jpg

c0147790_2258284.jpg

c0147790_22582584.jpg

c0147790_22584323.jpg

c0147790_22590100.jpg


さすがにここまで来ると、風もさわやかで涼しいです。
あ〜、気持ちいい。

主人も「ああ、来てよかった。でもここまでの道は修行のようだったけど」と言っています。
 
竜神平でのんびりしたあと、もう皿ヶ峰山頂まで登る気は全然なく、
そのまま下山しました。

下りは娘もがんばって歩き通し、
みんなから「がんばったねー」とほめられて
「だって行きも、あたしはちょっとしんどいって言っただけだったのに、
お母さんがおんぶするって言うからさあ」ですと!
悪かったわね〜。もう二度とおんぶしてやるもんですか。

登山口から山の中腹まで車で降りて、流しそうめんの店に寄ります。

c0147790_2355757.jpg

あそこの穴からそうめんが流れてくるの。
c0147790_2363114.jpg

子供たちも珍しいせいか、とても喜んで食べていました。
大人500円、小学生300円、園児200円と、激安です。

そうめんをお腹いっぱい食べたあとは家に帰ってお昼寝をしました。
山登りで疲れたもんね。

そして夜の飛行機で名古屋に帰ってきました。

海へ山へとよく遊びました。
ウコンの力と生ビールサーバーに出会えたことが、
今回の旅の大きな収穫でした。
# by powderblueY | 2008-08-07 23:10 | 国内旅行 | Comments(0)

遂に登場!生ビールサーバー

さて、夕方集まってきた妹一家にも
「これ効くよ〜。ささ、飲んで飲んで」とウコンの力を勧め、
まずは全員、左手を腰に当ててぐいっと飲み干しました。

さあ、これであとのことを心配せず、思う存分飲めるってものだわ。

c0147790_22303952.jpg

宴会の準備の進む台所。

すると玄関の戸が開いて「ちわ〜っ、みかわやで〜す」的ノリの酒屋さんが・・・。
うちの裏は酒屋さんなのですが、そこのおじさんです。
なんと生ビールサーバーを持ってきてくれたんです!

「町内でも有名な飲んべえの三姉妹が集合するってぇんだから
7リットル樽、用意したよ!」
って、こんなしゃきしゃきの江戸っ子なわけはありませんが、
サーバーにビール樽と炭酸ガスボンベをつなぎ、
まったりと松山弁で注ぎ方を教えてくれました。

c0147790_22174863.jpg

「ここの取っ手をな、手前に引くとビールが出るんよ。
先をジョッキの内側に当ててな、ジョッキは斜めにして。
7分目ぇくらいまで入れたら止めて、今度は取っ手を向こうに押すんよ。
ほしたら今度は泡が出るんよ」

どれどれ・・・

c0147790_22415590.jpg

きゃー、なんか思ったよりも簡単に生ビールが注げます。
ちなみにジョッキも人数分貸し出してくれました。

c0147790_2221421.jpg


飲んでみると・・・う、うまい!
クリーミーな泡がたまりません!!

「うまいっ! おかわり!」

おかわりも自分で注ぎに行くのよ。

というわけで、大宴会が始まり、
お刺身、タラバガニ、ズワイの冷しゃぶ、焼き肉、だだ茶豆などなど
わたしってギャル曽根だったっけ?という勢いで食べまくり、
生ビールの7リットル樽は1時間ほどですっからかんに・・・

「やっぱり!! 7リットルじゃ足りんと思った」
「おかわり買いに行く〜?」
「おじさんに配達たのみなよ」
「やだよ、恥ずかしい」
やいのやいの・・・単なる酔っぱらいです。

そんなわけで夜は更けてゆき、最後の方は記憶なく、倒れて寝ました。

そして翌朝、
目覚めスッキリ!
ウコンのおかげ!!!
# by powderblueY | 2008-08-06 22:34 | 国内旅行 | Comments(0)

五色姫海水浴場

さて、愛媛県伊予市にある「五色姫海水浴場」というところに泳ぎに行くことにしました。
うちの実家からは車で1時間くらいです。

昔、小学校の頃、伊予市には住んでいましたので、何となく市内の地理はわかります。
古い市営プールがあって、よく泳ぎに行ったものですが、どうなっているのかしらん。

駐車場に着くと、係のおじさんたちが丁寧に誘導してくれます。
だけど、駐車場はタダです!
東京に住んでいる妹も「うっそー、信じられない!」と叫んでいます。

海水浴場も当然、入場無料。
c0147790_23184672.jpg

こんなきれいな白砂の海水浴場になっています。
わたしが子供の頃は、ここは護岸工事のされた海岸だったんです。
それを伊予市が数年前に砂を入れて、ビーチにしたそうです。
だから市営の海水浴場なんですね。

納涼席もあり、1時間600円(最大3000円止まり)です。
c0147790_23221429.jpg

ほかにも浮き輪やゴザ、パラソル、チェアなども貸し出しありです。

屋内に更衣室とシャワー室、ロッカー、トイレもあり、
屋外にもシャワーがあります。
c0147790_2323848.jpg


わたしたちは納涼席を借りました。
さっそく泳いでみましたが、海だからやっぱり水が冷たいわ〜。
水はもちろん、沖縄やモルディブのようなきれいな海ではありません。
(それは期待しすぎってもの)

こんな田舎の小さな海水浴場で、ファミリー客がほとんどのですが、
中にはビキニのギャルもいて、ちょっとびっくり。

お昼には、お店にたこ焼きやおでん、麺類、カレーなども安く売ってます。
生ビールもあります。
のんびりした時間。
満腹になったら、納涼席でお昼寝。
ああ極楽極楽・・・
c0147790_2338297.jpg


午後からは潮がぐっと引いて、子供でも足が届く深さとなり、
ビーチボールで遊びます。

夕方まで遊んで、シャワーを浴び、着替えて
最後にお店で「あめゆ」を飲みます。

これって愛媛県地方独特の飲み物なんでしょうか?
名古屋生まれの主人は、知らないって言うんですよ。
昔、海水浴で体が冷えたあとは、必ずあめゆでした。
甘くて、ちょっとショウガの香りがして、おいしいんですよ。
体が温まるの。
c0147790_2337978.jpg


帰りにふと見ると、昔通った市営プールがありました。
c0147790_23401747.jpg

なつかし〜。ウン十年前と全然変わっていません。

さあ、夜の大宴会に備えて、「ウコンの力」大量に買い占め、
家に帰ります。
# by powderblueY | 2008-08-05 23:43 | 国内旅行 | Comments(0)

無事帰ってきました

昨日の夜遅く、「松山・飲み放題!食べ放題!紫外線浴び放題!体に悪いよツアー」から無事生還しました。

年に2回だけの帰省、みんなが集まって楽しかったけど、疲れました・・・。

でも今回初めてのいろいろ楽しい体験をしたので、
しばらくおつきあいくださいね。

c0147790_1519336.jpg

まずは金曜日の夕方の便で、松山へ。
名古屋からはJAL(J-air)が小牧から松山へ、
ANAがセントレアから松山へ、それぞれ1日2〜3便飛ばしています。
小牧空港の方が名古屋市内からは断然近くて便利なので(おまけに駐車場タダ)、
いつもJALを利用しています。

その夜も、東京から帰ってきた妹も合流し、さっそく飲み会だったのですが、
妹が「これ、二日酔い防止に効くんだよ。だまされたと思って飲んでみなよ」と言って
出してきたのが、これです。

c0147790_15232611.jpg


ウコンって肝臓にいいっていうのは聞いてたけど。
二日酔い防止?
本当に効くのかなあ・・・と思いつつ、飲み会参加者全員、1本ずつ飲みました。

苦くはなくて、飲みやすい味です。
ふつうのドリンク剤って感じ。

そしていつものように、どんちゃんどんちゃん、夜中まで騒いで飲み続けたのでした。

翌日の朝、すっきりした目覚め。

いつもならどんよりした頭痛と胃の重い感じで目覚めるのですが(だからそんなに飲むなよって)
驚いたことに、全然お酒が残っていません。
さわやかな目覚めです。

ウコン、すご〜〜い!!

わたしたちの業界(?)では、効き目を表す言葉に
CR=Complete Response すっごくよく効いた
PR=Partial Response まあまあ効いた
NC=No Change 変わらんわね
PD=Progressive Disease 前より悪なったわね
という分類があるのですが、
ウコンはぴっかぴかの折り紙付きの「CR」です。

みなさんにもお勧めしたい・・・

どうぞ、「今日は飲むぞ」っていう日は、
だまされたと思って飲んでみてください。
けっして回し者ではありません。
お酒を飲み始める前に飲むのがポイントです。

というわけで、さわやかに目覚め、
お天気もいいので、泳ぎに行こうということになりました。

つづきます。
# by powderblueY | 2008-08-04 15:35 | 国内旅行 | Comments(2)